乃木坂の「君の名は希望」は悲しい名曲(あるいは最高のキモ曲)

戸谷洋志先生という若手の哲学の先生が『Jポップで考える哲学』っていう本を出版されたので、ポップ音楽大好き哲学ちょっと好きとしてさっそく読んでみました。歌詞の分析ものは好きなんよね。流行音楽の歌詞使いながら、大陸系の哲学っ … 続きを読む 乃木坂の「君の名は希望」は悲しい名曲(あるいは最高のキモ曲)

映画『セッション』はこんなプロットだったらよかったのに

話題のようなので『セッション』って映画見たんですが、ぜんぜん音楽映画じゃないし音楽もよくないしひどいものでした。すみからすみまでひどくて、なにも褒めるところがない(せいぜいガールフレンドぐらい)。あれほど見て後悔した映画 … 続きを読む 映画『セッション』はこんなプロットだったらよかったのに

キリンジのエイリアンズの歌詞は最高だ

ミスチルの悪口書いててもしょうがないので、どういう歌詞がよい曲と思ってるかっていうのを、4年前にツイッタに書いたメモから復元。実はこの曲、そのころまで知らなかったんよね。 遥か空に旅客機 音もなく 公団の屋根の上 どこへ … 続きを読む キリンジのエイリアンズの歌詞は最高だ

ミスチルの「口がすべって」を聞いてぼやいた

ミスチルはすごく気になるアーティストなんすよね。いろいろ思うところがある。今ごろなんかのきっかけで「口がすべって」という曲を聞いてすごい歌詞にびっくりしたのでぼやいた記録。 口がすべって君を怒らせた いかんですね。「すべ … 続きを読む ミスチルの「口がすべって」を聞いてぼやいた

人生には何枚のCDが必要かクラシック編

コレクター気質とかってのはあんまりなくて、なにかをコンプリートしたりすることには興味がないのですが、とりあえずいろいろ読んだり聞いたりしたいっていう欲求はけっこう強くて、昨日iTunes見たら4666アルバムとか入ってて … 続きを読む 人生には何枚のCDが必要かクラシック編

ディープ・パープルも今聞くとよい

ツェッペリンと並び称されたディープパープルとか、私ほとんど聞いてないです。 でも比較してみるとリズムに対する態度の違いがわかりますよね。 Burn イントロのハイハット、これはツェッペリンもやるわけですが、パープルだとこ … 続きを読む ディープ・パープルも今聞くとよい

ツェッペリンのポリリズム

何回が出してますけど、ツェッペリンはかっこいいですね。古典ロックグループでは一番好きなんじゃないかな。今年になってリマスター+未発表音源が出てるみたいなんで購入を検討しているところ。でも高い。 私にとってのツェッペリンの … 続きを読む ツェッペリンのポリリズム

田村和紀夫先生の本を読もう!

これ、昔書いてそのまま「下書き」になってた。その後、さらにいくつか読んだんですが、とにかくこの先生はすばらしいので読みましょう。 ——————&#8 … 続きを読む 田村和紀夫先生の本を読もう!

ローランドカーク先生を聞いて秋に耐える

ローランドカーク先生も好きですねえ。口に複数楽器咥えて和音鳴らしちゃったりする盲目の音楽家。 とくにこのThe Return of the 5000 Lb. manってのが好きでたまらん。 最初の曲はこんななの。いっしょ … 続きを読む ローランドカーク先生を聞いて秋に耐える

ストーンズのバラードは最高だ

普段はロックはあんまり聞かないわけですが、時々ストーンズのミディアム〜スロー曲は聞きたくなるんですよね。特に70年代〜80年代前半のが好き。 Wild horses、Angie、 If you really want t … 続きを読む ストーンズのバラードは最高だ