二月初一。日曜日。陰、井上氏来話。午後小岩。深更雨。

二月初二。晴また陰。午下市川駅前にて偶然もと浅草の踊子柳悦子といふものに遇ひバスにて共に東京駅に至り丸ノ内を歩み別れて帰る。

二月初三。陰。風寒し。燈刻凌霜子来話。共に海神の別墅に至り晩餐を饗せらる。九時過辞してかへる。

二月初四。晴。暖。午後銀座を歩む。千疋屋裏の喫茶店きゆうぺる十年前の如く営業し居れり。松坂屋前の露店中に古本屋の山崎また依然として古書を並べ居れり。立談して互に無事を賀す。尾張町の不二屋に少憩して後有楽町の駅より省線にてかへる。

二月初五。立春。午後小岩買物。

二月初六。晴。風甚寒し。ゾラのラテールをよむ。

二月初七。晴。午後浅草見物。仮小屋観音堂前に線香弐円御籤弐円以上との札を出したり。番僧にたのみて御籤を引くに第五十三吉。久因漸能安。雲書降印権。残花終結実。時亨禄自遷を得たり。二天門三社の堂宇焼けず淡島神社亦無事。三社の祠後に立てる京伝の机塚。中原耕張の筆塚。竹本津賀太夫の碑。並木五瓶の碑。浅草庵の碑皆恙し。九世団十郎の銅像所在を失す。六地蔵無事。弁天山鐘楼仮普請哀れなり。浅草橋より省線にてかへる。

二月初八。日曜日。晴。鷲津郁太郎露国に抑留せられ七年振にて帰国。書信あり。また下谷辺の知人より手紙にてうさぎ屋菓子店検挙されし由通知あり。午後小岩買物。燈刻小瀧氏来話。

二月初九。晴。午後新小岩漫歩。佐藤春夫氏及び吉田精一氏の余に関する著書一読。夜木戸氏来話。

二月十日 旧一月元日 晴。午前兜町永田氏来話。午後銀座買物。行人中の一割は洋兵なり。

二月十一日。晴。午後凌霜子と共に葛飾辺の梅花を探りしが花未開かず。一農家の庭に紅梅の少しく咲きかけたるのを見るのみ。海神の家に至りて晩餐を饗せらる。帰途雨に値ふ。

二月十二日。晴。微風嫋嫋。午後向嶋四木放水路漫歩。木版摺かたおもひ序文奥附等版下執筆。

二月十三日。晴。暖。午後小岩。

二月十四日。雨。午語鷲津郁太郎来話。莫斯科府附近の収容所に抑留せられゐたり。収容所以外に出る事能はず汽車の往復中も窓を密閉せらるゝため何物をも見ること能はず。但し食料は割合に好く巻煙草も毎日十四五本あり砂糖も与へられたり。露国人の或階級よりも生活は安全なりしが如し。露人の或家庭の如きは衣服に欠乏し寒中子供は外出すること脳はざるを以つて学校に行かざる程なりと云。

二月十五日 日曜日。晴。春風日に日に暖なり。午後小瀧氏カメラ携へて来りして銀座に行く。新橋の路地にて食事して後再び銀座を歩むに日は全く暮れたり。尾張町有楽橋辺に徘徊する街娼と洋兵の行動を視察し九時頃家にかへる。この日もと浅草オペラ館楽屋頭取長沢氏の書を得たり。駒形電車通に舞台用貸衣装屋を営むと云。

二月十六日。晴。暖又更に加はる。午後土州橋病院注射。人形町露店賑なり。小松川を過ぎてかへる。

二月十七日。晴。午後京成電車にて成田に至る。臼井佐倉を過る時水田の彼方に印旛沼を望む。丘陵松林行雲と共に其影を水上に浮ぶ。漁船また片々たり。停車場より明王堂に至るの間商店旅館櫛比す。旅館の中には三階建てのものもあり。不動尊の堂宇三門三層塔皆風致に乏し。参詣の人頗多し。余の初て成田に遊びしは明治三十二三年の頃なるべし。小波先生及び木曜会の諸子と共に或旅館に入り俳席を設け晩餐を喫して帰りしなりけり。されど今日一ツとして記憶に存するものなし。両国の停車場より汽車に乗りしか、或は上野より行きしか、その記憶だになし。省線停車場に至り見しが汽車容易に来らざる様子なれば再び京成電車に乗りてかへる。夜八時中村光夫氏来話。筑摩書房用事なり。

二月十八日。晴。風寒し。

二月十九日。晴。風寒し。午後人形町を歩み惣菜を買ふ。浜町河岸を歩み両国橋を渡り省線に乗りてかへる。大川端には瓦礫塵芥山をなせり。薬研堀辺仮小屋ところどころに建てるのみ。回向院焼跡には何物もなし。墓地も荒れたるまゝなれば京伝千蔭などの墓石も今はなきが如し。

二月二十日。晴。午前兜町永田氏来話。硯箱及び座布団恵贈。午後銀座。偶然凌霜子に会ひ西七丁目萬年堂樋口氏の喫茶店を訪ふ。茶菓子を供せらる。薄暮家にかへる。半輪の月よし。浅草某生の手紙に


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-02-19 (木) 18:19:26 (770d)