五月朔。雨ふる。

五月二日。晴天。麻布普請塲に徃き有楽座楽屋に立寄り夕刻帰宅。

五月三日。雨中帝国劇塲稽古場に徃き。正午より三柏葉の本読をなす。夜風雨。

五月四日。隂晴定りなし。夜驟雨屡来る。

五月五日。暴風模様にて空晴れず。雨屡来る。全集第六巻校正摺到着。

五月六日。不願醒客と木曜会に徃く。

五月七日。霖雨歇まず腹痛あり。懐炉を抱く。枕上アナトル・フランスの「巴里のベルジュレヱ」をよむ。

五月八日。豪雨の音に眠より覚む。終日降りつゞきたり。

五月九日。天候猶定まらず。新聞紙例によりて国内諸河の出水鉄道の不通を報ず。四五日雨降りつゞけば忽交通機関に故障を生ずること、江戸時代の川留に異ならず。当世の人頻に労働問題普通選挙の事を云々すれども、一人として道路治水の急務を説くものなし。破障子も張替へずして、家政を口にするハイカラの細君に似たりと謂ふべし。

五月十日。帝国劇場稽古。附立につき赴き見る。

五月十一日。積雨始めて晴る。母上丸の内所用の帰途なりとて陋屋に立寄らる。倶に晩餐をなす。

五月十二日。開化一夜草二幕腹案成る。連日の雨に宿痾よからず。懐炉を抱く。

五月十三日。雨。終日机に凭る。

五月十四日。帝国劇場舞台稽古を見る。

五月十六日。帝国劇場初日。

五月十七日。終日筆を執る。

五月十八日。開化?一夜草脱稿。

五月十九日。終日執筆。余事なし。

五月二十日。日暮漸雨。唖々子を俟ちしが来らず、独木曜会に徃く。葵山人と現今の演劇を論ず。

五月廿一日。午前春陽堂来談。永井喜平来談。

五月廿二日。久米宇野?山崎?の三子余のために三柏葉連中見物の催をなす。

〔一行アキノ欄外朱書〕麻布移居

五月廿三日。この日麻布に移居す。母上下女一人をつれ手つだひに来らる。麻布新築の家ペンキ塗にて一見事務所の如し。名づけて偏奇館といふ。

五月廿四日。転宅のため立働きし故か、痔いたみて堪難し。谷泉病院遠からざれば赴きて治療を乞ふ。帰来りて臥す。枕上児島献吉郎支那散文考?を読む。

五月廿五日。慈君来駕。

五月廿六日。毎朝谷氏の病院に徃く。平生百病断えざるの身、更に又この病を得たり。

五月廿七日。日暮驟雨雷鳴。

五月廿八日。午後井川滋君来り訪はる。其家余が新居と相去ること遠からざるを以てなり。三田文学創刊当時の事を語合ひて十年一夢の歎をなす。夜雨ふり出し鄰家の竹林風声颯颯たり。枕上児嶋氏の散文考をよむ。

五月廿九日。時々雨あり。寒冷暮秋の如し。

五月三十日。竹田屋の主人来り蔵書整理の手つだひをなす。此日、竹田屋歌麻呂春本{金参拾円}広重の行書東海道{金百参拾円}を示す。

五月卅一日。竹友藻風?来り訪はる。日暮また雨。

青空文庫から


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-08-28 (日) 10:18:46 (244d)