十一月初四。晴。高梨氏来話。晡下浅草への途すがら三ノ輪を過ぎたれば浄閑寺の境内に入りて見る。先年(昭和十二年夏)来り見し時よりも境内狭くなりしやうにしてその時見たりし角海老楼若紫の碑その他見えざる石もあり。されど本堂及び門はむかしのままにて空襲にも焼けざりが如し。歩みて浅草合羽橋に至り飯田屋に夕食を食す。

十一月初五。晴。夜浅草。花川戸香取に一酌す。酉の市前夜にて平日より賑なり。

十一月初六。陰。燈刻酉の市の賑ひを見歩き合羽橋飯田屋に飰す。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-01-24 (土) 19:17:30 (856d)