五月廿七日。雨ふる。此頃鼠の荒れ廻ること甚し。昼の中も台所に出で洗濯シヤボンを引行く程なり。雀の子も軒にあつまり居て洗流しの米粒捨てるを待てるが如し。むかしは野良猫いつも物置小屋の屋根の上に眠り折々庭の上に糞をなし行きしがいつよりともなく其姿を見ぬやうになりぬ。東亜共栄圏内に生息する鳥獣飢餓の惨状亦憫むべし。燕よ。秋を待たで速(すみやか)に帰れ。雁よ。秋来るとも今年は共栄圏内に来る莫れ。*


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-01-10 (土) 16:58:30 (895d)