二月朔 天気晴和、晩間歌舞伎座に行き松莚子に逢ふ、此日初日なり、帰途太牙楼に憩ふ、邦枝大島岩谷(ママ)及び小唄幸兵衛なる者来る、

二月二日 好晴、晩間太牙楼に登り夕餉を食す、邦枝子来りて竹筆二管を贈らる、此日巌谷撫象氏某氏の女を娶りしと云ふ、

二月三日 久しく雨なし、此日又快晴、午後風あり砂塵甚し、晡時太牙に赴き夕餉を食して初更家に帰る、燈下抄書例の如し、

二月四日 曇る、夜邦枝子其他両三人と太牙楼に浅酌寒を銷す、此日節分なり、

二月五日 立春、朝来雪紛々、夜に入るも歇まず、雪中銀座に出で風月堂にて夕餉を食し、初更帰宅、柳北が日誌の註釈をなす、

二月六日 雪後快晴温和なり、富士見町湘南舎に赴き夕餉を食し、帰途太牙楼に憩ふ、

二月七日 此夜大正正帝大喪の儀行はると云ふ、今明二日鳴物停止の令出づ、此日好晴、午後邦枝氏来訪、山形ほてるに赴き晩餐を倶にす、夜半砲声頗なり、

二月九日  好晴、終日詩経を読む、黄昏銀座風月堂に夕餉を食す、旧新橋堂の主人野口氏?来り株式相場の景況を談ず、帰途太牙に憩ふ、中山豊三来る、

二月十日 正午巌谷三一氏来る、今朝より瓦斯暖炉点火せず家内火の気無く起き出ること能はず、褥中に在りしを以て如何はせんと困却する中巌谷氏去る、午後詩経を読むこと昨日の如し、山形ホテル食堂にて夕餉を食す、

二月十一日 快晴無事、

二月十二日 快晴、森田草平氏初を寄す、国民文庫刊行会の翻訳書のことについてなり、返書を贈る、正午中山豊三訪来りかど原稾催促の事ならむと思ひて会はず、午後家に在らばまたまた*訪問記者の来らむも図りがたしと思ひて銀𫝶に赴き、太牙楼上にて(わづか)に読書半日を消し得たり、帰途烏森某亭に夕餉を食し一浴す、

二月十三日 晴れて風寒し、正午小田内?生来る、午後太牙に赴き夕餉を食して直に帰宅、柳北の明治三年庚午日乗を写す、

二月十四日 快晴、余寒料峭、詩経を読むこと日課の如し、

二月十五日 午後微雨忽ち霽る、暴暖四月の如し、晩間太牙に赴き夕餉を食す、生田葵山曾てやまと新聞の記者なりし某氏と共に来り文壇二十年前のことを談ず、二更の後家に帰る、

二月十六日 春雨烟の如し、屋上の残雪始めて消ゆ、去二月五日に降りし雪此日まで残りしなり、晡時湘南亭に赴き夕餉を食し帰途銀座太牙楼に登る。体𩪍肥大なる老紳士余が卓子の傍に来りて名刺を示す、把りて此を見るに安東県南二条通浅岡次郎としるされたり、こゝに於て始て徃年神田一橋なる尋常中学校にて交りし人なることを思ひ出せり、日清戦争起りし頃のことなれば正に三十余年を経たり、浅岡氏は予の米国に遊びし頃同じく彼の地に赴き艱難辛苦を積みアラスカなぞへも度々行きしことありと云ふ、今は鴨緑江の水先案内を業とす、冬より春の末まで河水凍りて舟楫(しゅうしゅう)の便なき故冬季は年々東京に来りて閑散の日を送るなりと、此夜浅岡氏二人の青年を伴ひたり、一人はその令弟にて外務省に勤務すと云ふ、他の一人は西班牙に在りし事七八年彼の地の文藝演劇に精通し、同じく外務省に奉職すと云ふ、挙止温籍にして礼節あり、内地文壇の文士の如く野卑ならず、快談夜のふくるを忘る、浅岡氏帰途柳橋の酒亭に赴かむとて余を誘ひしかど辞して帰りぬ、

二月十七日 寒風終日吹きつゞきぬ、詩経国風邶読了、

二月十八日 晴、晩間太牙に抵りて夕餉を食す、岡野?大槻?平岡の三画人松本?福田?の二文士に逢ふ、

二月十九日 晴、夜太牙にて邦枝日高生田大島等に逢ふ、帰途邦枝子中央公論寄稿の事を談ず、夜半雨、

二月二十日 隂、夜太牙にて松本㤗依頼の序を草す、

二月廿一日 午後微雪須臾にして歇む、晩間風月堂にて独り夕餉を食し、酒肆太牙に立寄り中央公論編輯員嶋中氏に面談す、邦枝氏亦倶に在り、夜半家に帰る、雨に値ふ、

二月廿二日 雪午後に至つて歇む、終日執筆、

二月廿三日 降雪の後は暖きが常なるに此日晴れたれど寒気卻て雪中よりも甚し、湘南亭に夕餉を食す、

二月廿四日 夜太牙にて邦枝福田?松本?大島岩谷?の諸氏と飲む、此日曇りて寒し、

二月廿五日 午後関君来訪、拙著校正および年表ことを託す、倶に銀𫝶に出て太牙に憩ふ、帰途雨に値ふ、

二月廿六日 隂晴定まらず、晡時散歩、神楽坂田原屋に夕餉を食す、鄰席に太陽?記者長谷川某、雑誌随筆記者某の二人あり、曾て余の家を訪ひ、余の面会せざりしを根に持ち、酔に乗じて喧嘩を吹きかけんとする勢なり、倉皇として逃れ去つて銀𫝶に赴きまた太牙に憩ふ、日高邦枝生田大島岩村?〔和雄〕河原崎?来り会す、

二月廿七日 草稿を中央公論記者島中氏の許に送る、晡時散歩、太牙に飰して家に帰る、燈下詩経鄘風を読む、此日晴れて風寒し、

二月廿八日 快晴、晡時太牙を過る、偶然新橋の老妓阿広に逢ふ、黄昏車を倩ひ松莚子の約に赴く、来る者池田川尻の三子なり、松莚子蜀山人旧蔵の享保北里細見両巴巵言を得たりとて之を示さる、款語三更に至る、〔松莚子三月中駿府名古屋辺興行二日頃発程の由〕


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-01-30 (月) 02:49:43 (53d)