*

七月朔。淫雨。風邪にて臥牀に在り。『駿台雑話』を読む。

七月二日。晴。

七月三日。午後清元秀梅と青山墓地を歩む。雨に逢ひ四谷荒木町の茶亭に憩ふ。夜電燈消滅、夜半一時に至りて初めて点ずるを得たり。

七月四日。積雨始めて霽る。四鄰物洗ふ水の音終日絶えず。

七月五日。日暮風雨。▼丹波谷の女を見る。

七月六日。昼の中雨歇みしが夕刻よりまた降り出しぬ。

七月七日。曇りて風涼し。午後電車にて柳島に至り、京成電車に乗り換へ市川に遊ぶ。帰途人力車を雇ひ江戸川堤を下り小松川橋に至る。途上老車夫と語るに先年大田南岳の家に出入せし由にて、南岳市川にて溺死の時のことなども能く知りゐたり。小松川橋を渡り、放水路堤防にて車を下り、日暮銀座に飯して家に帰る。

大正十二年七月八日。午前愛宕下谷氏の病院に徃く。待合室にて偶然新聞紙を見るに、有島武郎波多野秋子と軽井沢の別荘にて自殺せし記事あり。一驚を喫す。夜松莚君及細君と有楽座に徃き藤蔭会踊さらひを看る。

七月九日。風雨午後に歇む。森先生の小祥忌なり。墓参の帰途明星社の同人酒亭雲水に会して晩餐をなす。賀古小金井の両先生、千葉掬香氏も来会せられたり。

七月十日。『伊沢蘭軒伝』を熟読す。夜秀梅を訪ふ。

七月十一日。正午酒井晴次来談。午後速達郵便にて井上啞々子逝去の報来る。夕餉を食して後東大久保の家に赴く。既に霊柩に納めたる後なり。吊辞を述べ焼香して帰る。電車にて西村渚山人に逢ふ。

七月十二日。午後井上君宅にて告別式執行せらる。葬儀は家人のみにてなす由なり。晩間風月堂に徃きて松莚子に逢ふ。明朝出発。静岡岐阜より伊勢路を興行し月末帰京の由。

七月十三日。時々驟雨。午後浅利鶴雄帝国劇場用事にて来談。

七月十四日。早朝腹痛甚しく下痢を催す。使を中州病院に走らせ薬を求む。午後下痢少しく歇む。

七月十五日。梅雨既にあけたれど淫雨猶晴れず。鄰家の人傘さしかけ、雨ふる戸口に盂蘭盆の迎火を焚く。情趣却つて晴夜にまさるものあり。

七月十六日。雨やまず。書窗冥々。洞窟の中に坐するが如し。紫陽花満開なり。

七月十七日。曇りて蒸暑し。終日伊沢蘭軒の伝を読む。晩食の後丸の内の劇場に徃き女優と談笑す。帰宅の後再び蘭軒の伝を読み暁三時に至る。雨中早くも鶏鳴を聴く。

七月十八日。今日も終日蘭軒の伝を読む。

七月十九日。始めて快晴の天気となる。植木屋福次郎来り庭を掃ふ。夜深驟雨。

大正十二年七月二十日。山本一郎氏の端書を得たり。予二十五歳初めて亜米利加に渡航せし時、山本氏がタコマの家に寄寓し、一年を送りたり。山本氏はその頃既に四十を越え、横浜古谷商店の米国支店顧問役なりき。本年日本に帰り鎌倉に卜居したりと云。雨歇み俄に暑し。

七月廿一日。いよいよ暑し。夜秀梅を訪ふ。

七月廿二日。浅利生来訪。夜有楽座に徃く。

七月廿三日。風あり。暑気稍忍び易し。

七月廿四日。

七月廿五日。『伊沢蘭軒』読了。

七月廿六日。帝国劇場女優二三人と丸の内東洋軒に晩餐をなす。この夜炎蒸甚し。浅利生と南佐柄木町弥生に小憩し、鈴乃峯龍の二妓と自働車にて上野公園を一周して家に帰る。

七月廿七日。小庭の樹木年々繁茂し、今年は書窗炎天の日中も猶暗きを覚るほどになりぬ。毅堂鷲津先生の事跡を考證せんと欲す。

七月廿八日。松莚子昨夕帰京。今夕風月堂に相逢ふ。銀座通納涼の人踵を接す。炎熱堪ふべからず。家に帰れば庭樹の梢に月あり。清風竹林より来り、虫声秋の如し。

七月廿九日。午後遠雷殷々。驟雨来らむとして来らず。炎蒸最甚し。

七月三十日。午睡わずかに苦熱を忘る。燈下『梧窗漫筆』を読む。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-01-09 (金) 16:41:14 (838d)