二月一日。月明なり。帝国劇場フォーストを聴く。廊下にて巌谷三一に逢ふ。枕上仏蘭西作曲家モリス、ラヴヱルの評伝を読む。

二月二日。晴。

二月三日。晴。

二月四日。帝国劇塲聴歌の帰途生田葵山永井建子の両氏と日比谷のカツフヱーに飲む。

二月五日。微恙あり。

二月六日。曇りて寒し。

二月七日。朝まだきより雪降り出し夜に入るも歇まず。

二月八日。雪降りつゞきたり。屋根の上二尺ほどもつもる。薄暮に歇む。

二月九日。

二月十日。心地平生の如くならず、昼の中は熱なれど夜深二時頃より悪寒甚だしく、暁明に至りて去る。(おこり)なるべし。

二月十一日。机に凭りて筆()らむとせしが、眩暈をおぼえて已む。

二月十二日。森先生全集四巻出版。是第一回目の配本なり。

二月十三日。日々晴れて暖なり。

二月十四日。東伏見宮御葬儀の由にて。市兵衛町表通衣冠の人を載せたる自働車頻に来徃するを見る。枕上鴎外先生全集四巻を通読す。

二月十五日。病未癒えず。夜更雨。

二月十六日。終日大雨。

二月十七日。曇りて寒し。雑誌女性のために短編小説を草す。夜高橋君電話にて鎌倉より帰宅の由を告ぐ。枕上レニヱーの小説ペーシユレス?を読む。

二月十八日。松莚子と風月堂に会す。

二月十九日。午後大石君を訪ふ。

二月二十日。昨夜枕上雨声を聴いて眠りしが、今朝起出るにいつか雪となれり。炉辺児嶋博士支那文学考第二巻韻文考を読む。

二月廿一日。午頃より雨に交りて雪また降る。街路忽沼の如し。

二月廿二日。松莚子と倶に帝国劇場に徃く。

二月廿三日。池田大伍子と倶に松莚子の邸に招がる。夜暖なること四月の如し。

二月廿四日。午後雪。

二月廿五日。曇りて風寒し。

二月廿六日。帝国ホテルにて与謝野寛誕辰五十年の祝宴あり。

二月廿七日。春寒料峭。松莚子に招がれて風月堂に飲む。

二月廿八日。春寒くして梅花未開かず。秀梅に逢ふ。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-01-09 (金) 15:24:26 (811d)