九月一日。高橋君に招がれて風月堂に徃く。小山内君亦招がる。此夜風なく蒸暑甚し。勉強して『明星』の草稿を作る。 *

九月二日。曇りて風涼し。午後青山墓地を歩み紅葉山人の墓を展す。墓石の傍に三尺なる見影石の円柱あり。死なば秋露のひぬ間ぞおもしろきといふ山人が辞世の句を刻したり。

九月三日。松莚子と風月堂に晩餐をなし銀座を歩む。

九月四日。午後明治座舞台稽古を看る。帰途小山内君と共に有楽座に行く。

九月五日。秋暑去らず。明治座初日なり。帰途月明なり。溝渠に沿ひ歩みて日本橋に至り車に乗つて帰る。

九月六日。与謝野氏より電話あり。鷗外先生全集刊行のことにつき同君の家に徃く。

九月七日。庭の開く。夜清元秀梅と烏森停車場に会し赤阪の某亭に飲む。

九月八日。玄文社看劇合評会五周年の祝宴。日本橋の若松家にひらかる。

九月九日。九穂子と牛門に飲む。

九月十日。仏蘭西書院を訪ひウヱルレヱン全集五巻を購ふ。 *

九月十一日。残暑甚し。

九月十二日。残暑益甚し。 *

九月十三日。母上を訪ふ。手づから咖啡を煮て勧めらる。余年漸く老るに従ひ朝夕膝下に伺侍せむことを冀へども、弟威三郎夫婦世に在る間はこの願ひの叶ふべき日は遂に来らざる可し。十一時の鐘鳴るを聞き辞して門を出れば、人家皆戸を鎖し道暗くして犬頻に吠ゆ。満腔の愁情排けがたし。歩みて新宿駅に至る。 *

九月十四日。築地酔仙亭にて七草会例会。

九月十五日。松莚小山内の二子と車を与にして深川万年町心行寺に赴き、鶴屋南北の墓を掃ふ。明治座出勤の俳優作者皆参集す。夜酒井晴次と三田東洋軒に飯す。酒井は徃年先考の門生たりし人なり。*

九月十六日。残暑猶熾なり。『宣和遺事』を読み了りて『剪燈新話』を繙く。*

九月十七日。昨夜深更より風吹出で俄に寒冷となる。朝太陽堂主人来談。午後雑司ヶ谷墓地を歩み小泉八雲の墓を掃ふ。塋域に椎の老樹在りて墓碑を蔽ふ。碑には右に正覚院殿浄華八雲居士。左に明治三十七年九月二十六日寂。正面には小泉八雲墓と刻す。墓地を横ぎり鬼子母祠に賽し、目白駅より電車に乗り新橋に至るや日既に没し、商舗の燈火燦然たり。風月堂に食して帰る。*

九月十八日。曇天。大石国手を訪ふ。*

九月十九日。午後雨。九月に入りて初めての雨なり。酒井井上の二氏と牛込の某亭に飲む。雨深更に至り益甚し。

九月二十日。気候激変して華氏七十度の冷気となる。腹痛を感ず。*

九月廿一日。雨歇みて風冷なり。*

九月廿二日。市川三升に招がれて築地の錦楽に飲む。書肆新橋堂主人野村氏もまた来る。二氏倶に近頃薗八節を稽古する由。先頃余の出版せし雨瀟瀟をよみ余も亦同臭の士なりしを知りて招待せられしなり。この夜錦楽内儀の絃にて戸辺山桂川など語る。

九月廿三日。烟雨終日濛濛たり。*

九月廿四日。有楽座に徃く。偶然田村百合子に逢ふ。*

九月廿五日。秋雨。

九月二十六日。帝国劇場露国人の舞蹈?を観る。*

九月廿七日。夜九時半の汽車にて松莚子の一行と共に京都に徃く。*

九月廿八日。朝十時半京都に着す。松莚子は細君を伴ひ下河原の料亭松の家に投宿。松葉鬼太郎紫紅清潭の四子は三条の某亭に投宿す。余と小山内吉井の三人は粟田口の都ホテルに入る。夜松莚子夫妻と市中を散歩す。

九月廿九日。午後南座にて稽古あり。夕刻より同座にて文藝講演会あり。講師は島華水渡辺霞亭小山内薫松居松葉、其他なり。会散じて後祇園の二軒茶屋中村屋に招がる。

九月三十日。未明知恩院門前にて野外劇の稽古あり。午後松莚子夫妻と自働車にて大原の古寺三千院及寂光院を訪ふ。沿道の風景絶佳なり。夜京極の明治座を見る。帰途祇園花見小路の津田屋に飲む。*


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-01-30 (金) 23:46:18 (785d)