タグ別アーカイブ: pop

内省的なポップ

家でCDをひっくり返していたら出てきたので、iPodに入れて久しぶりに聞いた。サックスやTom Waitsのキーボードが入ることがあるが、ほとんど全トラックをセミアコ1本か2本で作っていて、リズム楽器とかはほとんど使われていない。あくまで内省的な極上のポップ音楽。ナンパな目的にも使えるのかもしれないが、一人で聞いてほしい。

わたしはめったに白人音楽(特にUKもの)は聞かないのだが、久しぶりに聞いて感動した。それを書きのこしておきたくてブログをはじめてしまったわけだ。

年齢がバレてしまいそうだが、これとTracey Thorn

が私の青春の音楽で、学生時代にオンボロ車でドライブするときのBGMにしていた。あ、この二人が組んだユニットがEverything but the Girl。このころのCherry Redレーベルはそれはもうオシャレなものでしたよ、ええ。

自分でギター弾くときの音色の選択にこのCDが影響を与えているのがわかる。(まあ私はあまりにも不如意だから他の人びとには理解できないだろうが)

ちなみにBen Wattはその後ダンス音楽の方に走っていったようで、Meshell Ndegeocelloの”Earth”という曲をかっこよくリミックスしていて、これもiPodでのお気に入りにはいっている。