月別アーカイブ: 2010年2月

固定カメラ・PA卓からのビデオ

まあなんども見たり聞いたりしてもらうものでもないと思うけど、ライブハウスにとってもらったDVDもらったのでいちおううp。音質よすぎて歌ヘタなのがつらい。

ドミナシネノミネのテーマ


D

カモカモ


D

密室ファンク


D

マジンガーZ


D

みのむし


D

ちょっと待って


D

ラチラチ


D


反省っていうかここまでを振り返ったり

テーマ

ソロまわしのところに来てからギターの一方が鳴ってないことに気づいた。やっぱりあがってたんよなー。でもこの曲でよかった、というかそういうのに対応するための曲でもあるわけで、この曲作っておいてよかった。

カモカモ

なんかけっこうウケていたという評判。ビデオ入手したい。自分でもこの手のおぼえやすい曲を作る才能はあるんじゃないかと思う。

密室ファンク

リズムギターきれいな音で鳴っているしドラムのノリもよい。このコンビを発見したのが今回の企画のはじまりで、彼女たちがいなかったらやってなかったわね。キーボードもいろいろやってくれててとても色彩あざやかにしあがってると思う。PAさんがリードギターもうちょっと上げてくれればよかったのだが。リハで漠然と通すんじゃなくて注文つければよかった。歌はこんなもん。ピッチ悪いけどしょうがない。っていうか軽くディレイかなにかエフェクタかけてもらうべきだったかもしれない。歌うまい人ってうらやましいよなあ。

マジンガー

これは練習のときよりリズムよかった。おそらく本日のベストチューン。ドラムがきっちりとファンクしてるし(練習しているうちにどんどん進歩した)、キーボードもファンキーで超効果的(こうして聞くまでその効果をよく把握してなかった)。ギター大暴れもウケてた。リズムギターもファンキで、これを求めていた。私も、まあ自分の練習と進歩をほめてやるべきかもしれん(先週ぐらいまで弾いて歌うのがまったくできなかった)。寸劇はこんなもんだろう。役者の練習とかしてないからしょうがない。リハで一通り見てもらったらちゃんと照明してくれて感謝。コーラスもビジュアル的にも音楽的にもインパクトあったろう。

みのむし

前日まであれで心配してたのだが、鍵盤がばっちり決めてくれてOK。ベースラインはもっと本気でジャズボサ風に弾いてみてもよかったかもしれんが、時間がなかった。やむなし。

ちょっと待って

思い残すところなし。「70年代/昭和の香り」が十分出てると思う。泣きのギターもドラム大暴れもよろし。

ラチラチ

これやっぱり最後にもってきてよかった。

通して聞いてみると、実はこれはキーボードのヤヤネヒロ*1が全体を締めててすげー力だ。感服。やってもらってよかった。

いろいろふりかえったり

こうして見るとほとんど完璧なライブだったんじゃないかと思う。あれくらい楽しませることができれば企画アマバンとしては完璧だ。もっと自己評価を高めてポジティブな感情はちゃんと他の人々に伝えるべきだな。でもシャイだから。とにかく感謝感謝。

数十年後の自分のための注。

今回は2002年の春からはじまった創作活動の四半期決算のつもり。

音楽はとても好きだったけど、高校の吹奏楽以来ずっと聞き専。軽音サークルにも入りそこねたし楽器や機材買うお金はないし、なんか自分で音楽するってのはできなかった。くやしい青春。

やっと就職して落ちついてきた2001年の秋ぐらいから、同業者たちとスタジオで遊ぼうとかってことになったんだなわ。ビートルズとか練習してみたりした。でも昔から作曲とか多重録音とかしてみたかったんで2002年3月にハードディスクMTRを衝動買いしたわけだ。80000円の中古のヘッドが尖ったベース買ったのはその2ヶ月前ぐらいか。ギターは極貧のODのときにアンプとセットで3万円とかってこれまたフェンダージャパンの超安物を買ってた。キーボードは後輩の引っ越しでもらったポータトーン。リズムマシーンはヤフオクの3000円。

MTR買ったその週は、操作方法を習得しつついきなり「アップしたいな*2」とか作った。これは楽しい。それに正直なところ、自分がそういうことができるってことに驚いた。本当に聞けるものができるとは思ってなった。(もっとも、先に「ラチラチ」や「ちょっと待て」の構想があってMTR買ったんじゃないかと思う。カセットMTRは12月に中古で入手してたけど使えなかった。)そしてそれを無謀にも2ちゃんねる楽器板にアプするという暴挙に出たり。下手だって音楽したいという立場を明確にした。「密室」も春の連休ぐらい?なんというか、作曲する、表現するという楽しさを味わった幸福な時期。おもしろいし音楽文化の発展に寄与したいぞということで音源掲示板立ちあげたり。まあとにかくここらへんの一群の曲はいろいろ思い入れがある。

2002年の11月には同業者バンドThe Philosophersで某学園祭で初ライブ。でもこのときはオリジナルやろうとは言いだせなかった。ビートルズとかドゥービーとか。楽しかったが、カバーばっかりってのは私のやりたいこととはやっぱりちがう。でもメンバーを説得するほどの自信はなかった。(この時はドラム叩いた)

でもやっぱりオリジナルやりたいので2003年は楽器板でセッションしたメンバーで再び学園祭。この回は楽器弾かず。「みのむし」はこの時に作った。「ちょっと待って」や「ラチラチ」やったんだけど、練習時間不足(全部で3回ぐらいしか練習しなかった)で思うようなものにはならなかった。みんなの腕はすごかったんだけどね。J-A-S-RACとかは楽しかった。基本的にはみんなで作ったりアレンジしたりした曲をやるのがバンドだわね。自由。(ここらへんからのライブ音源は http://www.yonosuke.net/yonosuke/ 以下にある)

2004年には再びThe Philosophers。こんどはオリジナル。いっしょに作った曲があるのでやりやすかった(2曲でベース弾いた)。しかし昔の自分の曲はやっぱり「みのむし」以外できず。「密室」と「ちょっと待って」がやりたかったんだけど、言いだせなかったし、おそらくやろうとしても技術的に難しかったと思う。

というわけで最初期の曲を自分で満足いく形でやってなかったんよね。そこらへん十分練習してやってみたかったわけだ。今回はゼミ生にすばらしいプレイヤーたちがいることに気づいて(別々のバンドだったのだが、それぞれ聞きに行って感心した)、アクセス可能な最善のメンバーで、技術的な制約なしに十分練習して臨んでみることができた。「アップしたいな」はさすがにライブでは意味わからんのでカモカモで代替。満足。私にこれ以上は無理。あそこらへんの曲を再度やる必要はなくなったような気がする。

これでグッドバイ2000年代、ハロー2010年代、てな感じ。とりあえず清算したので、また新しい活動をすることができる。感謝感謝。

*1:http://www012.upp.so-net.ne.jp/yaya/

*2:http://www.yonosuke.net/yonosuke/up.mp3


本番

リハ

午後ステージリハ。時間連絡ミスで1時間早く集まってしまう。(が、遅いよりはよかった)

リハはじめたらガチガチにあがりまくってPAさんに何も注文できなかった。「ぜんぶおまかせします」とか。ていうかライブハウスのステージなんて初めてだし。そもそもステージに昇ったのは4回目、楽器かかえて昇ったのは2回だもんね。

お客の入りはなかなかよい。

ステージ

本番はわりと落ちついてた。1曲目で片方のギターの音が出てなかったりしたけど大丈夫。

主観的には非常に楽しかったし、お客も楽しんでもらえたんじゃないかと思う。私以外のメンバーを腕ききでそろえたってのもあるけど、やっぱりバンド/アンサンブルはすばらしいものだ。一人でやるのとはぜんぜん違うよね。とにかく楽しい感じは伝わったはず。楽しいメンバーに感謝。

ビデオ

ハウスの固定カメラで全部とってもらっているはずだが、とりあえず手持ちのカメラでとってもらった動画。

音量注意。はじめてyoutubeにあげてみる。

(1) ドミナシネノミネのテーマ

(2) カモカモ

(3)密室ファンク


D

(4) マジンガーZ


D

(5) みのむし


D

(6) ちょっと待って


D

(7)ラチラチ


D

ドミナシネノミネのメンバー

  • うどんちゃん http://udonchan.org/~udonchan/ (私のギターヒーロー)
  • ヤヤネヒロ http://www012.upp.so-net.ne.jp/yaya/ (なんでもできる鍵盤職人に成長していた)
  • かさみか (シュアでパワフルなドラマー)
  • ふみか (これまで聞いたなかで最高の音色のギターカッティング。ふつうああいう音にはならん。)
  • 匿名コーラス (匿名)
  • yonosuke

イベント全体

イベント全体はなごやかでとてもいい感じだった。特に主催のBOSS☆レディはちゃんとエンタテイメントしていてたいしたものだ。わかってる。お客も最後までちゃんと残って楽しんでた。


練習8回目(最終回)

テーマ/ カモカモ

だいじょうぶだろう。

みのむし

ちょっと不安。ベースも弾くことに。ボーカルはオクターブユニゾンしたいが間にあうか?

ちょっと待って

うまくピークを作れるかどうか。

ラチラチ

時間があるからギター2コーラス、ピアノ1コーラスソロ。

マジンガー

コーラス隊を入れてみる。うん、豪華でいいじゃないか。

通し練習

ちょっとMC入れて26分ぐらい。拍手もらったり、なんかしゃべると30分ジャストだな。

その他

チケットはぜんぶハケた。あとはPAさんとの相談だな。進行表作っておくか。


練習7回目

やっと全員揃う。ひやひや。

テーマ

ドラムにおまかせ

カモカモ

いけるかな?まあさらっとやればよい。

密室

キーボードも裏メロもう少し練りたいか。ギターソロもおまかせ。

マジンガー

少し弾けるようになった

みのむし

キーボードにおまかせ

ちょっと

ダイナミクス、ダイナミクス

ラチラチ

問題なし。

その他

練習はあと1回。うまくいくかなあ。


練習6回目

今日も全員揃わず。大丈夫か。

構成を固める。

マジンガー

私がちゃんとベース弾きながら歌えるのかが問題。歌詞おぼえられないし。かなりピンチ。

他の人々はOK。

テーマ

あれ、もう一つパチっと決まらない。まあドラムにお任せ。

カモカモ

短いバージョンに。

密室

だいたい大丈夫か。歌詞ちゃんと覚えること。

ちょっと待って

大丈夫じゃろ。

ラチラチ

ギターソロは1コーラスで丁度いいか。

みのむし

ドラムとギターはパーカッショニストに。この曲来週練習していっきにしあげられるのだろうか。

その他

ちょっと私の集中力が欠けてもうひとつか。

まあ一番問題は私だわね。個人練習あるのみ。ちゃんと歌いながら何度も弾くしかない。歌詞も完全に決めて暗記。

練習残り2回。


たまには聞いている音楽を紹介してみる

Happy Music: The Best of the Blackbyrds

Happy Music: The Best of the Blackbyrds

これはほんとうにハッピーなファンク。オハイオプレイヤーズとか好きな人におすすめだわね。オハイオより楽器は習熟しているというかジャズ寄り。(ドナルド・バードだからあたりまえだけど)

実は私はオハイオプレイヤーズはそれほど好きじゃなくてCDもそんな持ってない。なんかP-Funkに比べて作りが単純すぎる感じがするんだわね。でも”Skin Tight”は好き。特にタイトル曲はいいねえ。

Skin Tight

Skin Tight

“Skin Tight”はCarmen Electra(プリンスがプロデュース)がカバーというかサンプルしていてかっこいい。

Electra

Electra

“What’s my name?” — “Skin Tight” がやらしい。

プリンスがプロデュースした女性ボーカルってのは好きなCDが多くて、元妻のMyteのこれとか最高。プリンス自身のより多く聞いたかもしれない。あ、これは昔一回言及したことがあるね。

Child of the Sun

Child of the Sun

“In your grace name”は一回聞いてほしい。こう、なんというか寄せては返す感じのサウンドがもう最高。コモドアーズの”Brick House”をカバーしたのもいい。