十月朔。雨後の空晴渡りて雲なし。庭上落葉狼籍たり。掃うて日暮に至る。夜執筆。

十月二日。井阪梅雪氏来訪。

十月四日。蒸暑くして復豪雨あり。夜三十間堀の春日に徃き田口桜村井上唖々の二子と飲む。

十月五日。堀口大学南米よりレニヱーの新著を郵送せらる。

十月六日。唖々子と春日に飲む。

十月七日。玄文社観劇会。

十月十日。啼く。

十月十一日。岡鬼太郎君新作狂言今様薩摩歌の批評を草して雑誌新演藝に寄す。

十月十二日。仏蘭西書院より去冬注文の書籍を送来る。

十月十三日。偏奇館漫録の草稾を春陽堂に郵送す。

十月十四日。木曜会運座。帰途唖々子と春日に一酌す。妓を自働車に載せ唖々子を本郷の家に送りて帰る。

十月十五日。庭の落葉を掃ふ。

十月十六日。菊を植ゆ。

十月十七日。雨ふる。新冨座に松莚君を訪ふ。

十月十八日。新着の仏蘭西小説を閲読す。

十月二十日。雨ふる。玉山酔客と銀座の清新軒に飲む。

十月廿一日。大雨。夜に至りて益甚し。

十月廿二日。天候定まらず。新寒肌に沁む。

十月廿三日。隂。

十月廿四日。晴。午後湖山紫草の二子来り訪はる。此夜十三夜の月よし。虫猶鳴く。

十月廿五日。猿之助の春秋座を観る。

十月廿六日。研究座見物。近来この種の演劇殆数るに遑あらず。

十月廿七日。松莚子と日本橋末広に飲む。

十月廿九日。日本橋鴻巣亭にて上田博士追悼会あり。帰途雷雨。

十月三十日。午後神田青年会館に徃き、外国語学校語学練習演劇を看る。帰途銀座風月堂にて松莚子に逢ふ。

十月晦。歯痛甚しく悪寒を感ず。

*


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-01-12 (月) 11:43:05 (802d)