四月朔。唖々子及び新福亭主人胥議して雑誌花月の発行を企つ。

四月二日。雑誌花月の表紙下絵を描く。

四月三日。腕くらべ五百部ほど売れたりとて新橋堂より金四百円送り来る。

四月四日。半隂半晴。花将に開かむとす。

四月九日。花月第一号草稾大半執筆し得たり。

四月十日。雨烈しく風寒し。築地けいこの帰途新福に立寄り、主人と雑誌花月の用談をなす。

四月十二日。八重次新福亭に会す。夜木挽町田川に徃き浦里を語る。三味線は延園なり。

四月十三日。微雨薄寒。唖々新福主人来りて花月第一号の編輯を畢る。

四月十四日。風気順ならず。

四月十五日。暴に暖なり。袷に着かへたき程なり。

四月十六日。支那産藍菊の根分をなす。白粉花鳳仙コスモスの種を蒔く。午後富士見町の妓家に徃く。靖国神社の桜花半落ちたり。

四月十七日。松莚子宅にて玄文社懸賞脚本の選評をなす。

四月二十日。服部歌舟に招がれ采女町三笑庵に徃く。円右小さん喜久太夫?山彦?師匠、各得意の技をなす。

四月廿三日。常磐木倶楽部にて梅吉弟子梅初名弘の会あり。余野間翁と共に招がれ、梅之助の三味線、梅次上調子にて浦里を語る。翁は得意の青海波を語る。

四月廿六日。午後より雨ふる。清元会なり。

四月廿七日。晴又隂。花月第一号校正終了。

四月廿八日。唖々子来訪。杜鵑花満開。

四月晦日。黄昏地震。雨忽降来る。風暖にして心地わろし。

*


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-01-13 (火) 17:39:26 (866d)