十二月三日。偏奇館漫録第三を春陽堂に郵送す。

十二月四日。風烈し。氷川社頭の黄葉を見る。

十二月五日。松莚子邸午餐に招がる。大彦翁?小山内君も亦招がる。曇りてさむし。

十二月七日。早朝より雪降る。屡庭に出でゝ庭樹の雪を払ふ。玄文社合評会に徃く。雪やまず。岡村柿紅子と自働車を倶にして帰る。

十二月八日。貯蔵銀行一昨日より取付に遇ひ居る由。余銀座の支店に少しばかり貯金あれど、今更如何ともすべき道なければ、本年厄落しのつもりにて棄てゝ顧ず。雪歇みしが寒気甚し。

十二月九日。木曜会への行掛け風月堂にて金子紫草に逢ふ。同雲暗澹。再び雪を催す。

十二月十日。寒気烈し。終日炉辺に読書す。

十二月十二日。感興なけれど勉強して筆を秉る。

十二月十三日。散歩。手袋を購ふ。岡野知十氏の玉菊とその三味線をよむ。深更北風烈しく窗の戸をうごかす。

十二月十四日。全集第五巻校正摺この日より来り始む。

十二月十五日。晴れて暖なり。午後母上来訪。

十二月十六日。木曜会なれど来るもの少からむと思ひて徃かず。玉山酔客風月堂に一酌す。

十二月十七日。暖き日なり。散歩の途上キユイラツソオ一缾を購ふ。

十二月十八日。寒雨霏々。竹田屋藝苑樷書持参。

十二月十九日。微恙あり。暁地震あり。

十二月二十日。小説雨瀟瀟筆大に進む。

十二月廿一日。晴天。深更地また震ふ。

十二月廿二日。新居南向きにて日あたりよし。烘窗午睡を貪る。浅間山噴火の報あり。

十二月廿三日。楽天居運座に徃く。寒月皎々たり。

十二月廿四日。小説雨瀟々大半稿を脱す。大正七年の冬起稿したりし紅箋堂佳話を改作したるものなり。

十二月廿五日。竹工堂を訪ひ椅子を購ふ。

十二月廿六日。晴れて暖なり。

十二月廿七日。松莚子余と川尻氏とを竈河岸の八新に招飲す。此日午後市ヶ谷監獄署跡新開町焼亡すと云。

十二月廿八日。庭に福寿草を植ゆ。

十二月廿九日。寒気凛冽なり松莚子に招がれて風月堂に飲む。

十二月三十日。小説執筆余事なし。

十二月晦日。早朝より雪降る。除夜の鐘鳴る頃雪歇みて益々寒し。キユイラツソオ一盞を傾けて臥牀に入る。 [#地から2字上げ][#印影(fig54938_01.png、横47×縦49)入る]


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-09 (月) 07:41:06 (838d)