五月初一。(旧三月十八日)晴れて風甚冷なり。小説執筆。

五月廿五日。晴又陰。今日も亦老鶯の鳴くを聞く。扇骨木の花白し。晡下大石医院に徃く。帰途銀座にて女給愛子に出会ひ真砂屋にて夕飯を食してわかる。燈下小説執筆。深更驟雨あり。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-01-16 (月) 11:09:44 (69d)