キリンジのエイリアンズの歌詞は最高だ

ミスチルの悪口書いててもしょうがないので、どういう歌詞がよい曲と思ってるかっていうのを、4年前にツイッタに書いたメモから復元。実はこの曲、そのころまで知らなかったんよね。

Watch this video on YouTube.

遥か空に旅客機 音もなく
公団の屋根の上 どこへ行く

旅客機と書いてボーイングと読む。ゆっくり飛行機が進んでいるのはわかるんだけど、実は昼なのか夜なのかわからない。昼だと白い機体、夜だと赤い点滅がゆっくり空を横切ってる感じね。夜だとすると、その赤い点滅がエアバスじゃなくてボーイングだってわかるのは昼間に見てるからだろうね。飛行機の姿見てエアバスなのかボーイングなのかわかるかしらんけど。少なくともYSとかではない。あるいは語り手の頭のなかで「今頃飛行機が飛んでるはずだ」って思ってるのかもしれない。すぐに住宅公団っていうのが出てくるので、語り手はここらへんのことをよく知っている。おそらく飛行機に興味をもつ子供のころから。公団住宅の上を大型飛行機がゆっくり飛んでいる、っていうので、空が開けた田舎だっていうのがわかる。千葉とか埼玉とか。首都圏からもっと遠くかもしれない。

メロディーラインは下降してだらだらしていてだるい感じ。

誰かの不機嫌も 寝静まる夜さ

隣近所でいつも喧嘩しているんだね。貧乏人やあんまり洗練されていない人々はいつも大声で喧嘩しているものだ。そういうのが聞こえちゃうのが田舎っぽい。そして今は深夜だってのがわかる。だからさっきの飛行機は赤の点滅がゆっくり飛んでる。

バイパスの澄んだ空気と僕の町

これで季節は秋か初冬ぐらいな感じ。小さな郊外か田舎の新興住宅な感じか。ちなみにキリンジは埼玉県坂戸市出身、人口10万人。わかる。

泣かないでくれダーリン ほら月明かりが
長い夜に寝つけない二人の額をなで

語り手は女をダーリンとか呼ぶナルシストで、関係はうまくいってない。「長い夜」でやっぱり秋冬。額をなでる、っていうのがいいねえ。月は満月に近い明るさで、もう一発終っていて、透明な窓から月が見えてるわけだ。満月が窓から部屋に入ってくるのなら、時刻は3時とか4時とか。夜明けまえ。「二人の額」なのもすごくて、一人称語りだったら「君の額をなで」になるはずなんだけど、この語り手は自分たちを客観的に見ている。自分たちに対する距離感。

まるで僕らはエイリアンズ

エイリアンズで連想するのは(1)ギーガーの映画エイリアン、(2)宇宙人、(3)異邦人、外人、(4) 余所者、だわよね。おそらく(4)の余所者が本意なんだけど、ギーガーのあのキモい生物を連想させずにはいられない。俺たちはああいう異様なものとしてセクロスなんかしちゃってて、そしてこの狭い町で異邦人としてはぐれている。少なくとも、俺たちは町で暮すふつうの人間ではない。夜はそういうセクロスしちゃうエイリアン。しかしおそらく昼はふつうの顔をして生きてるんだろう。時代的に岩明均先生のマンガ『寄生獣』とかも連想する。

禁断の実ほおばっては
月の裏を夢みて

「月」と「禁断の実」=おそらくリンゴが丸くて縁語みたいになってんだね。もちろん聖書のアダムとイブ、そしてニュートンが連想される。やってはいけないことをやっている。「月の裏 1)「不倫解釈でいくなら、「月の裏」ってのは誰もいず、誰にも見られないところ、ぐらいじゃないの?」ってコメントもらって、なるほど。 」で人間の生活の裏面、不倫セックスを連想する。ちなみにこの曲はキーがおかしくてBメジャーとかみたい。主にピアノの白鍵で弾けるキーCという表の明るいのとまったく反対のキー。まさに「裏」な感じ 2)あと、書いたあとで検索したら、「禁断の実」は同性愛っていう解釈も可能なのね。「眉をひそめる」あたりで排除してしまってた。おそらくインセストっていうのも可能だろう。あと禁断の実は知恵の実であるっていうのを生かした解釈も可能っぽい。

キミが好きだよエイリアン
この星のこの僻地で
魔法をかけてみせるさ
いいかい

自分たちがエイリアンで世間からはぐれているだけでなく、この語り手にとっては相手もエイリアンで疎遠な感じなんよね。セックスでつながっている。「この星」でやっぱり月と同じ丸い球体とその外の広い世界が連想させられ、そのほんとに一部の点みたいなところでなにかがおこなわれる。セックスの秘技かもしれず、そうでないかもしれず。しかしこの「魔法かけてみせる、いいよね」っていうナルシズムぶりがすばらしい。自分はそういうことをする能力がある。

どこかで不揃いな遠吠え
仮面のようなスポーツカーが火を吐いた

車のエンジン、排気音か。火を吐いたのは見てないけど、音からわかる。「仮面のようなスポーツカー」はまあ当時流行していたなんかだろうね。ヤンキーが乗ってるやつ。2010年代は空力とか考えて車はみんな仮面みたいになりましたが、1990年代とかそういうエアスポイラーとか走り屋や暴走族がつけてた。エンジンとかも強化して300馬力とかいうのが走っていて、そういうの整備不良でバックファイアであちこちで「パーン」とか音出してたんよね。実際マフラーから火が出る。まあそういうのがたくさんいる田舎。語り手はそういう文化になじめてない。語り手たちは家のなかで遠くのその音を聞いている。こういうのがなんかリアルで奥行きがある。

笑っておくれダーリン
ほら素晴らしい夜に

セックスして部屋にいるだけなんだけど「素晴しい夜」っていうのがサイコパス風味。女はまだ泣いている。

僕の短所をジョークにしても眉をひそめないで

「俺、優柔普段だから、ははは」「嫁が待ってるから」。あるいはおそらくなんか下ネタを言ってる。「俺の〜は彼より小さいけど硬い」ナルシストだから平気。

そうさ僕らはエイリアンズ
街灯に沿って歩けば
ごらん新世界のようさ

一発終ってまったりしてから女をどっかに送るために外に出た。近代的な白っぽい公団住宅が並んでいる。車もってないのか、駐車場まで女を送るのか、あるいは女性がそういうところに住んでるのか。田舎の公団みたいなのに住んでる人々っていうのは、その町の土着の人々からも疎遠な関係にあったりする。

キミが好きだよエイリアン
無いものねだりもキスで
魔法のように解けるさ
いつか

「無いものねだり」は「結婚して」とか「あの人と別れて」か「夫を殺して」とかまあそういう感じ。なんにしても女の希望をかなえるつもりはない。語り手はセックスしか興味がない。

踊ろうよさあダーリン
ラストダンスを
暗いニュースが
日の出とともに町に降る前に

曲としてはここ最高ですわね。何回聞いても感動する。もう一発やるのかもしれないしチューするのかもしれないが、これがラストダンスだ。もうこの女とは会うつもりがない。あるいは会えない。暗いニュースがなにかはわからないけど、この二人の関係が公になることかもしれない。朝になるとバレちゃう。「ニュースが降ってくる」っていうその感じもうすばらしい。「ノストラダムスの大予言」で世界が終る日にアンゴルモアのなんとかが降ってくる、とかそういう感じ。

まるで僕らはエイリアンズ
禁断の実ほおばっては
月の裏を夢みて
キミを愛してるエイリアン
この星の僻地の僕らに
魔法をかけてみせるさ

さっきは「好き」だったけど「愛してる」になってる。気持ちが高まってる。魔法もどういう魔法か知らんけど、二人の仲を忘れられなくなくする魔法か。

大好きさエイリアン
わかるかい

聞いてるバージョンだと「わかるかい」じゃなくて「わかるか」になってて、そっちの方がかっこいい。もう会えないかもしれないけど君のことが本当に好きだったんだ。
これは歌詞もコード進行もメロディーもアレンジも、なにかなにまで名曲。語り手は世界や人間から二重三重に疎遠である。すばらしすぎる。聞くたびにノックアウトされます。

ミスチル同様、キリンジもナルシスト・サイコパス風味が入ってるんだけど、歌詞がよく練られていて完璧。参照や連想などを抱負に含んでいて、歌詞にとんでもない広がりがあって、多様な解釈を許す。音楽も有機的に結びついていて、理想的な楽曲だと思うです。ミスチルとはちがって、キリンジのリスナーはおそらく歌詞の内容(この曲の場合、「(表面的には)ナルシストが女を捨てるのだな」)をだいたい理解している。

 

ミスチルだと刺激の強いネガティブな言葉を多用するわりに、言葉や連想自体はそれほど豊かではない。話の筋は説教くさく単調で一本道の解釈になってしまう。あるいは言葉が足りないところをリスナーが勝手に好意的におぎなわざるをえない。キリンジの場合はストーリーと語彙や連想が豊かなんで、何度もその歌詞を考える。歌詞の方がリスナーよりも(おそらくアーティスト本人よりも)大きい。


と、前日寝つけない夜に書いたんですが、ツイッタでコメントもらってもう一度見直してみると、不倫と別れていどではこの曲の甘美さ邪悪さ凶悪さをとらえてないっすね。語り手はもっと捕食者(プレデター)な感じ。二人はいっしょに住んでるのではないかという指摘もあり。

朝になって思いついたんですが、これ、『ジョジョの奇妙な冒険』の吉良吉影さんや、岩明均先生の『寄生獣』の寄生生物みたいな人たちの歌かもしれないっすね。連載は1990年前半だからみんな読んでた。杜王町みたいなところにひっそり生息しているエイリアン。んじゃ女がずっとメソメソしているのは監禁されてるからか。んで歌のなかで最後に殺されちゃうのね。最後のコーラスの前のドラムのブレイク(・・・ドタン、のところ)。禁断の実は快楽殺人ですわね。腕だけとっといたりして。なんで部屋のなかにいるのに街灯あるところに出てくのかと思ったら、家汚されるのいやだからですか。朝降ってくる暗いニュースは君が作ってんやろが、みたいな。やばい。でもそれくらいのヤバさをこの曲には感じる。

 


References   [ + ]

1. 「不倫解釈でいくなら、「月の裏」ってのは誰もいず、誰にも見られないところ、ぐらいじゃないの?」ってコメントもらって、なるほど。
2. あと、書いたあとで検索したら、「禁断の実」は同性愛っていう解釈も可能なのね。「眉をひそめる」あたりで排除してしまってた。おそらくインセストっていうのも可能だろう。あと禁断の実は知恵の実であるっていうのを生かした解釈も可能っぽい。

キリンジのエイリアンズの歌詞は最高だ」への5件のフィードバック

  1. 匿名

    最後に書かれている快楽殺人、私は大当たりだと思っています。
    怖いほど素晴らしい曲だけどエグい曲です。
    ニュースになるほどのセンセーショナルな事件、実話を元に書かれてるんじゃないかと思います。
    不機嫌な誰かは母親、ダーリンは被害少年、禁断の実は小動物の殺傷、魔法をかけるは殺人そのものの暗喩、僕の短所は快楽殺人、街灯に沿って歩かなければならないのは夜明け前に人目につく場所に遺体の一部を運ばなければならないから→朝になれば悲しいニュースになる…ニュースが降ってくるという表現は個人的なニュースというよりマスメディアがこぞって報道するようなニュアンスを感じる。
    こんな事件ありましたよね。
    そして最後に「わかるかい」という歌詞。
    何の事を歌ってるかわかるかい?とも取れる。
    犯人の目線で犯罪を美化して描いた世界観。
    表現としては際どすぎる。作者は絶対に認めるわけにはいかないだろうけどこれ以上にしっくりくる解釈はない。

    返信
  2. 匿名

    煩悩の塊が聞くとそういう風に捉えるのでしょうか?
    お互いが愛し合いすぎて2人がわかり合いすぎるために、逆に世間との分かり合えなさで2人の孤独を感じてる曲だと捉えました。

    返信
  3. 通りすがり

    ずっと彼女?が泣いていたり、ラストダンス、暗いニュースなどの単語から、ただ世間から疎外感を感じてるカップルには思えないな。

    返信
  4. 通りすがり

    jkと?あるいはjcかな。
    28歳当時に一回り下の子と同棲してたときに作った曲とか。
    ホントかね。
    だとすると気持ち悪いナルシスト野郎というよりかは頭がおかしいレベル。
    まあ、うそだと思いたいけどね。

    返信
  5. サチ

    この歌詞を何度も読み返してみると、同性愛者の切ない心情を想像してしまいます。暗いニュースが流れる前に…自分達が亡きあとの事をいってるようでなりません。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。