月別アーカイブ: 2004年7月

自宅鯖構築記

Building yonosuke server

 

自宅鯖構築記

  • Athlon 1.2MHz, 368MB RAM, 20GBディスク / FreeBSD
  • Apple AirMac Exterme
  • NTT西日本 Bフレッツファミリー100

2003/07/07 (月)

  1. ASAHI-NETで固定IP申し込み
  2. AirMac Extreme ベースステーションにイーサケーブルでUNIXをつなぐ。
    IPは固定。10.0.1.253。
  3. 無事つながる。
  4. ポートフォワード。22番と80番を10.0.1.253にまわす。
  5. 外から繋がるようになる。
  6. 「デフォルトのホスト」を指定するとどういうわけかうまくつながらん。
  7. お名前.comでyonosuke.netを登録。
  8. ネームサーバ。bindいじるのいやなのでminidns.netにおねがいするつもり。しかしいったん登録したドメインyonosuke.netを消してしまって往生。

2003/07/08 (火)

  1. とりあえず、yonosuke.minidns.netの名前で動きはじめる。
  2. 音源掲示板を動かす。
  3. なんかいきなりウィルス攻撃されたりしてる。

2003/07/10 (木)

  1. MiniDNSの管理者にメールしておく。
  2. SAMBAもちゃんと動く。

2003/07/12 (土)

  1. ごちゃごちゃやってるうちにyonosuke.netがちゃんと登録された。
  2. MXもyonosuke.netにまわす。yonosuke@yonosuke.netが使えるようになる。
  3. 使いなれたpostfixをインストール。sendmailなんて使えないよーん。あ、踏台にされないかセキュリティチェックしなきゃ。www.rbl.jpのテストを受けて、とりあえず合格。
  4. ついでにscan.sygate.comのチェックも受けておく。portの管理はAirmacにおまかせするしかないわなあ。SSHとSMTPとHTTPとDNSだけ開けておく。
  5. Webからの匿名メールを許す。
  6. ディレクトリ構造の見直し。さすがにトップページがYONOSUKEなのはちょっと売名行為すぎるかなあ、と。

2003/07/16 (水)

  1. いったんDNSからエントリ消してしまって慌てる。
  2. 忘れないようにMiniDNS.netの話をメモしておく。
    1. yonosuke.netを独自ドメイン登録。
    2. Aレコードでもらっている固定IPを入れておく。
    3. (逆引きとか大丈夫なのかな)

2003/07/18 (金)

  1. minidns.netが落ちてる。DNSサーバーが2個とも落ちちゃったらどうしようもない。自前で用意するべきなのか。
  2. 夕方6時ぐらいに復帰した模様。うーん。しかし、DNSサーバーを自分でいじる気にはなれんよなあ。難しさの質が違うもんなあ。
  3. 実はbindも動かしてはいるのだが、やっぱり恐い。

2003/07/22 (火)

  • いきなりぜんぶを”connection rufused”されるようになってしまう。どうもルーター(AirMac Extreme)がおかしくなってしまった模様。リセットしたらなおった。うーん、原因がわからんのは不安。
  • UNIXマシンをルーターにしてしまうのが一番確実なのだが、面倒だからやめ。
  • 金曜日の障害をきっかけに、yonosuke.netとは別のあるドメインのDNSサーバーをたちあげて試験運用している。そこそこ動いているようなので、もう1週間ぐらいしたらyonosuke.netも自前DNSに移行する予定。

2003/07/23 (水)

  • あれ、またルータおかしくなった。まあ30分以内の障害は障害ではなく仕様。
  • 夜、またminiDNS.netがとまってる。これはどうしようもないのでレジストラの設定を変えて自前のDNS鯖を指定する。しかし動きはじめるまでかなり時間がかかるだろう。
  • DNSサーバーを動かすのははじめてだから緊張するなあ。

2003/07/27 (日)

  • とりあえずDNSは問題なく動いているようではある。TTLをもうちょっと長くするべきか。

2003/07/29 (火)

その後順調に動いている模様。

しかし、氷室京介だかのライブ音源を上げては消す人びとがいてうんざり。そういうのはこそこそMXやらNYやらでやればいいのにねえ。


2003/07/31 (木)

あら、このページ某所でさらされてた。

うーん、ライブの隠しどり音源うpするなんてまったく違法なんだが、そういうのを本気で理解してないひともいるんだなあ。まあ個人的にはブート音源とか嫌いではないんだが、いろいろ面倒なんだよな。

こういう掲示板を動かしたりするのはそれなりのリスクがともなうんで、ブートやカラオケな人びとにはそこらへん理解してもらいたいと思う。

カバー音源というか、アマチュアが遊び(というか非営利目的)で有名曲をカバーして、こんなふうにネットで配信してみたりすることに関しては、1回裁判してみる価値があると思う。この手のについてはまだ判例がないので、いま「ネットでの音楽配信は〜」って言っている人びとは、たんに自分なりの解釈を述べているにすぎないんだよな。

「音楽文化」とかいうものの発展のためには、超有名曲なんかを自由に歌ったり演奏したりできることが必要だと思う。音楽著作権をすべて否定するつもりはないけど、これまでのポピュラー音楽はそうやってパクりパクられ、お手本にされ模倣されつつ成長してきたんだし、ネットであれなんであれ、そういう自由や発展はできるかぎり保護されるべきだと思う。非営利の音楽的に底辺なひとびと:-)ならなおさら。

そう考えると、現状の著作権法や、JASRACが要求している手続きはどう見ても高価すぎるし、繁雑すぎる(JASRACに著作権移管している楽曲をアマが歌って配信するだけで、月最低5000円かかる)。実質的にふつうの人びとが自由に歌うことを禁止してしまっているように見える。だから裁判してみたい。

しかし、ブート音源だのカラオケ音源だので争うつもりはさらさらない。それはどう考えてもはっきり著作権者のものだし、そういうものが許されるよう要求したり運動したりするほどの価値はないと思う。氷室だろうが誰だろうが、勝手にコンサート音源そのまんまうpされたらいやだろう。やっぱりいくらアマで非営利でも、なにか自分なりの演奏なり解釈なり、プラスアルファしなきゃだめだと思う。

でもポールマッカートニーも自分の歌を歌われていやだと思うかな。ジェームズブラウンは金払えと言いそうだけどね。そこらへん考えてこのまえの2ちゃんねるのジャムセッションで作ったのが「J-A-S-RAC」っていう歌。

しっかし、裁判なったら金どうしようかな。誰かカンパしてくれるかなあ。

コード譜やTAB譜をネットで流しているOLGA.orgなんかは裁判費用のカンパを求めているようだしな。この掲示板もNPO法人かなんかにして金あつめしてみたいなあ。

てなわけで、やっぱり氷室な人びとは積極的に消してアク禁にするかね (wつーか、すぐに消さずにそのまんま置いとくぐらいの根性があればまたいろいろ考えるんだけどね。(いや消すかもしんないけど)

ま、しかし、あんまり細かいこと気にするのも、心が狭くてなんだかアレだ。適当にやってちょ。


2003/08/01 (金)

もうちょっとだけ補足。

いや、ブートとかがぜんぜんダメだって思ってるわけじゃない。実際、今はやってないけど、一時期Princeのブート音源とかMXでそこそこ集めて幸せだったし(プリンスはライブ音源ほとんど出さないからブートが多い)。

氷室の件で気になったのは、ちょこちょこ上げては消すというのがなんだかちょっとケチくさく感じて不快だったのかもな、といまさらになって思う。まあ、そのまま上げとけばやっぱり私が消しただろうけど。

「せっかくだから皆で共有しちまおうぜ」ていう態度だったらまた別だったかなあ。まあ鯖運営がまずくなるようなことを管理している方としてはちょっと認めらんないのも正直なところだけど。ライブ音源に関して裁判起こされたらやっぱり勝てないだろうし、そんなに価値はないだろうってのは前に書いたとおり。

あれ、難しいなあ。氷室のブート音源を流すことである程度のリスクを負うことを承知で、それを流すことに価値があると思えば、そして自分が正しいと思えば、それをつらぬけばいいんで、鯖借りて流すなりMXで流すなり、匿名性を確保したけりゃNYその他の新型P2P使えばいいんじゃないかな、と思うんだな。そうじゃないなら、いったいなにをしたいんだろう、とかそういうことを考えるんだなあ。きっと「見せびらかし」みたいな感じがあるんじゃないかと勝手に邪推して、それが気にくわなかったのかもなあ。

音源にそんなに価値を感じないし、アーティスト本人の意向にもおそらく反しているんだから、わたしがそのリスクを負うつもりはさっぱりない、と。

氷室ほどのビッグネームなら、MXやNYで共有しちゃえば皆楽しめるのに、なんでそうしないのかなあ、とか。サイズも気になんないし。2chとかのスレに貼っておたがいに聞きあうような用途に使うのは、MXやNYじゃ遅くて役に立たないから、こういう掲示板形式の方がいいんだよな。

プリンスのブート音源に関していえば、まあそこそこ楽しかったけどプリンスがいやがるようなことをわざわざする価値はない、ってのが自分としての結論だったと思う。だいたいキリないしね。それより私は、ヘタクソでも、音楽したいっていう心が出てるような音源聞きたいな。実際私はへたくそでも自分で楽器弾いてなんかしようとしているものを聞くとかなりうれしい。みんながんがれ。

んじゃプリンスのブート音源がこの掲示板に貼られたらどうするって? そりゃうーん。こっそり保存して消す?

これ読んでる人でなんかコメントあったらメールでどうぞ。でも脅迫はやめてね。


2003/08/03 (日)

温度が上ってきたので熱暴走が心配。鯖を置いてある部屋はクーラーないし。本体はコンパクトのPC互換機だが、かなり熱を持っている模様。部屋全体がほかの部屋よりかなり暑い。風通し悪いし。

uptime。

    4:39PM  up 26 days,  8:44, 0 users, load averages: 0.20, 0.14, 0.08

自宅鯖としては、本体はなかなか安定して動いていると言えよう。問題はルータだよな。DNSの方はその後問題なし。やっぱり自前が一番。

物理的に鯖とちょっと離れるので心配だが、落ちたら落ちたでしょうがない。夏これから暑くなりそうだから、停電とかも心配ではある。使っている人ごめんなさい。

MRTG入れようかと思ったが面倒なのでやめ。AirMacがもうちょっとインテリだといいんだけどねえ。


2003/08/19

  • 午前1時から3時ごろまで不通でした。

2003/10/05 (日)

その後、ときどきルータがおかしくなるけど順調に動いている模様。サーバそのものは23日ぐらい動きっぱなしだが問題なし(のはず)。しかしけっこうな通信量だな。もう少ししたらディスク増設しなきゃならんことになるかもしれない。


2003/10/14 (火)

掲示板のアクセス数が増えてきて、帯域の問題が出てきたようだ。特に夜8〜11時ぐらいがかなり重くてパケット落ちもあってちょっとつらい。どうしたもんかな。

ディスクもあと1月ぐらいで溢れそうだ。まあ、ディスクは安いし増設すりゃいいだけだからたいしたことない。今のマシンはコンパクト型なんでディスクは1台しか入れられない。面倒なんで、ここらでミニタワーかなんかでディスク3、4台入るやつにしようかと思ってる。しかし回線は簡単には増えない。これ以上速い回線というのは、ううむ。

とりあえずMRTGあたりでどれくらいの量が流れているのか調べたいのだが、使い方がよくわからん。

Iriaやらなんやらといったツール類で短時間でごそっと持っていくのも帯域の問題で勘弁してほしいのだが、これも制限しようがないのかしら。

httpdで流す量をある程度制限できればよいのだが、これもよくわからん。

うpが急増してるのはDTM板の各スレがもりあがっているからでよいことなんだが、あんまり急速にファイルとアクセスが増えるのはちょっと困ってしまうわけだ。「打ち込みお断り」とかにしちゃうってのはちょっとやりすぎだと思うしなあ。もうちょっと資源持っている人が分散して掲示板とか動かしてくれればアレなんだが。やっぱりみんなP2Pに移行していくんだろうなあ。・・・

あ、そうか。とりあえず打ち込みの人用に別の(そんなに長いこと保存しない)掲示板つくりゃいいのか。なんで気づかなかったんだろう。


2003/10/14 (火)

てわけで打ち込み用掲示板を作ってみた。ちょっとだけログを見ると、ファイル1個でも、やっぱりそこそこの転送量のようだ。

まあしかし実際のところ現在のボトルネックは、物理的な回線(Bフレッツ100)やマシンじゃなくて今使っているasahi-netの問題なんだよな。転送量増やして圧力をかければ回線太くなるってのが正しいのか。ちがうか。

ディスクはあと3GB。いま保存しているデータが3GBちょっとぐらいだから、まだ1、2ヶ月はそのまま保存しておける感じか。それまでには200GBぐらい積んだニューマシンが用意できるだろうからディスク容量はあんまり心配していない。


2003/10/17 (金)

19:10〜19:53の間つながりませんでした。ネコがTAを蹴とばして電源落してました。


2003/10/20 (月)

それにしても最近うp多いな。うpして遊ぶのが一般的になって、楽器板の雰囲気もずいぶん変わってきたと思う。「なんでもうp」スレも「みんなで一曲」スレもいい感じだ。いっしょに遊びたいなあ。


2003/10/28 (火)

あれ、またさらされてる。

著作権と著作隣接権の違いは理解しているつもり。ついでに著作者人格権についても理解しているつもり。実は、理解あやしいかもしれないけど、著作権と隣接権の違いより、人格権(翻案やカバーの許可なんかの排他的独占権)をどう考えるかの方がカバーするときは重要だと思ってる。 著作者は経済的な利益の他に、自分の作品を勝手に変更されない権利をもっていて、勝手なカバーはこれと真っ向からぶつかってしまう。

今あんまり時間がないから詳しく書けないけど、まあ、主張としては、有名曲を素材にしてアマチュアがこういう場所でごちゃごちゃやるのはわしらの自由の権利としてみとめられるべきだ、法律変えるか、それを認めるような判例出してくれってことになるな。


2003/11/16 (日)

さて、

Filesystem    Size   Used  Avail Capacity  Mounted on
/dev/ad0s1a   126M    34M    82M    29%    /
/dev/ad0s1f   252M   2.6M   229M     1%    /tmp
/dev/ad0s1g    17G    14G   2.0G    87%    /usr
/dev/ad0s1e   252M   117M   115M    50%    /var
procfs        4.0K   4.0K     0B   100%    /proc

とディスクがだいぶ苦しくなってきた。貴重な音楽データはいま4.5Gぐらい。ディスクは120GBぐらいのが1台あまっているのでこれに換装すれば1年ぐらいは楽勝なのだが、データをどうやって移行するかちょっと迷ったり。コンパクト型なのでディスクは1台しか入らないのが問題。あ、SCSIの20GBぐらいのが1台あまってるから、

  1. SCSIのカードを買う。
  2. データをSCSIディスクに逃がす。
  3. 内蔵ディスクを換装、CD-ROMからOS(FreeBSD)入れなおし。
  4. SCSIディスクから戻す。

の順番で半日あればいけるかな。SCSIにMOもつなげればいいのだが。

そういや、ちょっと前に一人で大量に貼りまくり、いろんなサイトに宣伝しているリミックス君がうっとうしいので消した。まあ、そういう系統が嫌いなわけじゃないけど、お約束をぜんぜん守ってくれないのがうざい。「打ち込み掲示板」の方を好きに使ってもらえばいいのにと思うが、そういう注意書きを読む手間も惜しいのだろう。

リミックスとかするひとびとは著作権とか気になってこういうところを使いたいと思うのかもしれんが、そういうのを恐れていては、その手の音楽の意味みたいなものが薄れてしまうと思う。とにかく、正直なところ、そこらへんのケチくささ、憶病さが好きではないのははっきりさせておきたい。

DTM系は気楽にできちゃうから数が増える傾向があるのも あんまり気にいらない。いや、DTMが悪いわけではなく、 なんていうのかなあ、安易な感じがするんだよな。いや、それも正確じゃなくて、 うーん。 正直なところ、オール打ち込みとかの方が、音楽にするのは難しいと思うんだよな。 どうしても表現が平板になっちゃう。っていうか、ほんとうに聞かせるためには もっとこう細かくうちこんでいかないと音楽としては ヘタクソな奴がギター弾いたり歌ったりするのにも勝てないと思う。

とか考える私もケチくさいな。いかんいかん。はやいところディスク大きくしよう。広いディスクが広い心をはぐくんでくれるであろう。


2003/11/17 (月)

そっか、余ってるタワーのマシンに今のコンパクトマシンのディスクをいったんマウントすればいいか。これが一番停止する時間も短かくてすみそうだ。しかし、まだぜんぜん慌てる必要はないんだな。


2003/11/21 (金)

午前2時から6時ぐらいまで落ちてました。ルータの問題。なんでだろうなあ。


2003/11/25 (火)

朝8時ぐらいから12時ぐらいまでルータが落ちてました。ルータはログが見えないので原因不明。なんかアタックされて落ちているのか、転送量の問題なのか・・・定時にリセットするようにすればいいのだろうか。


2003/12/02 (火)

さて、そろそろホストマシンのリプレースの用意をしなくては。

手元には、

  • 現行のFreeBSDマシン(ディスク20GB)
  • 古いFreeBSDマシン(ディスク180GB)

がある。と、今のマシンからディスクがでかいマシンに中身を移動したいわけだが、どうしたものか。ディスク入れたりはずしたりするよりは、ネット経由でコピーした方が速いか。最低限移行しなきゃならんのは、

  • Apache
  • 掲示板のCGI等とデータ等のディレクトリ
  • Bind
  • /etc/passwdとか

一番心配なのはbindだよなあ。


2003/12/13 (日)

操作ミスでリモートからシャットダウンしてしまい、再起動するため、わざわざ家まで帰ってくるという失態。


2003/12/14 (日)

サーバの入れかえ作業開始。

まずいったん古いBSDマシンにファイルを移動してしばらく動かし、その間に現行マシンのディスクをでかいやつに換装し、再度マシンをリプレースする予定。


2003/12/15 (月)

とりあえず古いマシンに入れかえてみた。いろいろ心配。

Filesystem    Size   Used  Avail Capacity  Mounted on
/dev/ad0s1a   194M   105M    73M    59%    /
/dev/ad0s1e    27G    21G   3.5G    86%    /usr
/dev/ad2s1e    27G    11G    14G    45%    /export/home
procfs        4.0K   4.0K     0B   100%    /proc

このままでも半年ぐらい持ちそうな気がするけど・・・どうしたもんかなあ。


2003/12/29 (月)

朝方からまたルータが止ってた。どうも一定時間(100時間弱)つなぎっぱなしにしているとルータがおかしくなるような気がする。どうしたもんか。UNIX機をルータにしてしまうという手もあるが、面倒なんだよな。


2004/01/04 (日)

ごっそりファイルを持って行くひとがいて、帯域を使いはたしてしまったりしているのでapacheにmod_limitipconnというモジュールを組み込んで、1ホスト1個ずつしかファイルをもって行けないようにする。面倒。バックアップとってくれるってのならいいんだけどねえ。apacheも1.3.29に上げた。


2004/01/05 (月)

このマシンをしばらく使うことにしたので、OSをFreeBSD 4.9まであげる。以前は4.6。障害が起こらないといいが。emacsも21.3.50にしておく。


2004/02/05 (木)

あいかわらずAirMacが時間が経つと接続を拒否するようになる問題は解決せず。最近、切れるまでの時間が短くなってきたような気がする。ある程度のデータ流量があると切れるとかそういうことなのかなあ。

もう1件、最近スレ名を明示してないのは聴かずに消すようにしている。これは放っておくと、マネする人がどんどん増えていくという関係に気づいたから。ぜんぶ「借ります」だけになるといずれはへんな音源を置くやつが出てくるからなあ。面倒。んで、操作をまちがってちゃんとしたものも消してしまったりして。うーん。


2004/02/06 (金)

寝てたら10時間近く接続が切れていた。うーん、このままではいかん。

転送量の問題なのか、AirMacの問題なのか、その他の問題があるのか。とりあえずUNIX機をブリッジにすることを考えよう。イーサカードは余っている・・・しかしPPPoEだのipfilterだのNATだの、面倒なんだよな。

と、ひさしぶりに電気屋行ってみたらふつうの無線ルータが安くなってたので、AirMacじゃないやつに乗りかえてみるかな。


2004/02/09 (月)

ふと思ったのだが、この手の(2ちゃんねる向け音楽)掲示板はなかなか増えないよな。あんまり一極集中するのはなにごともよくないんだよな。

だから転送量が問題になったりするわけだし、落ちたときも困るかもしれない。しばらく止めたら誰かが提供したりするんじゃないだろうか、とか。


2004/02/28 (土)

ここしばらく「借ります」だけのやつは見つけたら面倒なので聞かないで消すようにしているわけだが、つい聞いちゃうと判断にまよったりして困ったり。

ここらへんでふたたび著作権について。最近のうpの主流は邦楽・洋楽バンドのコピーになっているようだ。 私自身は単純なコピーはあんまり好きじゃないしやる気もないわけだが、まあ若い人びとがコピーからはじめるってのはしょうがないんじゃないかと思ってる。まあいずれは当局と交渉したりしなきゃならんのかなと(「当局」はJASRACだけではない)。

と、ここまで書いて寝た。


2004/03/01 (月)

邦楽カラオケ系のうpが増えてきたので、2ちゃんねるカラオケ板に勘弁のおねがいを貼って歩く。さすがにカラオケはどうもなあ。うまいヘタは別にして、楽器かかえてくれればアレなんだが。

私自身はカラオケ自体はそんなに嫌いじゃないのだが、あれはきっと、その場の流れとか雰囲気とかを楽しむもので、長く保存しておく必然性を感じないんだよなあ。

実際カラオケまでOKにしてしまうと他のうpを量的に圧倒してしまうことも経験ずみ。1曲をうpする「構え」のようなものがボーカル系の人と楽器系の人では違うらしい。(DTM系と楽器系でも違うんだが)

そういや昔、「カラオケ道」とかってものが可能なんじゃないかとか考えたことがあった。連歌とかと同じように、1セット50曲とか決めておいて、前の人の選曲を引きついで歌う。連続選曲は禁止。必ず前の人のを聞いてから選曲する。さらに、10曲目は「夏」の曲、20曲目は「月」、30曲目は「別れ」を主題としたもの、とかある程度形式決めておくとか。これはおもしろそうだ。(実際うまくいったカラオケ会ってのはそういう感じで暗黙のうちに自然にテーマが決まると思う)

でもやっぱり保存しておくものじゃないような気がするんだよな。なんか、オケが固定されているから、その分楽器よりさらに即興性が必要なんじゃないかとか思ったりする。

カラオケな人びとが歌の巧拙を問題にするってのもよくわかんないんだよなあ。もっとこう、自由というか、創意というか、そういうものが欲しいというか。人気があるのは氷室やラクルやGLAYらしいけど、ものまねなんかしないでもっと自分なりに歌ったら楽しいんじゃないかなあとかも思う。

しかし経験からすると、こういうのは「やめて」っていうのはあんまりうまくないんだよなあ。むしろ短期間で流れる掲示板を新設するべきか。そこまでする必要があるのかなあ。もっと音楽系うぷろだ掲示板立てる人が増えればいいのになとかも思う。(ここが強力すぎる(自讃)のかもしれないとも思う)

ついでにDTM板にもおねがいを貼っておく。あんまり行かない板は恐いなあ。


2004/03/03 (水)

カラオケ板で使われているアプロダ(もとは楽器板のボーカルの人びとのためのものだったはず)を見ると、管理している人は苦労しているようだ。infoseekでは次々にアカウント剥奪されているようだし、うpが多すぎてあっという間に流れるようだし。どこもたいへんだ。

というわけで実験的に「歌声掲示板」立てて、注意書きが長すぎたから簡単にしておく。やっぱりうまく行かないのには理由があるはずだ。

しかしオケラーとの戦いはまだ続きそうだ・・・


2004/03/09 (火)

オケラーとの戦いは小康状態。

AirMacのファームウェアをアップデート(5.3)したらとりあえず120時間ぐらい止まらずに動いている。ちょっとうれしい。

ディスクの状態はこんな感じ。まだ余裕あるのでそんなに
神経質になる必要はないが。

Filesystem    Size   Used  Avail Capacity  Mounted on
/dev/ad0s1a   194M   134M    44M    75%    /
/dev/ad0s1e    27G    21G   3.8G    85%    /usr
/dev/ad2s1e    27G    16G   8.8G    65%    /export/home
procfs        4.0K   4.0K     0B   100%    /proc

duすると10GBぐらい使っている。

7.4G	clip/data
2.0G	dtm/data

2004/03/13 (土)

ついに削除人導入。ディレクトリを別に掘って5000番台から再開。打ち込み板もディレクトリ別にするか。

IMAPを入れる。


2004/03/15 (月)

削除人は真面目なひとだ。

ネットラジオ実験中。http://www.yonosuke.net:8000/


2004/05/27 (日)

  1. 自宅サーバーのディスクが飛んだ。/usrがマウントできない。これを機会にマシンを入れかえることにする。
  2. XPマシンにしていたPCをFreeBSDにする。以前にFreeBSDを入れたディスクが残っていたので繋いでみるが、起動せず。なぜだろう。
  3. なんかディスクを認識してない感じ。うーん。
  4. XPのデータディスク60GBの方を、ろくでもないデータしかはいっていないと信じてフォーマットしてしまう。インストールはそこらにあったUNIX USERSの付録のFreeBSD 4.9にする。5.1もあるようなのだが、保守的に行こう。
  5. “BTX Halted”トラップにひっかかる。あれー。IDE DMAを無効にすれば直るという情報があるが、それでも動かん。
  6. FreeBSD 5.2を入れてみるとBTXトラップは回避できる。
  7. Firewireのカードを差していたことが原因で別のトラップにはまりそうになる。無駄なカードは抜く。
  • packageが入らん。というかどこのサイトにも5.2-RELEASEなんてないぞと言われる。
  • しょうがないのでportsでじっくり作る。setenv MASTER_SITE_OVERRIDE ほげほげ。cvsupから。時間がかかる。
  • データが入っているディスクはちゃんとマウントできることを確認。/etcも読める。
  • ディスクを新マシンにつないで/etcと/homeをそれぞれバックアップする。
  • /usrは読めないのであきらめる。(/usr/local/etcは貴重なのだが、まあ無理してもしょうがない)

2004/05/29 (火)

ラジオ鯖も動かす。


2004/07/11 (日)

ラジオ動かしていると512MBではちょっと足りない感じ。RAMを増設したいのだが、あまり出まわっていない高いやつなのでそうもいかん。メモリの空きを求めて、カーネルの再構築。


2004/07/25 (日)

しばらく問題なかったが、落雷で電源が瞬断したようだ。/varもあふれていた。


YONOSUKE