九月二日。梅吉方にて稽古をなし、庄司に立寄り、春日にて昼餉を食し延園を招ぎ三味線をさらふ。夕刻帰宅。執筆夜半に至る。虫声漸く多し。

九月三日。旧作父の恩を添削す。

九月五日。梅もどきの実薄く赤らみたり。今年はいづこの竹の葉にも毛虫つく事夥しといふ。

九月六日。早朝いつもの如く梅吉方にて稽古。この日図らず吉右衛門に逢ふ。三味線けいこする由なり。

九月七日。昼前薗八節師匠宮薗千春を築地二丁目電車通の寓居に訪ひ、今日より稽古をたのむ。鳥辺山をならふ。

九月八日。夜大風襲来の兆ありしが幸にして事無し。

九月九日。雨ふる。朝夕の風肌さむくなりぬ。花月第六号前半の編輯を終る。

九月十日。晡下市ヶ谷辺散歩。八幡宮の岡に登る。秋風颯然として面を撲つ。夕陽燦然たり。夜外祖父毅堂先生が親燈余影をよむ。火鉢にて辣薤を煮る。秋涼漸く自炊によし。

九月十二日。萩さき乱れ野菊また花開く。

九月十四日。早朝清元けいこの帰途、三十間堀春日に立寄り、薗八節さらはむとて老妓延園を招ぎしが来らず。直に帰宅す。今日新橋の教坊にて薗八節三味線を善くするもの延園、りき、ゆふの三老妓のみなりと云。

九月十五日。朝寒し。障子をしめ火鉢に火を置く。

九月十六日。朝夕の寒さ身に沁むばかりなり。されど去年に比すれば健康なり。何のかのといふ中また一年生きのびたれどさして嬉しくもなし。

九月十七日。早朝築地に赴き薗八清元のけいこをなす。午下帰宅。旧稿を整理す。二更寝に就かむとする時花月第六号校正摺来る。

九月十八日。風雨。

九月十九日。雨晴れしが風未歇まず。残暑再び燬くが如し。日暮風歇みて一天雲翳なし。仲秋の明月鏡の如し。虫の音日中の暑さにいつもより稠くなりぬ。

九月二十日。木槿花開く。

九月二十一日。東京新繁昌記?の類を一覧す。盖し雑誌花月編輯のためなり。

九月廿二日。雨ふりて俄に寒し。セルの単衣に襦袢を重ねてきる。

九月廿四日。風雨終日歇まず。新橋妓史をつくらむとて其資料を閲読す。堀口氏詩集月光とピヱロの序を草す。

九月廿五日。晴。唖々子来訪。夜座右の火鉢にて林檎を煮る。電燈明滅すること数次なり。

九月廿六日。晴。葉雞頭の種を摘む。の花散りつくしぬ。

九月廿七日。秋雨。梅吉宅けいこの帰り、築地の桜木に立寄り、新富町の妓両三名を招ぎ哥沢節をさらふ。

九月廿九日。暗雲天を蔽ひ雨屡来る。終日門を出です。執筆夜分に至る。花月第六号発行。

*


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-08-30 (火) 08:02:51 (270d)