昭和十年歳次乙亥正月起筆

荷風散人年五十又七


正月一日。雨()れて一天拭ふが如く暖気四月に似たり。三時過雑司ヶ墓地に往き先考の墓を拝す。墓地を出るに三ノ輪行の電車線路に行当りたれば、来合はす電車に乗る。尾久停車場近くに大いなる神社あり。参詣の人雑遝せり。三ノ輪終点より日本堤を歩み、吉原を通り抜け、市電龍泉寺町停留所前に出ず。大音寺をたづねて境内に入るに子安地蔵尊及安政震災遊女供養の碑あり。電車にて新橋に至り金兵衛に入りて夕餉を食す。内儀出で来り屠蘇をすすむること去年の春の如し。初更家に帰る。この日早朝余の睡眠中鷲津郁太郎年賀の名刺を留めて去れり。
〔欄外朱書〕旧十一月廿六日。

正月二日。昨来暖気例ならず。今朝も火の気なき書斎の寒暑計を見るに華氏六十八度を示したり。名古屋の安藤汲古?第六巻を贈らる。午後旧稿を添削す。昏暮銀座に至り不二氷菓店に夕餉を食す。大入にて空席殆なし。真砂屋に立ち寄りて帰る。

元日やひそかに拝む父の墓

行くところなき身の春や墓詣

門締めて寐るだけ寐たりけさの春

若水にまづ粉薬をのむ身かな

初夢を見よと物食ふ寐しな哉

正月三日。晴れてあたゝかなり。カルコの小説Mémoires d'une autre vieを讀む。燈刻銀座に往き竹葉亭に飰す。本年三個日とも銀座通の雑遝去年よりも甚し。浅草公園の人出もおびたゞしき由なり。東京の人口激增したる故ならん歟。茶店亜凡にて歌川高橋の二氏に逢ふ。
〔朱書〕鷲津郁太郎 田園調布三ノ三七八
〔朱書〕澤田卓爾 小石川雑司谷町三十四番地
〔朱書〕阪井清 神戸須磨區寺畑町三番地

正月四日。今日も晴れてあたゝかなり。眠を貪つて午後に覺む。書齋の塵を掃ひ終りて煙草のめば日は早くもなり。晩間銀座食堂に飰して後亜凡に至るに安藤竹下万本樋田歌川杉野の諸氏あり。三更家に還る。

正月五日。くもりて西北の風強し。正午起き出でゝ舊稿を刪定す。晡下渡邊春子來る。車にて雷門に至り鳥屋金田にて夕餉をなす。向嶋の連込宿夢香莊?といふ家スチームを引きありて暖なりといふ事、兼ねて聞きたれば、車を(やと)うて行く。言問橋をわたり土手を越れば一筋の廣き道あり。三階建の連込宿こゝかしこに電燈を輝したるさま大森海岸の色町に似たり。十一時頃歸る。春子といふ女年二十三四なるべし。十七八の頃活動役者岡田利彦の情婦となり一時同居せし事あり。利彦は××××××のみにて正しき交接をなさず。この習慣つきし爲春子は今だにまともの交接にては快感をおぼえず、××××られる事を望む由當人の述懐なり。昔の人のはなしに狐の美男に化けて女をたぶらかす時は必ず××××××と云ふ蜀山人壬申掌記にもこの事あり。左に抄録す。

武藏國神奈川の在鄕に關宿といふ所あり。此村に寡婦あり。あるとき隣家の男途中にて戯言をいひて、あすの夜はよばひわたらんなどいふ。女は誠と思いしが男はたゞ一時のたはぶれごとなりしを、狐きゝて、つぎの夜隣の男となりてしのびて行けり。女まことゝ思ひてあひしに、それより夜ごとにかよひけり。(畧)さても狐にあひしはいかなる様にやと寡婦にとひしに、房中の味美なる事人の及ぶ所にあらず。狐にもあれ今一たびあはまほしといふ。又驗者をしてよりを立てしめ、狐をせめていかなれば人の婦を犯して金をも取りしといふに、狐は人を犯す事なし、唯口をもてねぶる也といへり。金はかのつかふものゝ爲に取りてやりぬといふ。かの男の名は常右衛門といひしよし。師走五日府中にて間宮氏のまのあたり關宿のものに聞きしとて語りしまゝこゝに書きつく。清人の說部の一條を補ふべし十二月六日記

美童岡田は狐の化身なりしにや。さてまたこの春子の時折逢ふことを樂しみとする男には、前田男爵あり、画工×××あり。×××しかたにも色々秘術ありと云ふ。

正月六日。快晴風しづまりてまた暖なり。午後日高君來訪。また五叟氏來訪。この日神田邊の古本屋なりとて電話をかけ來りしものあり。その言ふ所を聞くに先生が紐育にて蒐集したりしオペラ?脚本の綴込本二冊の中一冊を手に入れたり 大正七年大久保引拂の際賣却せしものなり 若し買戻しの御心あらば早速御送りいたすべしとなり。その價を聞くに金八拾圓なりといふ。そんな高價な古本は用なしとてそのまゝ止めにしたり。夕餉をなさんとて銀座に行くに人出おびたゞしく百貨店の入口あたりは押返さるゝるほどなり。竹葉亭に飰し京橋より電車にてかへる此日日曜日
[欄外朱書]錦城齋典山六日夜半没年七十二

正月七日。晴。初めて氷を見る。終日困臥。夜茶店亜盆にて竹下安藤万本の三氏に逢ふ。

正月八日。晴。燈刻平山生来訪。刻煙草を贈らる。風月堂に飰す。燈下執筆四更に至る。

正月九日快晴。気味悪き暖さなり。甘寝午に及ぶ。晡下大石医院に往き電車にて亀戸に至り私娼窟を歩む。柳島よりまた電車にて銀座に來り竹葉亭に夕餉を食す。帰宅の後Christian Sénéchal: Les Grands courants de la littérature française contemporaineを読む。
〔欄外朱書〕川崎町赤痢流行

正月十日。寒雨霏〻たり。夜真砂屋に往きて夕餉を食す。帰途雨歇みて風暖なり。大曲駒村新年の句を寄せられし故葉書にて

松とりて貧しきもとのくゞりか哉

松過ぎてわれにかへりし心かな

正月十一日。快晴。寒中とは思はれぬ暖気なり。昭和七年の正月あたゝかなりしこと(さなが)ら今年の如し。二月はじめ柴又に遊びし時梅花の開きたるを見し事ありき。終日読書。燈刻銀座に行き竹葉亭に飰して直にかへる。
〔朱書〕今村次七 金沢市彦山町五丁目八番地
〔朱書〕渡辺美代 渋谷区宮下町三十三番地

正月十二日。快晴。昨日よりもまた更に暖なり。晡後銀座を歩む。松坂屋入口にて偶然美代子に逢ひ松喜に飰す。風吹き起りて稍〻寒し。読書入浴五更寝に就く。

正月十三日。正午起床。暖気春の如し。中央公論社再び余が全集刊行のことを催促し来る。今はその時に非らざる旨返書す。薄暮銀座に行き黒麵麭を購ひ竹葉亭に飰してかへる。夜読書暁に至る。

正月十四日。半陰半陽。セネシャル『現代仏文学史』を読むに、戦後著名の作者多くは余と同庚、また余よりも年少なるものあり。アポリネールマルクオルラン[マルクオルランに「〔ママ〕」の注記]、ウィルドラックジュール・ロマンカルコブノワの如き名家皆余よりも年少にして、すでに翰林院学士たるもあり。日仏その国情を異にすといへども、余は才藻の貧弱なるを省み嘆息せざるを得ざるなり。燈刻銀座食堂に至りて飰す。茶店亜凡を過るに竹下菊池姉妹?万本浦上?の諸氏あり。オリンピックに少憩してかへる。細雨そそぎ来る。

正月十五日。終日雨歇まず。晩間金兵衛に往きて飰す。

正月十六日。雨晡下に至って(はれ)る。夜竹葉亭に飰す。

正月十七日。晴れて風強し。小品文章稿を中央公論社に郵送す。清元梅吉池の端にて近日さらひを催す手紙を寄す。夜土橋の栄湾に飰して亜盆を過ぐ。竹下杉野神代の三氏に逢ふ。寒月皎々

正月十八日。晴。晡下美代子来りし故に共に銀座に行き竹葉亭に飰す。寒月あきらかなり。

正月十九日。快晴。寒中の寒さなり終日蓐中に書を読む。燈刻銀座食堂に飰す。途上杉野氏に逢ふ。十二月十五夜の月よし。草稾を繕写して黎明に至る。

正月二十日。快晴風静なり。日脚著しく長くなりて五時に至るも日猶没せず。崖向なる馬越?氏邸中の樹頭に在り。晩霞染むるが如し。六時頃門を出るに明月大村伯邸址の樹頭に懸かる。白雲月光を浴びて銀鱗の如し。銀座に至るに日曜日にて人多し。竹葉亭に飰して後新川洋服店に立ち寄りて帰る。

正月廿一日。晴。晡下大石医院に行く。冬牆君数日前脳溢血にて卒倒せしが其後の経過悪しからずと云ふ。余これを聞きて愕然たり。大槻?氏の見舞いに来るに逢ふ。鼎亭に立寄り銀座松喜に飰す。偶然猪場氏に逢ふ。茶店亜凡にて竹下安藤万本の三氏及び駒子に逢ひ金兵衛に小酌してかへる。

正月廿二日。晴れて暖なり。猪場氏余が旧稾を浄写して送達せらる。夜真砂屋にして後亜盆を過ぐ。杉野竹下生田の三氏に逢ふ。

正月廿三日。晴。午後三菱銀行に往く。一たび家に帰りて後黄昏再び門を出づ。銀座竹葉亭に夕餉を食し亜凡に立寄りしが知る人在らざればバスにてかへる。風起りて夜寒し。燈下小品集断腸花出版の草稿を理す。

正月廿四日。晴。正午起床。読書半日を消す。昏晩銀座食堂に飰し亜凡に立寄るに竹下君在り。余が旧稿楽屋十二時またつくりばなしの二種を浄写して持参せらる。深切謝すべし。高橋邦氏来し故相携へてオリンピクに至り款語刻を移す。此の夜寒気昨夜に比すれば稍緩なり。

正月二十五日。快晴。寒気甚しからず。午に近く起出で掃塵例の如し。昨夜竹下君より受取りたる旧稿を添削*す。夕刻美代子より電話あり。芝口の一膳飯屋金兵衛に到り共に寄鍋を食す。家に帰り入浴一睡を試む。十時頃電話頻に鳴る。受話器を耳にするに大石医院の会計大崎氏の声にて院長の病遽に革みたりと云ふ。美代子の帰るを送り共に門を出で自働車を土洲橋に走らす。阿部簡野其他の博士四五名詰めかけたり。諸医熟議して日本酒の灌腸をなす。一時小康を得たりと云ふ。一時過辞して帰る。大石君は中学生の頃予が亡弟貞二郎と同級なりき。余が始めて大石君の診察を受けたるは大正五年の夏なるべし。其事は籾山庭後が断腸亭記に詳なり。余大石君の調薬を服すること大正五六年以来今日に至る。数れば二十年なり。大石君の病一時小康を得るといへども其命は既に定まれるものなるべし。悲しみに堪ざるなり。

正月廿六日。晴れて暖なり。終日困臥。燈刻起出で銀座に飰す、茶店亜凡にて竹下氏に逢ふ。片岡半蔵来る。澤田教授来る。谷崎氏の消息を伝ふ。蕎麦屋よし田に立寄りてかへる。夜一時。

正月二十七日。晴。大石君昨六日午後没せし由葉書の通知あり。燈刻杏花君が招飲の約に赴く。池田の二氏既に在り。清潭子は来らず款語いつもの如く夜半に至る。是日日曜日なり。

正月二十八日晴れて暖なり。午後一時青山斎場大石君告別式に赴く。法諡を見むと欲せしが祭壇遠くして文字を読み得ず。銀座に徃き不二氷店に昼餉を食し第百銀行に立寄りて帰る。一睡して後燈刻再び銀座に徃き竹葉に飰し亜凡に憩ふ。竹下高橋杉野の三氏に逢ふ。

 冬牆氏を悼む

福寿草より早くちりにけり

  これより後薬を乞ふべき処もなくなりたれば

木枯に笠も剝かれし案山子かな

正月廿九日。陰晴定らず。晩間土橋の栄湾に飰す。深夜雨。

正月三十日。晴。午後中央公論編集佐藤氏校正刷を持参す。燈刻銀座に往き竹葉亭に飰して後、茶店亜凡に立寄りしが知る人在らざれば歩みて帰る。十時過雨声を聞く。夜暖にして点滴の音しめやかなる事暮春の如し。長崎の増田氏再び書あり。

正月三十一日。晴又陰。燈刻真砂屋に飰す。米子来りて老婆の病を看護せんがため当分田舎に帰ると云ふ。夜半帰宅。夜暖にて炭摺る手も凍らざれば増田氏依頼の額を書す。三時過寝に就く。是日先考の写真を横浜郵船会社支店長金鞍栄一[「栄一」はママ]の許に送る。同支店はこの代〻の支店長の肖像を応接室にかかぐる由なり。先考の同支店に長たりしは明治三十三年二月一日より明治四十三年二月四日までなる由。金鞍氏の手紙に書きてあり。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-12-24 (木) 08:33:40 (456d)