三月初四。晴。夜独市川駅前の闇市に飲む。既望の月昼の如し。

三月初五。日曜日。晴。写真師平賀氏画家東光寺氏来話。

三月初六。晴。午後佐藤氏巌谷氏来話。午後来訪者を避けむとして浅草に往きロック座に入るに読売新聞女記者あり新聞小説の執筆を強請す。煩累忍ぶべからず。悄然として燈刻家にかへる。独り静に食事する時門を叩きて新東宝社の社員某氏面談を求む。これまた煩累厭ふべきなり。

三月三十日。陰。時に微雨あり。午前佐藤氏小川氏来話。燈刻浅草。鈴木氏とその他とアリゾナ洋食店に飯す。帰途春月朦朧。

三月卅一日。晴。午後四時銀座千疋屋にて谷崎氏と会見の約あり。帰途新橋駅にて偶然もとロック座女優戸川まゆみに逢ふ。相携へて千疋屋に入る。谷崎君佐藤観氏と共にあり。一同導かれて江戸見坂下谷崎君の旅館に至り晩餐を馳走せらる。この旅館もと俳優片岡仁左衛門邸宅の跡なりといふ。快談十時に至る。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-01-29 (木) 17:31:37 (815d)