八月初一。旧七月七日。晴。旧稿整理。

八月初二。晴。午前高梨氏来話。『葛飾土産』草稿公附。午後沢田卓爾氏来話。哺下浅草。夜かへる。半月よし。

八月初三。晴。風涼し。

八月初四。晴。夜浅草アリゾナに飰す。連夜月佳(よし)。

八月初五。晴。炎暑殊に甚だし。

八月初六。晴。炎暑前日に劣らず。夜江戸川散歩月よし。

八月十日。晴。午前佐藤観氏来話。この日残暑酷烈。

八月十一日。晴。正午藤田氏高梨氏来話。哺下浅草。大都劇場大道具職人同盟罷業。共産党員跋扈のため劇場休業す。ロック座楽屋に少憩しアリゾナに夕餉を喫してかへる。

八月十二日。晴。涼風あり。午後島中鵬二氏来話。

八月十三日。晴。大都劇場今なほ赤旗の占領するところなれりといふ。

八月十四日。日曜日。晴。浅草言問橋花火。江戸川にもまた花火あり。昨夜は千住放水路にも花火ありしといふ。

八月十五日。晴。河出書房店員来話。阿部氏来話。

八月廿九日。晴。涼。門外路傍の藪垣に烏瓜の白き花星の如し。これ雑草の花の中にて余の愛するもの。夜浅草。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-11-21 (月) 07:25:34 (186d)