セクシュアリティってなんだろう

どうでもいいことだが、加藤秀一の『性現象論―差異とセクシュアリティの社会学』という本の第3刷では奥付の発行年が「1996年1月20日 第1版第1刷発行」になっている。正しくは1998年らしい。ついでに書くと、p. 121で大澤真幸を引用しているが、 大澤[1990]という本は巻末の文献リストにない。第3版まで売れてるのにこういうのが直ってないというのは、ほんとうに皆ちゃんと読んでるんだろうか。(加藤さんのホームページ見たら、奥付についてはちゃんと訂正していた)

どうでもいいのだが、「ジェンダー」だけでなく、「セクシュアリティ」を定義するってのはなかなか難しそうだ。

おもしろいのは上野千鶴子で、『差異の政治学』の最初の方で延々「セクシュアリティ」の定義について考えているのだが、有斐閣版の『新社会学辞典』の「セクシュアリティ」とは「男女の別のあることから生じるさまざまな現象、異性に対する行動、傾向、心理、性的魅力など、性的なことを意味する」という定義をとりあげて、この記述は結局「セクシャリティ」を「性的なもの」と言いかえているだけで、たんなる同語反復にすぎないとする。これは「性現象」として定義するのと同様に、「内包のない、空疎な概念である」と一蹴してしまう。上野は定義ってものをどう考えてるんだろうか?「定義」の一つの意味では、そりゃ定義が同語反復になってしまうのはしょうがない。内容豊かな「定義」をしてしまえば、その内容に合わないものは被定義語が示す概念に含まれないことになってしまう。たとえば「セクシュアリティ」を「文化によって規定された性欲」とか内容豊かに定義してしまうと、文化によって規定されない性欲はセクシャリティに含まれなくなってしまって困ってしまうだろう。同じことが「ジェンダー」についても起こっていて、非常に困ったことになっているのはよく知られている。まあだいたい、なんにしても「定義」についてごちゃごちゃやるのは筋が悪いと思っている。(必要な場合も多いが、過剰な「定義」は有害であることも多い。)

上野は一方で、カルデローンとカーケンダールの「セックスは両脚のあいだに、セクシュアリティは両耳のあいだにある」って文章をひきあいにだして、「次のように簡潔に定義されている」とか言ってしまう。おいおい、大丈夫なのか。いったいこれのどこが定義なんだ。単に特徴のひとつをあげているだけで定義になってない。両耳のあいだには目も脳味噌もあるぞ。「定義」っていったいなんなんだ。

話はそれるが、上野は、

「古代のセクシュアリティ」や「中世のセクシュアリティ」というものは、存在しない。なぜなら、その時代には、「セクシュアリティ」というもの自体が存在しないからである。(p.32)

とかって言ってしまうのだが、これってどうなんだろう。「セクシュアリティ」という概念を当時の人が持ってなかったからセクシュアリティもなかった、と言いたいんだろうか。「感染症」という概念をもっていなかった時代には感染症はないんだろうか。そもそも上野が言う意味での「セクシュアリティ」なんて、フーコーがこの言葉を使うまで存在してなかったんだから、「フーコーの本が出るまでセクシュアリティは存在していなかった」と言う方がいいんじゃないか、とか。

赤川学も『セクシュアリティの歴史社会学』で同じような議論をして困っている。まあ「セクシュアリティの歴史学」とかやるんだったら、通時的に「セクシュアリティ」と呼ばれるものがあると言えないと困るわけだもんな。上野の顏を立てながらそういうことをするのは難しいだろうから、赤川の困り方は理解できる。

上の加藤は「他者との身体接触にかかわる快楽や欲望を軸として、社会的に編成された一群の観念や行動様式」をセクシュアリティとしている(p.35)。まあそれでよいのだと思う。

でも

「われわれのセクシュアリティは、自己と他者のジェンダーの組み合わせによって、正常な関係と逸脱した関係を区別している。前者が異性愛、後者が同性愛と名づけられているわけだが、いま問題にしているのは・・・そもそもセクシュアリティがこの二種類に分類されるということそれ自体、すなわちセクシュアリティがたちまち自己と相手のジェンダーの組み合わせという「性的志向」の問題に還元されてしまうことなのだ。」と言う。それで、セクシュアリティが「根底からジェンダーを媒介として構造化されているということ・・・これこそが、われわれの常識的なセクシュアリティ、すなわち〈性〉の特徴のひとつだと言えるだろう」

と言うのだが、なんだか勝手な仕方で「セクシュアリティ」と性的志向を結びつけてしまっているように見える。同性愛ってのはそんなに特殊なことなのかな。常識的なレベルでも、性とかってのがほとんど異性に向うものだってのはうそくさい。

どうも日本の社会学者は、いきなり「セクシュアリティ」を直接に「定義」しようとして困っているようだ。これはなんだか奇妙だ。sexualityはsexualから派生した語なんだから、「セクシュアリティ」を定義する前に、まず「セクシュアル」なり「性的」なりをぼんやり示すなり規定するなりが本道だろう。もちろん、最初は現代のわれわれが抱いている「性的」の観念の例示なり分析なりでよい。「性的欲望」「性的快楽」での「性的」という形容詞がどういう意味をもって、性的欲望や性的快楽を他の欲望や快楽と区別するものを指ししめせばよい。で、その共通する特徴や性質をセクシュアリティと呼びますよ、と定義なり宣言なりすればよいのではないのだろうか。特に「セクシャルハラスメント」の「セクシャル」がなにを意味するのかとかってのは実践的にもけっこう意味があるような気がする。もちろん、「性的~」という語にすべて共通するはっきりした「性的」の意味があるとは言えないかもしれないが、まあとりあえずは「なにが「性的」かってことは、とりあえずみんな知ってるでしょ」ぐらいではじめてもかまわんのではないかという気もする。まあ社会学者ってのは、実証的であろうとすれば、「セクシャリティ」とかを操作的に定義しておく必要はある。でも哲学的に概念を分析したいのであれば、最初はぼんやりしていてもかまわんだろう。日本の社会学者の一番よくない点の一つは、実証社会学したいのか、あるいは哲学的な概念分析をしたいのか自分たちでよくわかっていない点だ 1)日本の「社会学者」の多くは私の観点では実証社会学ではなく思弁的哲学をしている。加藤はその優秀な例 。

加藤が「セクシュアリティ」からすぐに性的志向の話をしてしまったのがまずいと思うのは、フーコーの議論にひっぱられたからか、この「セクシュアル」「性的」についてちゃんと考えていないように見えるからだ。

ホモセクシュアルだろうがヘテロセクシュアルだろうが(そういう分け方が妥当かどうかは疑わしいが)、ふつうははっきりと他の欲望と区別されたものとしての「性的欲望」にあたる観念をもっていて、そういう「性的」なものは他とはっきり区別されたものとして経験されている。誰も食欲と性欲を混同することはない。また、「性的」快楽を痒いところを掻く快楽と混同するひともいない。それらははっきり「性的」なものとして経験される。一方、女性の身体に対する欲望と、男性の身体に対する欲望があまりにも似ていて困っているひとはけっこういるだろうし、猫の身体に対する愛着が男性の身体に対する愛着に似ていると感じるひともいるかもしれない。でもこういう意味ではなにが「性的」かってことはかなりはっきりしているんで、それをとっかかりにすればよい 2)「性的快楽」を「性的欲望」への言及なしで分析するのはおそらく無理だろうと思う。つまり、「セクシュアリティ」については「性的な欲望」が基本概念だろうが、まあ詳しい分析はまた後で

もちろんこうなってくると、いろんなボーダーラインケースがでてきて「性的」と呼ばれるものが主観的でぼやけたものになってしまうわけで、パラダイムケースというかそういうとその周辺の事象がごちゃごちゃしてくるわけだが、まあそれはわれわれが関心をもっているものがそういうものだからある程度しょうがない。

(これがネーゲルが『コウモリであるとはどのようなことか』にはいってる「性的倒錯」という論文でやろうとしたことなんだと思う。)

日本ではほとんど紹介されてないが、英米で「セックスの哲学者」として有名なAlan SobleやRobert Solomon、 Alan Goldmanとかはそういう方針をとってる。どうも国内に入ってくる情報というか議論は一部の社会学者の好みにかたよりすぎていると思う。フーコーの影響もでかすぎるんじゃないかな。そんなに崇めたてまつる必要はない。

加藤が「セクシュアリティ」の定義で「欲望や快楽を軸として」と曖昧に書いたのは、実はそういう事情がぼんやりとわかっているんだと思う。このふたつ、つまり「性的」欲望と「性的」快楽は「性的」という形容詞が用いられる一番重要なケース 3)性的遊戯や性的虐待は性的欲望や性的快楽にもとづいて定義されることになる で、その意味で「性的」の意味を決定するような事例なわけだ。先に「セクシュアリティ」を定義してしまうのがまちがっていたのだと思う。まず、性的欲望とはどんなものか、性的快楽とはどんなものか、何が「セクシュアル」「性的」かを分析しよう。そうすれば、「セクシュアリティ」とかっていう変な言葉にまどわされることもなくなるはずだ。

(おそらくこの項つづく。痴漢の話とかしてみたい。)

References[ + ]

1. 日本の「社会学者」の多くは私の観点では実証社会学ではなく思弁的哲学をしている。加藤はその優秀な例
2. 「性的快楽」を「性的欲望」への言及なしで分析するのはおそらく無理だろうと思う。つまり、「セクシュアリティ」については「性的な欲望」が基本概念だろうが、まあ詳しい分析はまた後で
3. 性的遊戯や性的虐待は性的欲望や性的快楽にもとづいて定義されることになる

マーサ・ヌスバウム、ジュディス・バトラーを批判する

それでは、バトラーはいったい誰に向って語っているのだろうか。彼女は若いフェミニスト理論家たちにむかって話しているように見えるかもしれない—そのフェミニスト理論家たちというのは、アルチュセールやフロイトやクリプキが本当はなにを言ったのかをちゃんと気にかける哲学の学生でもなければ、問題の本性について情報を必要としており、また自分の価値についてはっきりとしたことを知りたいアウトサイダーたちでもない。ここからすると、読者たちは驚くほど御しやすいと想像されているのだ。バトラーのテキストの預言者的な声にお追従をし、高度な概念の抽象性の緑青に目をくらまされて、想像上の読者たちは質問もせず、議論を要求もせず、言葉の定義も要求しないのである。(Martha Nussbaum, “The Professor of Parody”, The New Republic, Feb 22, 1999. Vol 220 Iss. 8.)

バトラーに関しては、私も同意見だな。そういやドゥルシラ・コーネルという人もいた。彼女も非常に曖昧でカントとラカンだのといった有名人を使ってほとんど意味を把握できないようなことを言っていると思う。日本でバトラーやコーネルをもちあげている人びとは、いったいどういう理解をしているのだろうか。多くの場合、そういう人びとは政治哲学や法哲学や文学の専門家で、バトラーやコーネルを「哲学者」と見ているような気がする。正統の哲学の人びとは彼女たちを哲学者とは認めないだろう。

そういや私はマッキンノンも曖昧で嫌いなのだが、ヌスバウムはそれなりに評価しているようだ。まあマッキノンはバトラーのように有名人たちの名前だけ借りてくるようなことはないからな。マッキノンの議論の迫力と実効性は認めざるを得ない。

『男と女の倫理学』

前に「なんかいろんな意味でひどい本だな。」と書いたまま放っておいたが、それじゃあまりにも一方的なので、どう「ひどい」と思ったかぐらいは書いておかねばなるまい。

たとえば山口意友による第9章「「男女平等」という神話」をとりあげてみる。この論文は論拠のはっきりしない「ジェンダーフリー」という思想批判しているのだが、どこのだれが山口自身が批判するような「ジェンダーフリー」を提唱しているかまったくわからない。出典がまったくないのである。

かろうじて男女共同参画基本法をとりあげて批判しているのだが、第四条をとりあげて、

確かに、生まれつきの性は、生物学的にどうしようもない男女差であるが、それ以後の後天的なものは男女ともに中立的でなければならないとするのが同法の主旨であり、これは「男女は同じである」という平等観に基づくものである。(p. 191)

そして、

つまり、あらゆる分野において男女共同参画の基本理念が示す「中立性」を国策として推進せねばならないとされるのである。こうした点から、従来の男女間の性別役割分担や、男らしさ、女らしさといった文化的な性差をなくしてしまえというジェンダーフリー運動が公共機関を通して堂々と行なわれるようになったのである。(p.191)

しかし、実際の第四条は

・・・社会における制度又は慣行が、性別による固定的な性役割分担を反映して、男女の社会における活動の選択に対して中立でない影響を及ぼすことにより、男女共同社会の形成を阻害する要因となるおそれがあることにかんがみ、社会における制度又は慣行が男女の社会における活動の選択に対して及ぼす影響をできる限り中立なものとするように配慮されなければならない

であるわけで、どこにも「後天的なものは男女ともに中立でなければならない」とか「男らしさ女らしさをなくせ」なんてことは書いていない。たんに、「男女の選択の幅は同じ程度に保証できるような制度や慣行にしましょう」と言っているだけだろう。(まあもちろん法の「裏」の意味はわからんわけだが)

おおげさにプラトンだのアリストテレスだのをもちだして、「平等」には「無差別な平等」と「比例的な平等」の二種類があるとか簡単に議論したあとで、

周知のように、フェミニズムは「男女は同じ(イコール)である」という無差別的平等観に則り、両者の文化的差異、すなわち「質的差異」を取り払うべく、ジェンダーフリーを主張するに至る。(p.195)

いったいどこの誰が言っているのかわからないことを「周知のように」ではじめるというのはどういうことだろうか。そういうことを言っているフェミニストもいるのかもしれないが、とにかく出典ぐらい明らかにしてくれないと山口の主張の妥当性が判断できない。学生に「出典をはっきりさせなさい」と教えていないのだろうか。そして

あえて男女間の質的差異に対しても「平等」を適応(ママ)させようとするのであれば、無差別な平等だけでなく、それぞれの性に応じたあり方があってもおかしくない。「男には男らしい言葉遣い、女には女らしい言葉遣い」を要求することが質的な差異を意味するにしても、それは決して不平等を意味するものではなく、それは「質」における比例的平等というべきものである。」

(「適応」は「適用」の誤植か?)

いったいこれがプラトンやアリストテレスとどう関係があるのかさっぱりわからない。たしかに「その人に応じたものを」が平等(の一つの意味)や正義(の一つの意味)のポイントだとしても、「男は男らしく」がそれとどう関係しているのか。

「男は男らしく」の前の方の「男」は生物学的な性差を指しているのだろう。後ろの「男らしい」は名古屋の先生の呼び方では「分厚いthick」二次評価語で、「はっきりしている、勇気がある、人前で泣かないetc」という記述的内容を豊富に含んでいる。問題は、なぜ性別が男性であればそういう分厚い意味で「男らしく」なければならないのか、そうあることが望ましいのか、というところにある。そうでなければ「男は男らしく」はほとんど同語反復で無意味な主張になってしまう。

と、書いて読みなおしたら、「男は男らしく」ではなく、「男には男らしい言葉遣い」だった。(はずかしい。やっぱり私は人様を批判する資格などない) しかしなぜ「言葉遣い」なのだろう。それがフェミニズムとどういう関係があるのだろうか。それがあまりにもわからないから誤読したのだろう(と自分を慰める・・・)

まあそれでも主旨はかわらん。なぜ性別男は「男らしい言葉遣い」(だぜ!)をすることが望ましいのか?

プラトンの平等だのアリストテレスの正義だのってのはあまりにも形式的すぎて、実質的内容がないから、こういう文脈ではほとんど役に立たないのだ。

私自身はフェミニストではないし、多くのフェミニストはやっぱりまちがっていると思うわけだけど、ちゃんと批判対象を明白にしないでフェミニスト叩きをしてもしょうがないだろうに。

山形浩生訳 自由は進化する 誤訳さがし

f

p.228 「生物には両方の装置が備えられていて」

←An organism can have both sorts of machines

「両方の装置が備えられている生物もいて」。なにも選択できない生物もいるわけだし。

p.228「原始的な実践理性機能」

←practical reasoningをこう訳すのは抵抗があるなあ。

「実践的推論」だけど、まあ読みやすさのためにしょうがないのか。

p.229 「かれらには難を逃れる機会はたっぷりあったのだが」

← They had plenty of bare opportunities

bare opportunityはキーワードだからちゃんと「空機会」と訳さないと。

p.230の1行め「鳥」の種が訳し忘れ。

p.230 「かれらはこのような疑問を自問できないため」

← they cannot actually ask themselves these questions 「実際には」訳しわすれ。

p.238の最後の行、「(たとえば、重力とは違って)」訳し落し。

p.240 「あるいは一般用語で人々と呼んでもいい。」

←Or we could use the vernacular and call them persons (イタ).

「人々」じゃpeopleかと思ってしまうから「人格」なり「パーソン」なりとしたいところ。イタリックになってるし、まあpersonってのは向うの人には色々思い入れのある言葉なんだろう。

ところでGibbardはやっぱりギバードが正しいという話あり。なんでギボードだと思いこんでいるんだろう。

解説まちがいさがし

p.232の著者自身のまとめ「人間の文化は奇跡ではないし、遺伝子が自分の

適応力を増すために提供した追加ツールでもない」を読んで、やっと

山形さんが「自由はシミュレーションのツール」っていう一行まとめで言いたかったことがほんのりつかめたような気がする。しかしそれなら「シミュレーションの」は

不要。むしろ、「自由は決定論的世界での適応のためのツール」の方がまとめとしてよかろう。

ちなみに原文は Human culture is neither a miracle nor a straightfoward addition to the tool kit provided to us by our genes to enhandce their own fitness.

straightforwardが訳し落されている。けっこう重要。だっていちおう遺伝子によって(まわりまわって)与えられているツールなんだろうから。

解説まちがいさがし

メモだけ。「自由とはシミュレーションのツールである」って一行まとめ、意味がよくわからん。特に「ツール」ってときにどういうことを言ってるのか私の頭では理解できない。私が一行でまとめるなら、「われわれは決定論的な世界で自由に選択できるように進化してきた」かな。

p.450~451のラプラスの悪魔についての議論への感想もよく意味がわからない。まあ単なる印象なのだろうが、哲学とかってものはおそらく印象でものを言う分野ではない。

山形浩生訳 自由は進化する 誤訳さがし

第3章の後半はよく訳せていると思う。

p.132「すべての傾向は永続的である—性質は一般的には変えられない—人は未来の方向性や運命や性質を変えることはありえない」

← All trends are permanent, character is by and large immutable, and it is unlikely that one will change one’s ways, one’s fortunes, or one’s basic nature in the future

trendsは「流れ」、characterは「性格」だろう。basic natureの方は「基本的性質」訳し落し。

「人生の希望とかれが呼ぶものを、決定論がなぜか潰してしまう」

← determinism would somehow squelch ….

「なぜか」じゃないだろう。「決定論というものはともかく潰してしまう」

p.134 「一部の決定論的世界では、時とともに性質が変わるのだ」

←In some deterministic worlds, there are things whose natures change over time..

ここよりちょっと前ではa thingを「個体」を訳していたから、

「時とともに性質が変る個体もあるのだ」

p.201「若手指揮者の作戦」

← for respect訳し忘れ

p.216 「だから種には多数の遺伝子が必要だ」

← Thus a species must have many chromosomes

遺伝子じゃなくて染色体。これはなんで遺伝子が多数の染色体に乗ってるのかってのを説明している文脈なので、かなり顏が赤くなるタイプのまちがいだと思う。(生物学の理解がうたがわれる)

山形浩生訳 自由は進化する 誤訳さがし(3)

p.389

「自分を合理的行為者ととらえるのは、自分の理性が現実的な応用をもつ、つまり同じことだが自分の意志があると想定することだ。」

← … is to assume that one’s reason has a practical application

山形さんはなんでも「現実的」と訳す傾向があるようだが、practicalはやっぱり実践的だろう。でないとこの章の最後の方で出てくるカントの議論もよくわからんし。「意思決定・行為にかわわる」という意味。

「それは、自分が合理的行為者だという考えの形をとるのである。」

←意味不明だ。It constitutes, as it were, the form of the thought of onself as rational agent.「自由という観念が、いわば、自分が合理的行為者だという思考の形式を構成しているのである。」うーん、これも意味不明だな。難しい。

p.393

「というのも本物のお札と完全な偽札との差はどうしようもない歴史的な事実だからだ」

←since the difference between a genuine dollar and a perfect counterfeit is an inert historical fact.ちょっと訳しにくいが、意味をとれば、「というのも本物のお札と完全な偽札との差は(誰が作ったかとかといった)たんなる歴史的事実だけで、それはじっさいには無力だからだ」ぐらいか。訳しすぎかもしれない。

p.394 「二次的欲望」

←「フランクファート」の話。これでは原語がsecond-order desireであることがわからんと思う。しかし「二階の欲望」でもわからんのは同じか。やっぱりこの本はどうも素人向きではない。

p.395 「同一性というのは、キラキラしたデカルト的自己の問題ではないし、非物質な魂が一部のミームは受けいれて他は排除、というような話でもないはずだ。」

← Identification cannot be a matter of a pearly Cartesian ego or immaterical soul accepting some mems and rejecting others.このidentificationは、カソリックの教義をidentifyするって話なんだから(”one wholeheartedly indentifies with his religion and other doesn’t)、同一性identityとはちょっと違う「同一化」とか「一体化」「受けいれ」とか訳さないとならんと思う。うしろは不定冠詞aがegoとsoulの両方にかかってるから同一のもの。perlyは色や輝きに意味があるんじゃなくて、真珠が真珠貝のなかの核としてあるとかそういうイメージ。だから、「こういう同一化の問題は、一部のミームは受けいれて他は排除するような真珠様のデカルト的エゴあるいは非物質的魂なんかの問題ではないはずだ。」「こういう同一化の問題は、(自己のなかにさらに)真珠のようなデカルト的エゴやら非物質的魂なんかがあって、それが一部のミームは受けいれて他は排除しているといった問題ではないはずだ。」あら、私ほんとに翻訳ヘタだ。

「でもそんな構造を内部の行為者として「肩入れ」したりできるものと考えるためには、脳内で渦巻く競争の中で、ボス役か、せめて交通警察官や判事の役割くらいは果たせるような独立の「考える存在」というデカルト的な謎が必要になるんじゃないだろうか。

← But how can we identify some such structure as an agent within, capable of “taking sides,” without lapsing back into Cartesian mysteries about an independent res cogintans that plays the role of Booss, or at least traffic cop and judge, in the swirling competition within the brain?

難あり。こら訳すのたいへんだなあ。

「しかしどうすればそんな構造を、内部の「肩入れ」できるひとりの行為者とみなせるんだろうか。そんなことすれば、独立した「考える存在」があって、それが脳内で渦巻く競争の中で、ボス役か、せめて交通警察官や判事の役割くらいを果たしているといったデカルトのおとぎ噺に転落することにんあるんじゃないだろうか。」

p.397 「ケインたちは責任がとれる場所を探すという点ではただしかった」

←Kane and others are right to look for a place where the buck stops「ケインたちは、最終的な責任が帰せられる場所を探すという点ではただしかった」

p. 421 「心理の発見に必要な」→「真理の発見に必要な」

自由は進化する 誤訳さがし(2)

p.359

「合理性をつかまえて自分自身のものにする」

←How we captured Reasons and Made them Our Own

このReasonsは「理由」の方だろう。理性の意味で複数形になっているのは見たことがない。「いかにして人間は理由をつかまえ自分のものにしたのか」

p.362

「こうした傾向には、人間としての合理性ではない合理性があるけれど、これらは理由を求め与えるという人間の慣行の基盤となった」

←These dispositions have rationales that are not our tationales,

rationalesは「根拠」だろう。ratinaleは合理性という意味で使われるのは見たことがない。この章全体でrationaleを「合理性」と訳しているようだ。

ここらへんの議論はたしかに哲学的に難しいんだけど、いったいなんでこんな誤訳しているんだろう?

山形浩生はほんとうにこの本を理解して訳しているんだろうか。

p.370 「わたしは実質的に、みんなが共通に認識できるような利点を実現すべく規範を設計しなおす、心理エンジニアの立場をとっている。」

←In effect I took the standpoint of a psychic engineer charged with designing our norms for an advantage we recognize together.

なんで「設計しなおす」なんだろうか。「設計する」では?

p. 370

「省察的均衡」←reflective equilibrium。ロールズのやつなんだからふつうは「反省的均衡」では。まあいいけど。『正義論』目を通してないのかな。

p.373

「人は自分の不完全な合理性を発見し、自分が意識的に了承した理由づけ以外のもので理性空間のなかを動かされてしまいがちな傾向を見いだすと」

←When we discover our imperfect rationality, our susceptibility to being moved in the space of reasons by something other than consciously appreciated reasons,

「理性空間」ってのはなんだろう。どうも山形さんは「理由」と「理性」をおなじものととらえる傾向があるようだ。それでもいいのかなあ? わたしには判断できん。

しかしまあ一部にしてもずっと読んでみると、翻訳としては精度が高い。少なくともふつうの大学教員が訳しているよりこなれている。もちろん私が訳しているよりも。

p. 375

「あなたが自由なら、自由であることはあなたの責任なの、それとも単に運がいいの?」

← If you are free, are you responsible for being free, or just lucky?

うーん、この訳でもいいんだけど、このresponsibleを「責任」と訳すのは強すぎじゃないかな。微妙か。

p.386

「ひとは「どんな規範の下でも怒りからは逃れられない」けれど、一部の文化では罪悪感が何の役割も果たしていないようだ」

←罪悪感「は」でないと文意が通じない。「どういう状態で起こるかってのはとりあえず文化によって違うけど、どの文化でも怒るっていう感情はある。だけど、罪悪感って感情は文化によっては存在しない。」ていう意味。ここらへん、山形さんは根本的に理解していないことをうかがわせる誤訳(?)

同じp.386

「自由意志という前提さえなくなれば、道徳的責任とか非難とか、罰とかいう発想も破棄できて、その後は末永く幸せに暮しましたとさ」

←moral responsibility, blame and retribution

罰ではなく「復讐」あるいは応報と読まないと。「もっと」幸せに~

同じページ

「この問題は、一部は現実的なものだ。」

←the question is pragmatic。うーん、やっぱりプラグマティックと訳さないとわからんのではないか。「実用的」か。

「罪と怒りはうまく組みあわさる。」

←Guilt and anger mesh together well. 「罪」じゃなくて「罪悪感」。さっきはguiltをそう訳したし。

ここらへんギボードの議論を知らないと何言ってるのかわからないのかもしれない。

「罪は怒りを抑え、罪の脅しは怒りを引き起こすような行動回避をうながす」

←guilt placates anger, adn the tthreat of guilt averts acts that would evoke anger. 「罪悪感は怒りをなだめ、罪悪感を感じるのではないかという恐れは、怒りを引きおこしてしまうような行動を回避させる」。悪いことしたやつが「しょぼーん私が悪うございました」としてれば怒りもおさまるってこと。怒られるかもしれないと思えばそれをしないってこと。だいじょうぶか。

「すさまじい社会の組み直しによって」

← with heroic re-engineering of society. やっぱり「英雄的」でしょう。

「怒りや罪にはそれなりの合理性がある。」

←Anger and guilt have their rationales.

うーん、こういうのを読むと、たしかにrationalesを「合理性」と訳したくなる気持ちもわかるな。

でも「怒りや罪悪感にはそれぞれちゃんとした存在理由がある」ぐらいじゃないかなあ。

p.387

「自然状態に逆らうのではなく、それを援用するような条件を文化的に仕込んでおくだろう」

←「援用」では意味わからんが、a culturally inculcated setting that harnesses nature instead of fighting it.

「自然と争うよりは、それにゆるいたずなをつけるような」ぐらいか。

「利己的な目的と一般的な愛他精神や道徳の誘因」

←comptetion between egoistic goals and the tug of general benevolance, or morality.

「いいかえれば」のorじゃないかな。

ゆっくり読んだらデネットの議論はなかなかおもしろい。っていうかギボードをちゃんと読む必要を感じた。