正月八日。日曜日。晴。暖。日やや長し。終日家にあり人来らず。バルビュスの小説『地獄(アンフエール)』を読む。

正月初九。晴。燈刻銀座。偶然万年堂主人に会ふ。浅草を過ぎて帰る。

正月十日。午前雨やがて雪となりしが須臾にして歇む。燈刻ロック座。帰途風烈し。

正月十一日。晴。燈刻浅草。サーカスを見て帰る。

正月十二日。晴。正月小川氏来話。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-01-29 (木) 17:22:05 (815d)