十一月朔。花火の音聞ゆ。明治神宮祭礼なるべし。

十一月二日。窗外山茶花満開。

十一月三日。雨。

十一月四日。空晴れて暖なり。いかにも小春らしき天気なり。

十一月五日。木曜会運座に徃く。晴れて蒸暑し。

十一月六日。玄文社合評会のため、帝国劇場に幸四郎?の国性爺、段四郎の甘輝を見る。

十一月八日。玄文社合評会。

十一月九日。執筆興なし。読書に日を消す。

十一月十日。虎の門金毘羅の縁日なり。草花を購ふ。

十一月十一日。書篋の蓋の破れしをつくろひ、愛誦の唐詩を題す。

十一月十二日。山茶花落ちて風漸く寒し。書架を整理す。

十一月十三日。飯倉通にてセキセイ鸚哥を購ふ。一トつがひ十四円なり。先年大久保に在りし頃、九段阪小鳥屋にて買ひし折には七八円と覚えたり。物価の騰貴鳥に及ぶ。人才の価は如何。

十一月十四日。日々寒気加はる。

十一月十五日。晴れてあたゝかなり。神田仏蘭西書院にてジユール・ロマンの詩集「欧羅巴」其他数巻を購ふ。この頃創作興至らず。新刊の洋書を読むで日を送る。弦月夜々書窗を照す。

十一月十六日。近巷の岨崖黄葉を見るによし。漫歩すること半日。

十一月十七日。チユリツプ球根を花壇に埋む。

十一月十八日。氷川境内の黄葉を見る。

十一月十九日。快晴。母上来訪。山形ホテル食堂に晩餐を倶にす。深更雨声頻なり。

十一月廿日。隂。

十一月廿一日。全集第六巻梓成る。

十一月廿二日。三河台辺散歩。

十一月廿三日。寒雨歇まず。燈下義山雑纂を写す。

十一月廿四日。窗外の竹林笹鳴をきく。

十一月廿五日。郡虎彦英国より帰る。松莚小山内氏等と東仲通の末広に郡氏を招飲す。

十一月廿六日。帝国劇場にて歌舞伎研究会開演。

十一月廿八日。松莚子に招がれ竈河岸の八新亭に飲む。夜暖にして月あり。

十一月廿九日。近巷岨崖の雑草霜に染みたるあり。既に枯れたるあり。竹藪には烏瓜あまた下りたり。時に午雞の鳴くを聞く。景物宛然として村園に異ならず。

十一月三十日。霊南阪上に広濶なる閑地あり。霜枯れしたる草の間にらしき草あるを見、採り来りて庭に植ゆ。昨夜十一時浅草公園御国座焼亡せし由。

*


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-01-15 (木) 11:42:28 (863d)