映画『セッション』はこんなプロットだったらよかったのに

話題のようなので『セッション』って映画見たんですが、ぜんぜん音楽映画じゃないし音楽もよくないしひどいものでした。すみからすみまでひどくて、なにも褒めるところがない(せいぜいガールフレンドぐらい)。あれほど見て後悔した映画ってあんまりないわ。その後どういう筋だったらよかったのか、って厨二的に妄想してみた。


有名音楽単科大学で、特にそこのビッグバンド卒業メンバーには将来が約束される、っていう世界観。最終学年でやっと準レギュラーになってバンマスの指導が受けられる、とか。最終コンサートには各地有力バンドのバンマスや、学校関係者とか音楽関係者がたくさんくるのでそれを目指す、みたいな。ちょっとありそうにないけど地方(州レベル)の話ってことにすればありか。もっと現実的な話にするのは難しいかも 1)現実的にすれば田舎の州のやっぱり単科大学の強制部活動で、学校対抗のコンクールがあり、また卒業単位になってる、とか。私昔1ヶ月ぐらい滞在した大学とかそんな感じの部活があった。

  • 親が好きだったバディリッチのファンの主人公ドラマー。毎日リッチ先生のソロの部分ばっかりビデオで見てる。他は興味がない。ていうか他の音楽は実はさほど好きじゃなかったり。
  • バンマスに見込まれるけどしごかれる。
  • バンド全体もひどくしごかれる。
  • 単なる練習のためにメンバー一部で適当にコンボ組んで演奏したりもする。
  • でも主人公はアンサンブルがよくわかってなくて勝手な演奏する。延々ドラムソロとか。客みんな帰る。
  • トロンボーン(男)、アルトサックス(女)とかと仲良くなる。切磋琢磨。はげましたり勉強したり。少しだけわかってくる。
  • バンマスは厳しいなりに有効な指導もするし、バンドの音楽はよくなって観客は感心する。「音楽は純粋な数学的構築物であり、音楽における自由ってのは実は制約と規律のことだ」みたいな、わかるようなわからないような説教をする。
  • バンマスは練習のたびに歴史的有名バンマスの邪悪なアネクドートを各種紹介して、観客もなるほど、バンマスは邪悪じゃないとだめなのだな、とか納得する。
  • 有名演奏みたいなのも実は綿密に練られていて、その場での自由な要素はほとんどないとか説教したり。ラフに聞こえるサウンドが実はものすごく細かく譜面になってるの見せたりして主人公も観客も驚いたり(ギルエヴァンスのがいいな)。
  • このあたりで主人公はバンマスに反発しながら尊敬する。
  • トロンボーンとアルトがつきあいはじめる。主人公うらやましいけどモテない。
  • ビッグバンドの夏の演奏とかでゲストで街一番の女ボーカル(年上卒業生、ニコルキッドマン)が来る。なんかバンマスと緊張感がある。
  • ボーカルも主人公のドラムはぜんぜんだめだ、みたいなことを言う。「あんたはバンマスそっくりね」みたいなことも言う。
  • 気になる主人公はボーカルのライブに行く。実はエリアーヌ先生みたいなピアノボーカルですごい腕で驚く。
  • 主人公は飛び入りさせてもらって得意のドラムソロを披露するがやっぱりぜんぜんだめだって1曲で追い出される。「なんでだめなの」とか聞くと「あんたは音楽なにもわかってない」とか言われる。
  • 女ボーカルの音楽をきっかけに、彼女がやってるタイプのいろんな音楽聞いてみるとなんかわかってくる。スティックだけじゃなくバラードやブラシの練習とかまじめにやる。
  • ボーカル女となんかをきっかけに仲良くなって、そういう関係になる。いろいろ教えてもらう。実はバンマスの昔の女だけど今は嫌ってるとか。エッチなことと音楽をいっしょに教えてもらってどっちもすごく上達する。自由ってことについて難しい話をしたりする。
  • でもいろいろあって(女がメジャーデビュー準備か)別れたりする。
  • トロンボーンはバンマスにいじめられて自信喪失して自暴自棄。女アルトともうまくいかなくなる。
  • バンマスがアルト女にレギュラーになりたいなら家に来いとか。アルトはトロンボーンとうまくいってなくて不安定になってて、キャリアのためにその話を飲んで覚悟してバンマス宅に行くと、薬はやってるわ、へんな道具はあるわ、昔のメンバーの女のエロビデオ見せられるわ(さっきのボーカル女のがいいね)でたいへんな変態さんでやばいことに気づいて逃げだそうとして一悶着。
  • 呼ばれたトロンボーンがかけつけてきて、事情を知り怒って殺そうとする(実はその前から殺そうと思ってた)けど、逆に格闘技も得意なバンマスに返り討ちにされて大ケガしたあげく警察に捕まって豚箱行き。
  • もうバンド解散してボイコットしようって話になるけど、みんなで話しあって、やっぱり他のメンバーの将来のためにも本番はやっぱりやることにする(なんか他メンバーの複雑な事情もほしい)。
  • バディリッチバンドっぽい「キャラバン」を完璧に演奏して、バンマスは満足。邪悪な客も「さすがバンマスさんのバンドは規律がちがう、今年もメンバーをうちのバンドに」「うちの教師に」とかやる。でも一般客はつまらなそう。
  • それ見て、最後のドラムソロの途中でスティック投げだしてやめて、近づいてきたバンマスを殴って、勝手にカウントはじめてギルエヴァンスっぽいストーンフリーとか、あるいはスメルズライクティーンスピリットとかそういうのやる。ギターはアンプフルテンにしてチョーキングする。
  • 抜けてたトロンボーンもアルトも途中から入ってきてソロをとる。ボーカルも入って歌う。ドラムソロはもうやらず、ソリストや他のリズムセクションとアイコンタクトして煽りまくる。お客喜んで踊る。
  • 殴った件で学校退学になるけど、ちょうとツアーで街に来ていたジェームズブラウンがバンドメンバーに逃げられたところで、演奏よかったからプロになりたいならリハに来いとかで、次の話(ジェームズブラウンとそのまわりの人々に馬鹿にされいびられる話)のはじまり。

ぜんぜん違う話になっちゃいましたね。ははは。しかしふつうこうでしょ。ていうかこういう話だと思って見てみたんだけどねえ。


 


References   [ + ]

1. 現実的にすれば田舎の州のやっぱり単科大学の強制部活動で、学校対抗のコンクールがあり、また卒業単位になってる、とか。私昔1ヶ月ぐらい滞在した大学とかそんな感じの部活があった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。