昭和十六(一九四二)年

昭和十六年辛巳正月起稿

荷風散人年六拾三


正月一日。旧十二月四日 風なく晴れてあたたかなり。炭もガスも乏しければ湯湯婆を抱き寝床の中に一日をおくりぬ。昼は昨夜金兵衛の主人より貰ひたる餅を焼き夕は麵麭と林檎とに飢をしのぐ。思へば四畳半の女中部屋に自炊のくらしをなしてより早くも四年の歳月を過ごしたり。始は物好きにてなせし事なれど去年の秋ごろより軍人政府の専横一層甚だしく世の中遂に一変せし今日になりて見れば、むさくるしくまた不便なる自炊の生活その折々の感慨に適応し今はなかなか改めがたきまで嬉しき心地のせらるる事多くなり行けり。時雨ふる夕、古下駄のゆるみし鼻緒切れはせぬかと気遣ひながら崖道づたひ谷町の横丁に行き葱醤油など買うて帰る折など、何とも言へぬ思のすることあり。哀愁の美感に酔ふことあり。かくのごとき心の自由空想の自由のみはいかに暴虐なる政府の権力とてもこれを束縛すること能はず。人の命のあるかぎり自由は滅びざるなり。

一月十日。陰。午後南総隠士来話。昏暮小野すみといふ婦人来話。旧臘北越糸魚川より小説の草稿を送り来りしものなり。在京中は故大槻如電の孫某氏の家心やすき由にて厄介になれるなりといふ。南総氏と共に銀座に(はん)して浅草に至る。雨降り来りしが帰るころには雲間に月を見たり。南風吹きて暖なり。深夜遺書をしたためて従弟杵屋五艘の許に送る。左の如し。

一拙老死去の節ハ従弟大嶋加寿夫子孫ノ中適当ナル者ヲ選ミ拙者ノ家督ヲ相続セシムルコト。ソノ手続ソノ他万事ハ従弟大嶋加寿夫ニ一任可致(いたすべし)事。

一拙老死去ノ節葬式執行不致候。
一墓石建立致スマジキ事。
一拙老生前所持ノ動産不動産ノ処分ハ左ノ如シ。
一遺産ハ何処ヘモ寄付スルコト無用也。
一蔵書画ハ売却スベシ。図書館等ヘハ寄付スベカラズ。
一住宅ハ取壊スベシ。
一住宅取払後麻布市市兵衛町一ノ六地面ノ処分ハ大嶋加寿夫ノ任意タルベキ事。

西暦千九百四十年十二月廿五日夜半認之(これをしたたむ)
日本昭和十五年十二月廿五日
荷風散人永井荘吉
従弟 杵屋五艘事
大嶋加寿不殿

一月十六日。晴れ。北風吹すさみて寒し。ドーデの『ロベール・エルモン寂しき人の日記』 {戦争/日記} をよむ。仏蘭西国民の北狄に侵略せらるることもこの度の惨禍を思へば免れがたき宿命といふべきにや。

一月十七日。晴れ。今日は風やみて暖なり。晡時南総子来話。金兵衛に飰して共に浅草に至る。流行歌芸人和気某らと森永に少憩してかへる。

一月廿三日。陰晴不定風暖なり。昏暮(こんぼ)土州橋より浅草に徃く。池ノ端揚出しに飰す。

一月廿四日。くもりて夜雨。

一月廿五日。暮方より空くもりて風(にわか)にさむし。やがて雪ならん()。人の噂にこの頃東京市中いづこの家にても米屋に米すくなく、一度に五升より多くは売らぬゆゑ人数多き家にては毎日のやうに米屋に米買ひに行く由なり。パンもまた朝の中一、二時間にていづこの店も売切れとなり、饂飩も同じく手に入りがたしといふ。政府はこの窮状にもかかはらず独逸の手先となり米国と砲火を交へむとす。笑ふべくまた憂ふべきなり。白米不足の原因はこれを独逸に輸出するためなりといふ。独逸人は白米をかしぎへうはく糊となし麻布製の飛行機の翼に塗るなりといふ。

一月廿六日。 {日曜/日} 晴天。底冷する日なり。午後町会の爺会費を集めに来りて言ふ。三月よりも白米も切符制となるはずにて目下その仕度中なり。労働者は一日一人につき二合九勺普通の人は二合半。女は二合の割当なるべしと。むかし捨扶持二合半と言ひしことも思合はされて哀れなり。夜物買ひにと銀座に行く。日曜日の人出おびただしきが中に法華宗の題目かきたる(のぼり)二、三流押立てて人中を歩み行くものあり。怪しき愛国者なるべし。蜀山人の随筆 {名は忘/れたり} に和蘭陀と法華宗とは将来我国に害あるものなりと言ひしことも思合さるるなり。

一月廿七日。晴れて風しずかなり。午後土州橋に徃きて健康診断を乞ふ。血圧別状なしとなり。日はなほ傾かずかつまた今日は陰暦の正月元日なれば急ぎて浅草金龍山?に至る。去年秋ころより観音堂の御籤ひきたしと思ひながら、いつも日の短くて、ここに来る時は堂の扉とざされし後なり。今日も既に四時過となりしが夕陽あきらかにして、鳩の豆売る婆四、五人、露台をかたづけ初めしのみ。豆も米もここは不自由せざるが如く鳩は皆胸をふくらませ鳴きつつ(ねぐら)につかむとせり。国民は飢るとも鳩の餌に飽けるは大慈大悲の恵なるべし。堂に上りて御籤をひくに 第九十二吉を得たり。左にしるすが如し。

第九十二吉

自幼常為旅 {いとけなきよりたびを/なすとは住所もかはるべし}
逢春駿馬驕 {はるはゆめにむまを見てさへよろししゆん/めをえなばなほよろしきことあるべし}
前程宜進歩 {いづかたへゆきても心の/まゝなるべし}
得葥降青霄 {矢はまつすぐにあたるときはえものあるべ/し店より吉事来るべし}

〇ぐわんもう叶ふべし〇病人本ぶくす〇うせおのいづる〇まち人きたる
〇やづくり引越よし〇たびだちよし〇よめとりむこ取り人をかゝへるよし


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-01-12 (月) 22:11:23 (803d)