二月初一。舊十二月廿八日 晴又陰。暮れがた美代子來りし故共に銀座に逝き、穩[「穩」はママ]行家に飰す。この店震災前には名高かりしが、此夜久しぶりにて行きて見しに二階には客一人もなく火の氣乏しく、さながら空家にて物食ふが如き心地なり。この頃銀座邊の飲食店は大小善悪の別なく繁盛するに、この店ばかり不景氣なるは氣の毒の至なり。都て震災前繁盛したりし店は今日は大柢衰微せり。風月堂の如きも晩方には殆客なし。時勢の推移まことに是非もなき事なり。

二月二日。陰。午後佐藤春夫氏門人某を伴ひ来り訪はる。日本橋と題する雑誌のことにつきてなり。黄昏銀座竹葉亭に飰し茶店亜凡を過ぐ。竹下広瀬高橋の三氏に逢ふ。蕎麦屋よし田に小憩してかへる。

二月初三。前夜の微雨いつか雪となる。午後に至って歇む。終日困臥為すことなし。燈刻銀座に行き銀座食堂に飰す。三越百貨店に入り日の丸の旗竹竿つき一円六十銭を購ふ。余大久保の家を売りてより今日に至るまでいかなる日にも旗を出せし事なく、また角松立てし事もなし。されど近年余の有様を見るに〔此間約三字切取、約十字抹消〕祭日に旗出さぬ家には壮士来りて暴行をなす由屡耳にするところなり。依って万一の用意にとて旗を買ふことになせしなり。余はまた二十年来フロツコートを着たることなし。礼服を着用せざる可からざる処へは病と称して赴くことなかりしなり。余は慶応義塾教授の職を辞したる後は公人にあらず、世を捨てたる人なれば、礼服を着る必要はなきわけなり。されどこれも余の有様を見るに、わが思ふところとは全く反対なれば残念ながら世俗に従ふに若かずと思ひ、去年銀座の洋服店にてモーニングコートを新調せしめたり。代金九十余円なり。
〔朱書〕金鞍一栄 横浜市中区海岸通日本郵船会社
〔朱書〕日本橋研究会 蠣殻町四丁目十九番地

二月四日。晴。微邪。終日困臥。薄暮美代子来る。

二月五日。立春。雪解の点滴終日絶えず。曇りし空晩に晴る。銀座風月堂に晩餐を食す。喫茶亜凡に立寄りしが知る人在らざれば直にかへる。

 篠本竹堂蒲焼の文

嘗梁彌三及弟為貴納涼夜帰、道有蒲炙之店、燈明如昼、燈下一人盤座宰鰻、其技甚熱、観者如堵、籃鰻坐右、信手乱捕、釘首于版、脊向外、腹向内、右手進刀在鰓、左手陪其刀、以横行刀一行、全肉分為二片、二片之交、皮欲断不断、其不断之者、以便炙也、刀第二行去骨、骨乃迎刀巻起、超然遠遁、乃切肉而整頓之、収之左隅、陸続相次、終而復始、瞬目之間、肉積丘如、大率前肉未収、後魚已在手、鰻之在手、黏乎不動、其在版、貼乎亦不動、非不動也、不暇動也、而至劇之間餘閑不忙、時〻顧傍人、且語且為、気息平夷、如未嘗経其心者、總之手与鰻約、鰻与刀謀、刀刃手鰻、相遂於一版三尺之際、離而不離、著而不著、其閃動為容者、斜正必有常勢、觸而為声者、急緩必有節奏、秩然不断、斉然不差、桑林之舞、経首之会、亦可以言也、嘗以為包丁之技、亦徒寓言耳、何料在今日、目下忽見之、退之云、千里馬常有、其不然乎、都城之大、業此者多矣、其技相若者、顧亦不少也、我所視者在両国橋西、
包人平三嘗為吾言焼鰻訣、曰人曰鰻鱺、鰻鱺言爾、鰻鱺豈一哉、其為品甚多、好否之差、相去天壤、故其要在択之、択之之法、頭小而腹豊、其色葱緑、緑愈淡愈佳、而臍在半身以上者、是為最品、如此者則肉柔皮脆、其之入口、迎牙而解、有焄蒿而無腥気、其炙之之法、壺罇満盛醤汁、汁中投味噌一塊為好、及味緩而不峻、色潤而不乾也、切肉欲小、串之欲小、皆不得斜欹不正、作串字様、乃是、先扇火赫赫、乃排列火上、扇仍不停手、候肉縮色白、連串醮于壺中、而再火之、一醮一火、火醮得宜、及作蒲黄色、此為極候、但最末一節、醮而不火、此為訣之最要、其上口也、能及未凔未乾、則妙不可言、其然後能事畢矣、丙寅初秋録、言沙猥褻可刪可刪、

荷風曰。鰻を裂きて之を焼く状景説き尽くして余す所なし。この文を読めば鰻屋が掌にて渋団扇をパタ/\叩く響をきくが如く覚えず人をして垂涎せしむるものあり。されど今日にては鰻屋の店先を通るも渋団扇の音を聞くことなし。

二月六日。快晴。西北の風吹き荒れて寒し。去年末東京日〻新聞職業案内欄に家政婦の口を求むる者ありたれば、面談の上雇入るべし由返事せしに(尤も先方は姓名住所を記さず牛込郵便局留置となしたり)二三日前左の如き艶しき手紙を送り来りぬ。

………四五日外出致し兼ますので誠に申訳ありませんが来六日午後六時須田町三好野前まで出向きお待ちいたして居りますが重ね/\の我まヽ勝手でありますが弱き女性の為お助け下さると御思召下されまして当日お越し下さい御願ひいたしたう存じますが何共申訳御座いません詳しきお咄しはお目もじの上篤と御相談になって頂きたう存じますが幸にしてお縁がありますればお逢ひ出来る事と存じます当日楽しみに致して居りますどうぞ手前勝手の我まヽお許し下さいませ薄幸の私に強き救ひの手を神に祈って居りますお寒さの折柄御身御大切に遊されませかしこ 金井

好奇の心に駆られ其時間に万世橋停車場側なる汁粉屋三好野の店先まで行き、三十分近く待ち居たりしかど、それらしき女の姿も見えず、吹きすさむ北風のあまりに寒ければ、地下鉄道ストアに入りやがて銀座に出で竹葉亭にて夕餉を食し、黒麵麭など購ひて家にかへりぬ。三日月の影箪笥町の崖上なる樹木の上に懸りて風の音物すごきばかりなり。

二月七日。昨夜余寒凛冽。残雪猶解けず。風また強し。夜まさご屋に飰す。

二月八日。晴れて寒気甚し。終日辱中に在りて其角花摘其他を読む。燈刻尾張町竹葉亭に飰して亜凡に憩ふ。広瀬女史在り。某書店発行芭蕉全集編集の事に与れりと云ふ。

二月九日。快晴。寒気昨日に比すれば稍寛なり。午後土州橋の病院に至る。大石君亡後厚木学士患者を診察す。帰途上野松坂屋古本売立の市を見る。広小路点燈頃の雑沓銀座通に劣らず。手相判断また売薬の商人当世風の演舌をなすさま浅草公園の如し。銀座食堂に飰して帰る。

二月十日。(日曜日)春雨霏霏先生の妄人妄語を読む。燈刻雨歇みて暴に暖なり。不二氷菓店に飰して亜凡に憩ふ。竹下高橋広瀬の三子に逢ふ。帰途月おぼろなり。道源寺の犬余の跫音をきヽつけ従ひ来りし故バタとパンを与ふ。即興の句を得たり。

()れて 起きでる犬や 春の月

二月十一日。くもりて暖なり。晡下美代子来る。倶に銀座竹葉亭に往き晩餐をなす。

二月十二日。雪まじりの雨夜に入りて()る。先夜、銀座の夜店にて購ひし文芸倶楽部増刊号東京(明治三十五年)所載雪中庵雀志が江戸の俳諧といふ文をよむ。余二十二三歳の頃三宅青軒に従ひ虎の門外堀端に在りし久保田米僊の邸に赴き、俳句の運座に列し時、始めて雀志宗匠に面したることありき。今日雀志の文をよめば学ぶところ尠なしとせず。杉風の紀行別冊に写し置きぬ。

二月十三日。晴。帚葉子書あり。晡下散策。九段上平安堂?にて細筆数枝を購ひ銀座に飰してかへる。雨に逢ふ。

二月十四日。晴。春日漸く暖なり。午睡例の如し。日の没するを待って銀座に行き松喜に飰してかへる。燈下執筆二三枚にして歇む。不在中阪井清氏来訪。

二月十五日。晴。午後笄阜子来訪。夜銀座にて竹下広瀬神代の三子に逢ふ。春月朦朧。

二月十六日。晴また陰。夜ふけて雨。

二月十七日。乍晴乍陰。夜銀座藻波に飰す。(此日日曜日)

二月十八日。晴又陰。

二月十九日。晴。春風日に/\暖なり。初めて語を聞く。夜銀座に往き竹下安藤広瀬歌川の諸氏に逢ふ。
〔欄外朱書〕虎ノ門内旧俄国大使館の建物取壊となる

二月二十日。晴。夜に入りて風甚寒し。銀座にて酒泉杉野神代高橋の三子に逢ふ。

二月廿一日。晴。晩間銀座に往く。高橋氏と松喜に飰す。

二月廿二日。午後より雨降り出して夜に入ります/\甚し。午後三菱銀行に行く。偶然瓜生氏に逢ふ。曾て三田文科の学生なり。後澤村宗十郎の弟子となり澤村遮莫といふ。土州橋の病院に至り薬を請ひてかへる。

二月廿三日。晴。烈風歇まず。春寒料峭たり。去冬以後の草槀を整理し冬の蠅と題して出版せんと欲す。

二月廿四日。晴(日曜日)

二月廿五日。晴。夜銀座亜凡にて竹下田嶋小出?神代酒泉の諸氏に逢ふ。風暖なり。

二月廿六日。春雨霏〻。隣家の梅雪の如し。

 冬の蠅自序

憎まれてながらへる人冬の蠅といふ晋子が句をおもひ浮かべてこの書に名つく。若しその心を問ふ人あらば載するところの文、昭和九年の冬よりあくる年もいまだ立春にいたらざる時つくりしもの多ければと答へんのみ。亦何をか言はむ。老いて/\憎まるゝ身なれば

   荷風散人

二月廿七日。陰。午後写真版製作商井澤の工場(日本橋槇町)に赴きしが事弁せず、空しくかへる。夜暖にして雨静なり。燈下執筆。

 近年埋立てられし市中の溝渠

京橋区内

 木挽町浅蜊河岸(震災前早く埋立となる)

 新富町旧新富座裏の溝渠

 明石町中央の溝渠(見当橋かゝりし川)

日本橋区内

 旧米沢町河岸の溝(元柳はしかゝりし處震災前埋立)

浅草区内(及下谷区内)

 浅草新堀 御徒町忍川

 鳥越川(天王橋かゝりし處)

〔此間一行抹消〕

 橋場おもひ川(新崎稲荷の南)

 吉原鉄漿溝

 千束町平野前の石橋(小松橋)

本郷区内

 根津藍染川

牛込区内

 市ヶ谷富久町饅頭谷の細流(市ヶ谷八幡)

 弁天町辺の細流(早稲田鶴巻町山吹町古川町を流れて江戸川に入る)

 早稲田田圃を貫き江戸川に入る小流

四谷新宿辺

 新宿御園外上水堀

 千駄ヶ谷水車在りし處

小石川区内

 小石川(植物園門前の小川)

 柳町指谷町辺の溝

 竹島町の人参川(音羽久世山下の細流音羽町西側関口に沿ひて別の細流れあり弦巻川と云)

芝区内

 桜川(宇多川) 芝橋かゝりし處入堀(震災前埋立)

麻布区内

 笄橋かゝりし處

赤阪区内

 溜池

 桐畑の小川

本所区内

 梅堀(御蔵橋かゝりし處) 駒留橋かゝりし處

 南北の割下水

砂町

 元〆川

 境川(おんぼう堀)

〔欄外朱書〕八丁堀地蔵橋の辺 〔欄外朱書〕深川区内黒江町黒江橋の辺 *

二月廿八日。晴。落梅梅の如し。薄暮まさご屋に飰す。米子かをる?来る。奇談あり
〔欄外朱書〕文学博士坪内雄蔵没年七十七


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-04-23 (木) 08:38:16 (707d)