三月朔。細雨糸の如し。風暖にして花壇の土は軟に潤ひ、草の芽青きこと染めたる如し。

三月二日。明治座稽古。

三月三日。午後より明治座惣ざらひなり。余寒の時節芝居小屋に出入するは余の恐るゝ所なり。されど幸にしてまだ風邪ひかず。

三月四日。明治座舞台稽古なり。帰途風月堂にて晩餐をなし家に帰る。疲労甚し。炉辺更に葡萄酒を傾けて寝に就く。

三月五日。曇天。明治座初日。

三月六日。晴天。昨夜明治座初日、二番目出揃ひに至らざりし故今日重ねて見に行きぬ。

三月七日。毎朝鶯語窗外に滑なり。

三月八日。木村錦花明治座脚本礼金参百円持参す。夜有楽座に徃く。図らず大石冬牆君に逢ふ。

三月九日。蜀山人随筆?を閲読す。松莚子依頼の脚本資料を得むがためなり。夜九穂子と三十間堀に一酌す。春宵漸く暖なり。

三月十日。窗外頻に囀る。夜若松屋にて玄文社合評会。

三月十一日。曇りて風静なり。

三月十二日。春雨暖なり。満庭の草色碧きこと油の如し。案頭の桜草花既に落つ。

三月十四日。東仲通鳥屋末広にて七草会あり。

三月十五日。風さむし。唖々子来る。

三月十六日。晩餐後明治座に赴く。松莚君令閨の鶉にて自作の狂言を見る。

三月十七日。木曜会に徃く。

三月十八日。此日彼岸の入にて風寒し。

三月十九日。庭の満開なり。

三月二十日。西南の風烈しく塵埃烟の如し。夜に至り雨ふる。

三月二十一日。春分。天気晴朗。

三月廿二日。風月堂にて夕餉をなし、有楽座に立寄る。久米氏風労にて顔面いがみ元気なし。花月主人もこの頃持病に悩まさるといふ。

三月廿三日。雁来紅の種をまき、の根分をなす。晩風冷なり。木下杢太郎その全集第一巻を贈らる。

三月廿四日。晴天。母上鷲津貞?同道にて来訪せらる。倶に銀座の風月堂にて食事をなし、余は別れて木曜会に徃く。春月朦朧たり。

三月廿五日。雨ふりて風寒し。花散る。

三月廿六日。寒風冬の如し。春陽堂店員歓楽?別本製本を持ち来る。

三月廿七日。守田勘弥の文藝座を見る。帰途雨。

三月廿九日。春酣にして風猶寒し。松莚子に招がれて八新に飲む。

三月三十日。瑞香の花満開なり。夜外より帰来つて門を開くや、香風脉々として面を撲つ。俗塵を一洗し得たるの思あり。

三月卅一日。松莚子と風月堂に会飲す。夜暖にして外套も早や重くなりぬ。

*


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-01-05 (月) 13:22:27 (871d)