八月一日。帝国劇塲初日。帰途清潭子と南佐柄木町の弥生に飲む。

八月二日。雨。

八月三日。天気再び梅雨の如し。松莚子に招かれて末広に飲む。

八月四日。雨なけれど風甚冷なり。

八月五日。歌舞伎座初日なり。松莚子の村井長庵?を見る。此の夜塲中炎暑忍難し。夜半家に帰るに虫の声俄に稠くなれり。窗を開いて眠る。

八月六日。炎暑甚し。

八月七日。午後机上の寒暑計九十度を示す。夜に入りて風涼しく虫の音次第に多し。

八月八日。この日立秋なり。夕餉の後日比谷公園を歩む。繊月樹頭に懸かる。

八月十日。新聞紙の報道によれば昨今の暑気華氏九十三四度に上るといふ。

八月十一日。春陽堂拙著全集第五巻、および其他の印税、総計金九百六拾参円を送り来る。夕餉の後有楽座に徃き、新俳優花柳一座の演劇を看る。久保田萬太郎吉井勇の諸氏に逢ふ。秋風颯颯として残暑俄に退く。

八月十三日。西ノ久保八幡宮祭礼にて近巷賑かなり。

八月十四日。

八月十五日。風雨襲来の兆あり。風卻て沈静し、草の葉も動かず。溽蒸忍ふべからず。窗を開いて寝に就く。

八月十六日。早朝驟雨の音に睡より覚む。終日雨来りては歇むこと幾回なるを知らず。夜電燈点ぜず。燭を点じて書を読むに、雨声虫語と相和し風情頗愛すべきものあり。

八月十七日。曇る。

八月十八日。曇りて蒸暑し。夜わづかに雨を得たり。

八月十九日。天気前日の如し。夜涼を俟ちて机に凭る。去月脱稾せし小品文を訂正して国粋社に送る。

八月二十日。高樹風を呼ばず、明月空しく中空にあり。炎熱限りなし。夕餉の後外濠の電車に乗りて涼を納る。

八月廿一日。秋暑前日に劣らず。

八月廿二日。夜に至るも風なし。

八月廿三日。グルモン?の詩集 Divertissements を読む。

八月廿四日。夜に入り風を得たり。暑気少しく忍易し。

八月廿五日。晩餐の後有楽座に徃く。

八月廿六日。昨夜より西南の風烈しく、雨を催せしが、是日午後に至り大雨車軸の如し。

八月廿七日。雨後新涼肌を侵す。

八月廿八日。松莚清潭の二子と風月堂に飲む。

八月廿九日。秋雨霏々。虫声喞々。昼夜を分たず。

八月三十日。鄰家の籬に木槿花ひらく。

八月三十一日。門前の百日紅蟻つきて花開かず。

*


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-01-12 (月) 18:57:16 (893d)