月別アーカイブ: 2014年11月

yonosuke昔話(9) 2ちゃんねる赤の他人バンドでステージに出る

んで、このときのジャムセッションの感じがとてもよかったので、このままライブしてしまえ、ってことに。

その場で「こういう企画があって」って説明して2回ぐらいリハして出よう、みたいな感じ。実際に練習したのは2回だったか3回だったか。ギター3、キーボード1、ベース、私ボーカル、みたいな。

時間なかったけどみんな腕利きだから「こういう感じにしたい」っていうとやってくれるすばらしい状態でした。でも全員そろって練習できたときはなかったんだったかな。特にハンター・Kさんは私と同じくらいの年齢で実質的にバンマスというか方向性教えてくれてよかた。

2003年11月3日の学園祭。雨ふってたけど強行。

ハンター・K、蔵土、ふりっぷ教授(以上ギター)、べーかも(ベース)、でほ(ドラム)、やや(キーボード)。

ステージの1番手だったのでサウンドチェックがあったのですが、みんなパープルのBurnを弾きはじめてすごかった。はじめてやってるのに完コピ。なにごとかと人集ってきておかしかったです。

客寄せファンク  http://yonosuke.net/yonosuke/20031103-1.mp3 かっこいい。
J-A-S-RAC ← http://yonosuke.net/yonosuke/20031103-2.mp3 まあこんな感じか
ちょっと待って ← http://yonosuke.net/yonosuke/20031103-3.mp3 リズムギターがうらがえってしまってうまくいかなかった。私が求めてるノリみたいなのもリハでうまく伝わらなかったのが残念。ハンターKとふりっぷ教授のギターバトルさせよう、っていうのは成功。
みのむし(←夏はボサボサから進化した) ← http://yonosuke.net/yonosuke/20031103-4.mp3 いまでも好き。歌詞その他気にいってる。ソロはもうひとりのギターの蔵土さん。
ラチラチ ← http://yonosuke.net/yonosuke/20031103-5.mp3 まあ最後はこういう感じでおわろう。

まあリハ不足でちょっとあれだけど、私としては満足。次はきちっとやろう、みたいな。


yonosuke昔話 (8) 自分で人を集める

「ジャムセッション」から半年、くだらない音源を作りつつ、いろいろ想を練ったわけです。とりあえず前年コピバンで学園祭に出たから、こんどは自分のバンドで出たい。しかし友達バンドは技術が足りない。

てんでやっぱり楽器板の連中とやりたい。

というわけで、夏に今度は自分でジャムセッションを企画しました。前は大阪だったけど、京都でやる。んでそこに集まった連中をバンドにして学園祭に出てしまおう、というそういう邪悪な計画。

このセッションはおもしろかったですね。集まった人はみんな腕がいいし、「こうしたい」っていうとやってくれる。

私がスタジオ代出してるから王様。「しゃべってるとき音出すのやめよーぜー」とか。

その場で曲を作ることさえできました。まあアイディアはもっていったんだけど。

1曲は、そのころJASRACがネットで話題になってたので、ビートルズのTaxmanを替え歌にしてJASRACの歌にしたらおもしろいだろう、みたいな。アイディアだけだったんだけど、その場で録音までできた。ベースの人がTaxmanをよく知ってたんよね。

http://yonosuke.net/yonosuke/jasrac.mp3

尊敬する毒薬仁先生

その場で書いた歌詞。「俺の名前を知ってるか」はジョージ秋山先生の『くどき屋ジョー』『WHO ARE YOU?』から。

俺の名前を知ってるかい
俺の名前を知ってるかい
俺はJASRAC、泣く子も黙るJASRAC

歌歌うんなら金払え
ギター弾くなら金払え
俺はJASRAC、泣く子も黙るJASRAC

この時点で、ライブでふりつけしようと決めた。

その場で歌詞書いたりしたんよね。最初のギターソロは私。

だんだん皆帰ってしまって人が少なくなってから、ドラムとギターと私だけになったんだけど、ギターの人がジャズの勉強しているってんで、私がピアノ弾いてこれもできた。

http://yonosuke.net/yonosuke/201308bosa.mp3

このセッションは自分にとって非常に実りがありましたね。私はコンポーザー/バンドリーダーとしてやってけるかもしれない。


yonosuke昔話(7) 2ちゃんねる楽器板の「ジャムセッション」に参加してみる

えーと、2002年の夏に共作にチャレンジしたところまでね。

そのあと秋から冬にかけて、ネット上ではかなりいろいろやってたんですが、ちょっと飛ばして生身の活動を。2002年の秋には、友達の哲学者バンドで学園祭出たんですわ。ビートルズとかのコピバン。これ音源がなくてあんまり語れない。演奏もまあそういう感じであんまり語るべきものもない。まあふつうのコピバン。

でもだんだん自信がついてきて、2002年の12月に2ちゃんねる楽器板で、大阪でジャムセッションオフミするぞってんで賑やかしに参加したんですね。オフミとか出ることはめったにないのでいろいろ緊張しました。ベースがいないってんでベースもってくことにしたんだけど、もってるベースは中学生がヘビメタすご飯るのに使うような8000円の先っちょが尖ったやつしかないので中古楽器屋でもうすこしまともなやつを入手。あとパーカッションちょっともってたかな。

んで参加してみると、これがなかなか厳しい場だったんですね。

9人か10人ぐらいいたと思うんだけど、20代男子中心。10代もいた。ドラム2人、キーボード1人、ベース1人(私)、ギター5人? 雑談とかもせずすぐに「んじゃやりますか」ってんで誰か弾きだしてそれにあわせる、みたいな。しかしキーも構成も決まってなくてどうしたらいいかわからない。ギターの人たちが4人ぐらいいて大音量で鳴らすもんだからなにやってるかわかんない。ジャムセッションというのはこういうのものなのか!みたいな。まあおかしいですよね。困りました。

とりあえずワンコードでなんかしたいのかな、とか。でもギタラーは自分しか聞いてないからどうにもこうにも。いやすごい困りました。その後知ることになったのですが、ギターの人というのはどこでもそうなんですよね。打ちあわせとか相談としかしているときもピロピロ弾く。あれなんなんでしょうね。

んで、まあ私が一番年嵩みたいだったら、「とりあえずAのブルースやりましょうよ」「誰がソロとるかはっきりしましょう」「ソロのあいだはバッキング控えめに」とか声かけたんだったかなあ。まあブルース進行やってたらなんとかなります。とりあえず司会係を決めて、手のあいてる人は他に指示して、みたいな。でも技術的にはいちばん下なのであんまり指導的なことはできない。

こんな感じ。カオス。まあでもベースは権力がある。
http://yonosuke.net/yonosuke/200212jam1.mp3

ベースが私。とにかくギターの人は弾きたいんよね。でも3人も4人もいるならバッキングする必要はないと思うのだが。

クリスマスシーズンだったので、赤鼻のトナカイとかいろいろやってみたり。とにかくカオス。

http://yonosuke.net/yonosuke/201212rock.mp3
http://yonosuke.net/yonosuke/201212samba.mp3

まあこの時の経験については、いろいろ考えましたねえ。とにかく音楽はコミュニケーションであり、お互いを聞きあわないとならん。あと、バンドするには、とにかくギタラーを支配しなければならんということを意識するようになりました。強力なリーダーシップが必要だ。


ディープ・パープルも今聞くとよい

ツェッペリンと並び称されたディープパープルとか、私ほとんど聞いてないです。

でも比較してみるとリズムに対する態度の違いがわかりますよね。

Burn

イントロのハイハット、これはツェッペリンもやるわけですが、パープルだとこれで1拍なんですよね。200 BPMぐらい。そのあとも8分の感覚はバスドラで出してるだけ。ツェッペリンは8分フィールと16分フィールの合成なんだけど、パープルは4拍フィールと8分フィールの合成。

でもこのバンドはジョンロード先生のオルガンが効いてるのは認めます。ギターやオルガンのソロは当時よくあるペンタトニックとかじゃなくて、ドリアンとかミクソリディアンとか、スケールをフルに使っているのを感じる。

この曲思い出があって、あとで書きますけど2ちゃんねるで人あつめていきなり学園祭でバンドやったときに、「サウンドチェックして」とかっていわれたときにギターがこれ弾きはじめて、いきなりバンドで完コピ大会がはじまってしまっておかしった。あとで書きます。

スケール中心のソロってのは、Highway Starの方がわかりやすいですね。

これは8分で刻んで、8分のキメがかっこいいですね。
Bメロのところキメは今度は16分でクってるところとかもいい。

オルガンソロはいろんなスケール弾いてて、1960年代のブルースから来たバンドがペンタトニック適当に弾いて「ブルースだぜ、イエー」ってお茶濁してたのとはぜんぜん違う。オルガンもギターもソロは事前にかなり構成されていて、この人たちクラシック音楽かなり好きなのを感じさせますね。これ以降ハードロック〜ヘビメタはスケールとアルペジオ早弾き、みたいな方向に行くのだと思う。あんまり知らんからまちがってるかもしれないけど。


ツェッペリンのポリリズム

何回が出してますけど、ツェッペリンはかっこいいですね。古典ロックグループでは一番好きなんじゃないかな。今年になってリマスター+未発表音源が出てるみたいなんで購入を検討しているところ。でも高い。

私にとってのツェッペリンの魅力は、まあもちろん楽曲や演奏全体がいいのはもちろんですが、ドラムのボンゾ先生のタイムの感覚かなあ。

http://yonosuke1965.blogspot.jp/2013/09/led-zeppelinwhole-lotta-love.html でWhole Lotta Love使って解説みたいなのしましたが、他のもの聞いてほしい。

アルバムとして一番好きなのは2枚目のIIか、6枚目のフィジカルグラフィティか微妙。実は解散後に出たCODAが一番好きかも。

CODAのWe’re Gonna Grove。これはキャリアの一番最初のころですけどすばらしいですね。テンポ早い。これほどの演奏精度ってのは当時としてはもう驚きだったんじゃないですかね。だいたいこの1970年前後って演奏ルーズなバンドが多かったし。まあ80年代にいろいろ手を加えたものだからこんなにすごい演奏がライブでできてたかっていうとそうではなかったかもしれません。ヘッドホンかなんかで大音量で聞きたい。

しかしこの時点でもうツェッペリンの特徴は十分に出てるんですよね。歪んだギター、ブルースなボーカル、手数の多いベース、そしてワンアンドオンリーなドラム。

前も書いたんですが、私が思うに、このバンドはタイムのフィールが独特なんすわ。この曲はイントロのハイハットで250BPMっていうビバップジャズなみのテンポを感じさせるんですが、もう1個、120BPMぐらいのノリもある。この二重のテンポ感覚がこのバンドの最大のポイントだと思ってます。

2枚目はいろいろ好きな曲がありますが、とにかくLemon Song好きっすね。ベースにしびれます。この曲やジミヘンのRed Houseみたいなタイプのブルースはすごく好き。実は小学生高学年のころに、近所に有名なロック青年が住んでいて、毎日外に聞こえる大音量でロック鳴らして近所から顰蹙かってたんですわ。でも私その数曲はすごく好きで、「なんていう音楽なんだろう?」みたいに思ってました。ツェッペリンとジミヘンだったわけです。このベースラインの16分音符で半音とか使っているのがたまらん。

まあこれはクラプトンやジミヘンからヒントを得て、ギター歪ませてヘビーなブルースやればかっこいい、ってことなんでしょうが、ツェッペリンはただブルースやるだけじゃなくて楽曲を構成するのがポイントですわね。テーマ→ハイテンポで1回あばれる→スローにのインタープレイ→ハイテンポ。ジョンポールジョーンズ先生の3分ぐらいからのベースがもうすばらしくて。

こういうのはたとえばジミヘンのあんまり工夫のないやつと比べるとはっきりしますね。

6枚目はほんとうに鬼のように名曲ぞろい。最初期はアップテンポのもやってたわけですが、基本的にツェッペリンはミディアムテンポのバンドなんすよね。早く忙しく聞こえてもドラムはゆったり80〜90BPM(1分間に80〜90拍)ぐらいなんちゃうかな。8分フィール(エイトビート)と16分フィール(16ビート)が混在しているのがツェッペリンのグルーブです。私にはゆったりとセカセカの2本のリズムが同時に走っているように聞こえます。それがツェッペリンの魅力なんだと思う。ポリリズムなんね。

Custard Pie。いきなりアップテンポ、なわけですが、これ180BPMなんすけど、ドラムは90BPMぐらいにも聞えますね。

Trampled Under Foot。これも早く聞えるけど実は110BPM。チャリラリラリラにだまされてはいかん。

Kashmir。これはツェッペリンの巨大恐竜的なのが一番出てる曲ですね。重い。でかい。

The Wanton Song。

7枚目のPresenceも1曲目のアキレスがすごいですね。これ146BPMぐらいあるんですが、ドラムはその半分の73BPMぐらいですよね。あと途中で入るブリッジダダダダッダダダダッのキメがどうやって入ってるのかよくわからない。5:25と、7:25、8:55あたりの16分音符連打がすばらしい。これ聞いたことないひとはできるかぎり大音量で聞いてください。