十一月十六日。日曜日。快晴。都下の新聞紙一斉に大書して難波大助死刑のことを報ず。大助は客歳虎之門にて摂政の宮を狙撃せんとして捕へられたる書生なり。大逆極悪の罪人なりと悪むものもあれど、さして悪むにも及ばず、また驚くにも当らざるべし。皇帝を弑するもの欧洲にてはめづらしからず。現代日本人の生活は大小となく欧洲文明皮相の模倣にあらざるはなし。大助が犯罪もまた模倣の一端のみ。洋装婦人のダンスと何の択ぶところかあらんや。

〔欄外朱書〕難波大助死刑大助ハ社会主義者ニアラズ摂政宮演習ノ時某所ノ旅館ニテ大助ガ許嫁ノ女ヲ枕席ニ侍ラセタルヲ無念ニ思ヒ復讐ヲ思立チシナリトイフ。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-01-12 (月) 15:25:56 (802d)