二月朔。今年は大寒に入りてより益暖なり。鄰家の冬至梅既に満開なり。

二月二日。温暖頭痛を覚るばかりなり。全集第五巻校正甚多忙。夜に至りて俄に寒し。

二月三日。雪ふる。

二月四日。立春。

二月五日。雪後天気あたゝかなり。

二月六日。フランスの小説イストワル・コミツクを読む。

二月七日。偏奇館漫録春陽堂に郵送す。

二月八日。春寒甚し。

二月九日。微恙あり。

二月十日。風邪。門を掩て出でず。

二月十一日。風邪痊えず。細雨残雪に滴る。庭上の光景甚荒涼。

二月十二日。雨歇まず。

二月十三日。晴。

二月十四日。松竹社七草会例会。正午地震。

二月十五日。風労猶痊えず。

二月十六日。雪まじりの雨なり。

二月十七日。木曜会。

二月十八日。午後三才社に徃かむとせしが風塵甚しければ虎の門より帰る。

二月十九日。晴れて暖なり。我善坊谷上、宮内省御用邸裏の石垣、東向きにて日あたり好く石垣の間より蒲英公[#「蒲英公」はママ]の花さき出でたり。仙石山を過ぎ電車に乗りて神田小川町仏蘭西書院に赴く。

二月二十日。晴天。去年栽えたる球根悉く芽を発す。

二月廿一日。唖々子と銀座清新軒に飲む。春寒料峭。

二月廿二日。早朝雪降りしが須臾にして歇む。日永くなりて薄暮の庭に雀多く来る。

二月廿三日。晴天。午後中洲病院に赴き、健康診断を乞ふ。白木屋にて毛布二枚を購ふ。夜具追々破れ来りしかど、此頃の女中には針持ち得ぬもの多くなりたれば、寝具も追々西洋風にかへるつもりなり。

二月二十四日。木曜日。夕刻より雨雪となる。

二月二十五日。松莚子に招がれて八新に飲む。

二月二十六日。明治座稽古。夜杵屋勝四郎来る。拙作夜網誰白魚上場につき、之に使ふべき独吟鳴物の相談に来りしなり。春風日に従つてあたゝかなり。

二月二十七日。早朝より門前に児童の打騒く声きこゆ。即日曜日なるを知る。

二月二十八日。風暖なり。銀座に徃き鳩居堂にて細筆五十本ほど購ふ。堀口大学レニヱーの著ヱスキツス[#「ヱスキツス」はママ]・ヱニシヱンを郵送し来る。開封して直に読む。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-01-20 (火) 21:41:41 (885d)