四月一日。夜暖にして漫歩によし。不願醒客と三十間堀に飲む。

四月二日。晴、後に雨。

四月三日。風雨を冒して明治座に徃く。此日初日なり。君新作の狂言其姿団七縞を見る。

四月四日。天気定まらず風烈し。梅花落尽して桜未開かず。

四月五日。竈河岸八新亭にて正午明治座当祝の酒宴あり。帰途毎夕新聞社に唖々子を訪ひ、新橋の弥生に一酌す。

四月六日。

四月七日。風吹き狂ひて夕方より雨ふる。桜花の候、天気日々行楽に適せず。大正二年大窪多与里を書きける頃、花開きて風寒き日多かりし事ども、何ともつかず憶ひ起しぬ。

四月八日。

四月九日。市兵衛町表通宮内省御用邸塀外に老桜数株あり。昨日あたりより花満開となれり。近鄰の児童羣れ集りて、或は石を投げ、或は竹竿にて枝を折り取らむとす。日本の子供は犬を見れば撲ち、花を見れば折らざれば已まず。獰悪山猿の如し。

四月十一日。春陽堂店員来り、余が旧作の脚本をあつめて一巻となし出版せむことを請ふ。

四月十二日。暮雨瀟瀟たり。

四月十三日。雨中芝山内を過ぐ。花落ちて樹は烟の如く草は蓐の如し。燈下山内秋生君新著青春の序を草す。

四月十四日。午後七草会。夜木曜会運座。雨後半輪の月佳し。

四月十五日。崖の草生茂りて午後の樹影夏らしくなりぬ。

四月十六日。銀座通の商舗早くも麦藁帽を陳列す。路傍に西洋百合天竺葵の球根を売るもの多し。夜鶴屋南北の脚本集を読む。

四月十七日。時々驟雨あり。

四月十八日。午前驟雨。午後に霽る。

四月十九日。風冷なり。庭の雑草を除く。花壇の薔薇花将に開かむとす。

四月二十日。不願醒客と南鍋町弥生に飲む。

四月廿一日。晩餐後築地河岸を歩む。溝渠の水死して月黯澹たり。深更雨ふる。

四月廿二日。雨歇まず。腹痛を虞れて湯たんぽを抱き机に凭る。深更に及んで雨滝の如し。

四月廿三日。快晴。夜月よし。蛙鳴く。

四月廿四日。旧作の脚本を取りまとめて春陽堂に送る。

四月廿五日。松莚子に招がれて八新亭に飲む。

四月廿六日。新樹書窗を蔽ふ。チユリツプ花開く。

四月廿七日。竹田屋の主人一九?の膝栗毛を持来る。

四月廿八日。薄暮木曜会に徃かむとして驟雨に妨げらる。唖々子と烏森の待合嶺月に飲む。雨後月あり。

四月廿九日。天気晴朗。薫風爽颯。

四月三十日。陰る。銀座街上青楓画伯?に逢ふ。 *


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-01-05 (月) 13:25:25 (815d)