三月初一。演舞場初日。帰途三一子を金龍亭に飲む。

三月初二。春風日に暖なり。午後庭を掃ふ。瑞香の花将に開かむとす。

三月初三。晩餐の後お冨を伴うて銀座を歩む。此夜風寒し。

三月初四。松莚子到来の白魚を馳走すべしとて電話にて招かる。

三月初五。春雪紛々たり。松莚子細君同伴山形ホテルに来り、予を招ぎて午餐をなす。芝居出勤の行がけなり。荷風文稾校正摺を閲読して夜分に至る。余寒凛冽なり。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-05 (木) 11:42:40 (750d)