*

六月朔。松莚大伍の両子と風月堂にて晩餐をなし、銀座を歩みて京橋鴻の巣酒亭に憩ふ。主人奥田氏現代文士画家の墨帖数冊を示さる。帰途大伍子と再び銀座を歩む。

六月二日。正午酒井晴次来訪。

六月三日。明治座初日。大伍君作『月佳夏夜話』三幕を観むとて夕餉の後車を倩つて徃く。帰途岡本綺堂池田大伍木村錦花川尻清潭の諸家と偶然電車を同じくす。款話道の遠きを忘る。河原崎長十郎と桜田門にて電車を降り、歩みて家に帰る。夜静にして薫風嫋々(でうでう)たり。

六月四日。夕餉の後六本木通を散歩し、古本屋にて沢田東江『春宴帖』一巻を獲たり。余東江の書風を好み、時々臨写す。墨帖の刊刻せられしもの今大抵蒐集し得たり。昨夜より今朝にかけ地震ふこと五六回なり。

六月五日。快晴。庭の松に毛虫多くつきたり。五月中雨多く晴たる日稀なりしがためなるべし。此日庭樹に鵯四五羽飛来りて啼く。鵯は冬来りて春去るものなるに、今頃来るは気候年々甚しく不順の故ならむか歟。一昨年は蜩(ひぐらし)の蝉に先立ちて鳴きしことあり。冬至の頃鶯の鳴きし事もあり。

六月六日。晴。四谷のお房来る。

六月七日。園丁来りて庭樹の刈込をなす。夜谷町の古本屋を見歩きしが、獲るところなし。

六月八日。北白川宮御葬儀の当日なりとて劇場休業す。松莚子門弟を従へ箱根に遊ぶ。電話にて同行を勧められしが、昨日より右の眼に物貰ひ出来て痛みあり。辞して徃かず。朝より眼を洗ふこと屢なり。読書に堪えざるを以て、午後杖を江東に曳く。深川高橋より行徳通の石油発動船に乗り、中川を横り、西船堀の岸に上り放水路の坡上(=土手)を歩む。西岸には工場立続きたれど東岸には緑樹鬱蒼茅舎の散在するを見る。廬萩深き処行々子(よしきり)の声騒然たり。船堀橋を渡り小松川城東鉄道停車場に至る時雨に逢ふ。今日見たりし放水路堤防の風景は恰も二十年前の墨堤に似たり。近郊の繁華寔(まこと)に驚くべし。

大正十二年六月十日。午後シヤトオブリアンの抜萃集?を携へ、渋谷より電車にて玉川双子の渡に至り、沙上に横臥して読書黄昏に至る。夜雨あり。執筆深更に及ぶ。名古屋の人安藤次郎氏、也有暁台士朗、三家追善紀念会出品目録を送り来る。

六月十一日。曇りて風冷なり。清元秀梅来る。山内秋生郵書を以て啞々子の病甚軽からざる由を報じ来る。

六月十二日。正午酒井晴次君来談。山形ホテルにて食事をなし、相携へて東大久保村西向天神祠畔の寓居に啞々子の病を問ふ。甚しく気管支を害し、肺炎を起せしなりと云ふ。専心摂生に力めなば恢復の望未全く絶えたりとも言ひがたきやうなり。されど衰弱甚しく見るからに傷ましきさまなり。細君はさして心配の様子なきやうなるは如何なる故歟。夕陽枕頭に映じ来る頃再見を約して去る。帰途旧宅断腸亭の門前を過ぎ、谷町通善慶寺の墓地に入り平秩東作の墓を掃はむと欲せしが、それらしきものを見ず。東作の建てたる其父母の墓と、又稲毛屋次郎右衛門と刻したる二墓あり。寺僧不在なりしを以て過去帳をも見ること能はざりき。

六月十三日。雨ふる。

六月十四日。正午七草会新大橋際平田といふ待合に開かる。出席する者綺堂大伍松莚紫紅鬼太郎錦花清潭吉井城戸、及予の十人なり。帰路大伍子と新大橋より川船にて永代橋に至り、越前堀を歩み、鉄砲洲稲荷の境内を過ぎ、明石町に出づ。築地にて大伍子と別れ家に帰る。

六月十五日。夜若松屋にて新演芸合評会あり。大伍子新作夏の夜話?三幕を合評す。梅雨の空墨を流せしが如し。帰途幸にして雨に逢はず。

六月十六日。市川三升に招がれ築地の錦楽に飲む。

六月十七日。雨ふる。『漁村文話』を読む。黄昏雨晴れたれば谷町を歩み、西花園にて葡萄の盆栽を購ふ。▼四谷に徃きお房を見る。

大正十二年六月十八日。雨ふる。市兵衛町二丁目丹波谷といふ窪地に中村芳五郎といふ門札を出せし家あり。囲者素人の女を世話する由兼ねてより聞きゐたれば、或人の名刺を示して案内を請ひしに、四十ばかりなる品好き主婦取次に出で二階に導き、女の写真など見せ、其れより一時間ばかりにして一人の女を連れ来れり。年は二十四五。髪はハイカラにて顔立は女優音羽兼子によく似て、身体は稍小づくりなり。秋田生れの由にて言語雅馴ならず。灯ともし頃まで遊びて祝儀は拾円なり。この女のはなしに此の家の主婦はもと仙台の或女学校の教師なりし由。今は定る夫なく娘は女子大学に通ひ、男の子は早稲田の中学生なりとの事なり。

六月十九日。霖雨初めて霽る。過日錦楽にて三升子より依頼されたる骨董店三登茂開業の引札を草す。是日生田葵山新築の家に移りたる由、葉書を寄す。

六月二十日。雨ふる。二葉亭四迷の小説平凡を読む。秀梅来る。

六月廿一日。市川三升三登茂の主人を伴ひ来り訪はる。午後信託会社に酒井君を訪ふ。帰途雨。虎の門理髪店にて空の晴るるを待ち薄暮家に帰る。

六月廿二日。風雨一過。夜に入つて雲散じ月出づ。丹波谷に遊ぶ。

六月廿三日。新聞紙諸河の出水を報ず。

六月廿四日。酒井君余の鰥居(かんきよ=独居)を憫み、牛込にて其世話する女と其妹を伴ひ来り、家を掃除し、寝具を日に曝し、半日はたらきて去る。夕餉の後、狸穴町を散歩し、家に帰るや直に執筆。夜半に及ぶ。

六月廿五日。二葉亭『浮雲』?『其面影』?の諸作を再読す。

六月廿六日。晴れて風涼し。松莚子来り訪はる。

大正十二年六月廿七日。午後母上来り訪はる。夕方より雨。

六月廿八日。松莚子邸(=に)小集。月佳し。

六月廿九日。『毅堂集』?を読む。

六月三十日。松莚子に招かれて風月堂に飲む。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-10-11 (火) 23:13:26 (164d)