十一月十七日。快晴風あり。近隣岨崖の霜葉甚佳し。昨夜深更車にて霊南阪を登る時銀杏の落葉道を蔽ふを見たり。松沢雪松?子依頼小波先生追悼の句をつくりて書す。拙劣我ながら見るを厭ふ。

極楽へ行人おくる花野かな

折からにさびしき風や後の月

昏暮風歇む。烏森の佃茂に行きて夕飯を食し、烏森境内の小待合真砂に往き黒沢おきみに逢ふ。去年十二月の初蛎殻町小待合近藤の帳場で始めて逢ひしなり。年廿五六。閨中?秘儀絶妙。而も欲心なく頗る廉価なり。元高嶋屋?百貨店売子なりしと云。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-01-20 (水) 05:26:47 (431d)