六月初一。(旧五月)晴。常磐木の落葉紛〻たり。の花香し。晩間銀座食堂に飰して後きゆうぺるに少憩してかへる。

六月初二。快晴。薫風習々たり。午後佐藤春夫野田書房主人と共に来る。余が旧作雨瀟々を出版したしといふなり。夜きゆうぺるにて京屋の児玉?氏より金参百八拾参円四銭小切手受納。
〔朱書〕野田誠三 牛込区柳町二十四番地

六月三日道源寺坂は一兵衛町一丁目住友の屋敷の横手より谷町電車通へ出づる間道にあり。坂の上に道源寺。坂の下に西光寺といふ寺あり。この二件の寺の墓地は互いに相接す。西光寺墓地の生垣は柾木にてその間に忍冬の蔓からみて茂りたり。五、六月の交忍冬の蔓には白き花さき甘き薫りを放つ。花の形は図に書けるが如し。この日くもりて風涼し。朝の中銀座一丁目川崎銀行に往く。途中水木京太に逢ふ。

六月四日。朝の中より小雨音もなくしめやかに降りて歇まず。谷崎氏その著攝陽随筆を贈らる。午後山田一夫岡倉書店店主を伴ひて来り訪はる。山田君友人著するところの情死論の草稿を示さる。夜銀座食堂に飰して後茶店きゆぺるに少憩してかへる。雨()る。

六月五日快晴。丁字葛の花馥郁たり。隣家の柚子の花また好く匂ふ。古書肆弘文荘広告目次を見てアーネストサトウの日本滞在記A Diplomat in Japanを購ふ(金十八円也)

A Diplomat in Japan:(The Inner History of Japan's Critical Years when the ports were opened.Recorded by a diplomatist who took an Active parat in the events of the time with an account of his personal experiences)by the Right Hon.Sir Ernest Satow.British minister at Peking 1900-05;Formerly Secretary to the British Legation at Tokio.London,Seeley.Service and Co.1921.

書中徳川慶喜烏帽子直垂の写真其他珍しきもの多し

六月六日晴。読書半日。暮るゝを待ちて銀座に往き竹葉亭に飰し茶店きゆうぺるに少憩してかへる。

六月七日陰。晡下美代子来る。

六月八日晴。晡下楠荘三郎?氏(大沼枕山孫女の良人)来り訪はる。枕山所蔵の文書其他遺品は上野芋阪長善寺に保存せられしが今はいかゞなりしや詳ならずと云ふ。
[欄外朱書]野崎左文没名城雄行年不詳

六月九日快晴。朝森銑三君来訪。其著近世文芸研究を贈らる。午後読書。黄昏銀座通モナミに飰す。三田稲門両学の書生各隊をなし泥酔放歌やゝもすれば闘争せんとす。巡査町の辻〻に立ちて非常を戒しむ。新橋〻上にて偶然吉井君に逢ふ。独り芝口の金兵衛に少憩してかへる。(日曜日)
[朱書]森銑三本郷五丁目廿三番地

氏の談に鈴木白藤の随筆夢蕉?勝伯爵家の文庫に蔵せらる。古賀精里の文書及知友の尺牘慶応義塾図書館に在り。維新前後漢文板本の彫刻師木村嘉平は今猶生存せり。云〻

六月十日晴れて暑し。燈刻尾張町竹葉亭に飰す。

六月十一日晴。午後雷鳴また地震あり。

六月十二日晴。水上氏其の新著倫動の宿一巻を贈らる。夜に入りて風俄に寒し。

六月十三日。晴。終日アーネスト、サトウ維新見聞記を読む。

六月十四日。晴。

六月十五日。晴。

六月十六日。晴。日暮銀座に往き不二あいすに飰す。キユペルの諸氏と金兵衛に立ち寄りてかへる。

英国外交官アーネストサトウの維新外交史は幕末維新のことを知らむとするもの必一読せざるべからざる良書なり。日本人の著述には見ること能はざる秘事多きのみならず、その観察飽くまで公平にしてその記事極めて率直なれば、読み行く中に時代の変遷するさま、さながら大河の岸に立ちて流れ行く水を見るが如き思ひをなさしむ。これ邦人の著書に就いては決して見ること能はざるものなり。維新の変革を記述したる邦人の著書には必悲憤慷慨の文字多く挿入せられ、薩長志士の行動を無理無体に称揚し、これを英雄として崇拝せしめむとするに過ぎず。これに反して西洋人の文には褊狭なる道徳的判断少く、事実をそのまま忠実に記載する事を主となすを以て、読後の印象甚鮮明にして、感慨もまたかへつて申告なるものあるなり。余は明治維新の史伝に就いて邦人の著したるものにては、岡千仞尊攘紀事田口鼎軒日本開化小史とを以て、最公平無私の良書となすなり。

六月十七日。晴れて俄にあつし。

六月十八日。晴。朝来南風烈しく暑気盛夏の如し。ハアンの小説ユーマ(Youma)をよむ。

六月十九日。晴又陰。隣家の卯の花開く。午後堀口大学氏来訪。溽暑昨の如し。燈刻(七時過)銀座通藻波に飰す。
[朱書]中山楠雄向嶋寺島町五丁目十五番地

去年ごろより銀座新橋近くの道路を掃除する男あり。黒の山高帽をかぶりモーニングを着し腕に帝都美化普及会とか書きし布を巻き箒とブリキ製のちり取りを持ち商店の店先歩道橋上など通行人の捨行く紙屑バナヽの皮などを掃くなり。年の頃は四十前後容貌はさして獰悪ならず、商店の間口を掃除しても金銭を強請するようなことはなしとのことなり。[此間一行弱抹消。以下行補]現代流行の愛国狂なるべし[以上補]〇カフェー喫茶店等へ出入りする花売ハンケチ売の如き乞食今年になりて次第に多くなりたり。子供を連れたる朝鮮の女殊に多しと云ふ。 *

六月二十日くもりて風涼し。朝の中土州橋病院に往く。不在中川瀬巴水氏来り訪はれしと云ふ。夜銀座に往く。十時過出雲町角襟治隣り玩具屋より出火三軒ばかり焼けたり。

六月廿一日曉明地震あり。晡下また強震燈刻より大に雨ふる。銀座通松喜食堂に飰す。

六月廿二日。晴。薄暮芝口の芳中に飰しきゆぺるに小憩してかへる。土曜日にて銀座通り雑遝甚し。

六月廿三日。陰(この日日曜日)庭の枇杷熟す。

六月廿四日。午後雨滝の如し。晩間渡辺生と根岸の某亭に飲む。帰途新橋きゆうぺるに一茶す。雨歇みしが家に到るころまた振り出しぬ。

六月廿五日。陰晴定まらず風涼し。正午三菱銀行に往く。虎之門また桜田本郷町四辻に巡査二、三十人ヅヽ辻の四方に立ちて警戒するを見たり。二重橋下を過るにこゝにも巡査五六人づゝ芝生の彼方此方に立ち警部らしき者も二、三人徘徊したり。馬場先近き歩道の上に白衣を着たる法華宗の信者七、八人団扇太鼓を叩き二十橋の方に向かいて読経す。かくの如き光景は今日のみならず二、三年来折〻見るところなり。〔この間半行抹消〕帰宅後俄に腹痛下痢を催したれば懐炉を抱き臥床に横りてハアン熱帯紀聞Contes des Tropiques?を読む。

六月廿六日。晴。この夜十時より十一時半まで点燈を禁じられる。

六月廿七日。曇りて風冷なり。四月頃種蒔きたる鳳仙花に花をつけたり。虎耳草丁字葛の花は既に無し。夜杏花邸招飲。

六月廿八日。陰。南風烈しく溽暑甚し。中央公論島中氏手紙にて原稿を徴せらる。終日ハアンの作を読む。燈刻尾張町竹葉亭に飰しきゆぺるに立寄りてかへる。隣家の石榴花ひらく。

六月廿九日。南風歇まず溽蒸いよ/\甚し。京都加茂川氾濫被害多しと云ふ。

六月三十日。溽暑忍ぶ可らず。腹痛就床。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-08-08 (月) 15:16:01 (230d)