八月朔。連日の炎暑に疲労を覚ること甚し。夜九時頃微雨あり涼風頓に生ず。喜んで筆を把らむとするに蚊軍雨に追はれ家の中に乱入す。一枚をも書き得ずして已む。

八月三日。唖々子病むとの報あり。

八月五日。再び疑雨集をよむ。驟雨あり。涼味襲ふが如し。

八月六日。暴風の兆あり。裏庭の雁来紅に竹を立てゝ支ふ。咲き出でたり。終日驟雨、幾度か来り幾度か歇む。夜花月第五号の原稾をつくる。

八月七日。春陽堂より荷風全集校正摺を送り来る。空模様前日の如し。

八月八日。筆持つに懶し。屋後の土蔵を掃除す。貴重なる家具什器は既に母上大方西大久保なる威三郎方へ運去られし後なれば、残りたるはがらくた道具のみならむと日頃思ひゐたしに、此日土蔵の床の揚板をはがし見るに、床下の殊更に奥深き片隅に炭俵屑籠などに包みたるものあまたあり。開き見れば先考の徃年上海より携へ帰られし陶器文房具の類なり。之に依つて窃に思見れば、母上は先人遺愛の物器を余に与ることを快しとせず、この床下に隠し置かれしものなるべし。果して然らば余は最早やこの旧宅を守るべき必要もなし。再び築地か浅草か、いづこにてもよし、親類縁者の人々に顔を見られぬ陋巷に引移るにしかず。嗚呼余は幾たびか此の旧宅をわが終焉の地と思定めしかど、遂に長く留まること能はず。悲しむべきことなり。

八月九日。昨日立秋となりしより満目の風物一として秋意を帯びざるはなし。八重次病あり。入院の由書信あり。

八月十二日。女郎花ひらく。執筆半日。

八月十三日。春陽堂荷風全集第二巻に当てんがため、あめりか物語ふらんす物語二書の校訂を催促すること頻なり。此日たま/\これ等の旧著を把つて閲読加朱せむとするに、当年の遊跡歴歴として眼前に浮び感慨禁ずべからず。筆を擱いて嘆息す。余にして若し病なからむか一日半刻も家に留ること能はざりしなるべし。日本現代の世情は実に嫌悪すべきものなり。

八月十四日。唖々花月第五号編輯に来る。用事を終りて後晩涼を追ひ、漫歩神楽阪に至る。銀座辺米商打こはし騒動起りし由。妓家酒亭灯を消し戸を閉したり。

八月十五日。残暑甚し。晩間驟雨来らむとして来らず。夜に至り月明かに風涼し。市中打壊しの暴動いよ/\盛なりと云ふ。但し日中は静穏平常の如く、夜に入りてより蜂起するなり。政府は此日より暴動に関する新聞の記事を禁止したりと云ふ。

八月十六日。胃に軽痛を覚ゆ。あめりか物語を校訂す。晩間唖唖子来りて市中昨夜の状况を語る。此日夜に至るも風なく炎蒸忍ぶ可からず。唖々子と時事を談じ世間を痛罵し、夜分に至る。涼味少しく樹隂に生じ虫声漸く多し。

八月十七日。紅蜀葵開く。正に満開。

八月十九日。秋暑を忍んで終日旧著を添刪す。夜に至り明月清風を得たり。

八月廿二日。曇りて涼し。午前松莚子を訪ひ、三才社に立寄りて帰る。

八月廿五日。八重次来る。唖々子亦来る。夜八重次を送りて四谷に至り、別れて帰る。

八月廿六日。久しく雨なし。枯れむとす。

八月廿七日。おかめ笹続稿執筆。夜ミユツセの詩をよみて眠る。唖唖子復び病めりといふ。

八月廿八日。午後三菱銀行に赴く。驟雨沛然たり。家に帰り見るに雨はわづかに打水したるほどなり。秋草いよ/\枯死すべし。

八月廿九日。夜に至り俄に雨を得たり。

八月三十日。風雨。草木蘇生す。

八月卅一日。風雨歇み秋涼愛すべし。堀口大学来訪。近日南米に渡航すべしといふ。

*


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-08-30 (火) 08:02:26 (269d)