月別アーカイブ: 2016年10月

川谷絵音先生はおそらく鬼畜です

川谷絵音先生っていうのは去年の紅白のゲス乙女のパフォーマンスではじめて聞いて、すごい強い印象を受けてCD借りて聞きましたが、ものすごい天才っすね。もう夢のようにすばらしい曲を書くし歌はうまいし。

最近女子大生の人と話す機会があり、おすすめの音楽を教えてもらったらindigo la endとかってことで、「ゲスの曲は暗かったりするけどインディゴは爽やかな感じ」とかいってて驚きました。爽やかっていうのとはちょっと違うんじゃないかと思う。代表曲を使って歌詞読解してみたい。

 

Watch this video on YouTube.

一度だけあなたに恋をした
たったそれだけの話です

その人は女子大生なのでわかりにくかったかもしれませんが、歌で時々でてくる「一度恋をする」っていうのは単に「いいなあと思った」って意味ではないですわね。こういう1回2回って数えられる恋っていうのはもっと肉体的なもの、むしろ1回だけmake loveした、とかそういう意味っすわ。いわゆるワンチャン、ワンナイト。

僕は星の数ほどの記憶を
忘れそうになっては思い出す

1回だけなのでこの「記憶」はその相手に関する記憶ではない。「僕は星の数ほどの人とエッチな記憶があって、あんまり数が多くてすぐに忘れちゃうんですが時々思いだします」の意味です。

バイトのユニフォームの
ポケットから出てきた
何てことない手紙であなたを好きになったんだ

この「バイトのユニフォーム」がちょっと微妙なんですが、ポケットからなんからの紙が出てきて、たいしたこと書いてないらしい。それは本当に手紙だろうか。

解釈(1) 女子はなんか電車とかでバッグに電話番号書いたメモ投げ入れられることがあるっての聞いたことがあります。居酒屋とかのモテモテバイトのエプロンのポケットに、「つきあってください」とかって手紙がはいっていた。これ女子だったらありそうだけど、男子はありそうにないっすね。まあそれに「なんてことない手紙」ではないだろうし。

解釈(2) その手紙の内容は「今日は楽しかったです。また来てください」みたいな名刺みたいなやつである。私あんまりもらったことないですが、ガールズバーとかキャバクラとかそういう場所ではそういうの帰り際に渡すらしいじゃないですか。

甘い夕景が包む空気で
だんだんと忘れていた言葉思い出したよ

夕方その手紙を見て、昔1回そういう関係になった女子のことをおもいだしつつあるんですね。

潤った愛す声で/夢から覚めたら恋をして
夜明けの街であなたにサヨナラを/歌った
潤った愛す声で/夢を潜って溺れた
夜明けの街はいつだって/あなたを隠してる

「潤った愛す声」っいうのはものすごくエッチですね。まあその女子とのエッチな行為を歌っている。「夜明けの街でサヨナラ」なので、おつきあいは夜っていうか深夜っていうか。「夢を潜って溺れる」とかってのもなんか水っぽいというか汁っぽいというかいいねえ。夜明けの街はあなたを隠している。この女子はいつも夜明けの時間帯にどっかで行動しているわけです。あるいは待ってるのか。

涙落ちる音がレコードを擦り切れさせたって
冗談を言いながらハンモックに揺られる老後でも
あなたを思い出し
また会おうと考えて
くだらない理由をつけてこのまま眠りにつくのかな

「涙」もも水っぽいですね。
「あなたを思いだしまた会おうと考えて」、つまりその夜に活動している女性にもう一回会いに行こうかと思ったけど、「くだらない理由」、たとえば「今日はお金がないなあ」とか「眠いからいいや」とかそういう理由で寝ることにしたわけです。

甘い夕景が包む空気で
だんだんと忘れていた言葉思い出したよ

……

甘酸っぱい世界で僕はあなたに恋をした
傾く夜を尻目に今日も会いに行く

この相手と会ったのは甘酸っぱい世界
甘い夕暮れから夜が傾くときに会え、夜明けの街でサヨナラするのです。

潤った愛す声で
夢から覚めたら恋をして
夜明けの街であなたにサヨナラを
歌った
潤った愛す声で
夢を潜って溺れた
夜明けの街はいつだって
あなたを隠してる

まあそういうわけで、ぜんぜん爽やかではなく、星の数ほど遊んでる人が、ナイトワークの人と、一回恋をした、という曲ですね。それにしても名曲。

でもまあこういう解釈すると、好きな人の一部は怒るかもしれません。怒らないでー。もっと別の解釈もあるかもしれんし。そっち正しいですよ。