七月一日。滛雨晴る。風吹き出でゝ庭樹をうごかす。

七月二日。松葉牡丹始めて花さく。

七月三日。晴天。炎暑襲ひ来れり。

七月四日。アンドレヱヂイドの小説パリユードを読む。感歎措く能はず。

七月五日。快晴。涼風水の如し。

七月六日。曇りて蒸暑し。毎日読書晩涼の来るを俟つ。身世淡々凡て興なし。

七月七日。炎暑甚し。

七月八日。夜雨ふる。涼味襲ふが如し。

七月九日。雨ふりて風冷なり。

七月十日。有楽座例年の如く文楽座人形芝居を興行す。古靭太夫?が良辨杉の段を聴いて暗涙を催したり。母子の愛を題材となすもの、丸本には類例もとより尠しとせず。されどこの良辨杉の如く、直接深刻に母子再会の情を現せしものは稀なるべし。余故あつて日々慈顔を拝すること能はず。此の浄瑠璃をきいて感動措く能はざるなり。

七月十二日。玉山子と銀座の草市を歩む。

七月十三日。西風颯々涼気秋に似たり。窗を開いて書を曝す。

七月十四日。有楽座人形芝居二ノ替を見る。平岡君に逢ひ、自働車を山の手の狭斜に走らす。

七月十五日。炎熱日に日に盛なり。困憊甚し。

七月十六日。帝国劇塲廊下にて葵山子に逢ふ。

七月十七日。雑誌国粋の記者清果一籃を贈り来りて寄稿を請ふ。〔朱書〕{小品文砂糖を寄稿す}

七月十八日。連夜人形芝居を看る。

七月十九日。

七月廿一日。驟雨雷鳴。

七月廿二日。驟雨あり。

七月廿三日。天候いよ/\穏ならず。両国川開中止となる。

七月廿四日。降続きし雨深更に至り益々甚し。明治四十三年秋隅田川暴漲の事を想出しぬ。翁家の富松も既になき人の数に入りぬ。

七月廿五日。久振りにて清元会を聴く。夕陽明媚なりしが初更の頃より雨また沛然たり。

七月廿六日。隂晴定まらず。時々微雨あり。虫声を聞く。

七月廿七日。雨ふる。

七月廿八日。木曜会に徃く。帰途始めて月を見る。

七月廿九日。松莚子に招がれて風月堂に飲む。

七月三十日。浅草散歩の途上古書肆浅倉屋を訪ひしが獲るところなし。

七月卅一日。

*


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-01-12 (月) 18:56:07 (838d)