ジャズ入門(21) ジャズ(バップ)というのは結局ツーファイブなのです

ジャズっぽい響きというのはなんなのかといえば、それはけっきょく5度進行の響き、II-V(ツーファイブ)あのだ、ということになります。 5度進行というのはコードがD→Gのようにピアノの鍵盤4つ分(これが5度)動く進行。II … 続きを読む ジャズ入門(21) ジャズ(バップ)というのは結局ツーファイブなのです

ジャズ入門(20) オルガンジャズ

まあジャズをマイルスデイヴィス先生とかコルトレーン先生とかを中心に考えちゃうとなんかシリアスな音楽であるって感じになっちゃうわけですが、やっぱり大衆娯楽なわけでね。 楽しいジャズといえばファンキーなやつで、まあ一時期のア … 続きを読む ジャズ入門(20) オルガンジャズ

ジャズ入門(19) モードジャズとかってのはあれだ

マイルスのSo What以降、ジャズはモードジャズになった、みたいなのは何重にも間違ってます。 第一に、それ以前のやりかたが廃れたわけじゃない。ハードバップや、ハードバップの一種としてのファンキーはずっと続いてた。ってい … 続きを読む ジャズ入門(19) モードジャズとかってのはあれだ

ジャズ入門(18) ドルフィーが好きなのです

前のエントリでドルフィーの名前出しちゃったので1曲紹介。 もう好きすぎます。アルトを吹くとパーカーを抽象的にしたような感じ。音楽的には4度とか6度、9度と音程の幅が広い動きをするのでなんやらわからん。バスクラってジャズで … 続きを読む ジャズ入門(18) ドルフィーが好きなのです

ジャズ入門(17) アレンジの妙

ファンキージャズもそうなんだけど、1960年前後はアドリブ一発ってのを離れて、曲やアレンジしっかりして全体として演奏を作ろうっていう方向性が強い。まあこれはマイルスがハードバップはじめたときからの方向性でもあるけど、マイ … 続きを読む ジャズ入門(17) アレンジの妙

ジャズ入門(16) オーネットコールマンのフリージャズ

マイルスと同じように、うまく吹けないけど一発当てたい男がいました。あんまり頭もよくないし教養もない。音楽理論とかちゃんと理解できない。そもそもチューニングもできない。さてどうするか。 答:あまり考えずに自由にやる。ただし … 続きを読む ジャズ入門(16) オーネットコールマンのフリージャズ

ジャズ入門(15) モテ系白人ジャズ

モテそうだ。モテることを考えている。憎い憎い。 おそらく商業的には黒人アーティストよりこっちの方が成功してたのではないか。 アートペッパーがマイルスバンドと。いじめられそうですがそこそこ戦ってます。 まあ顔もよかったらし … 続きを読む ジャズ入門(15) モテ系白人ジャズ

ジャズ入門(14) ファンキージャズ

ちょっと時間が前後して60年代前半までいっちゃうけど。 まああんまりアートだの芸術だのしてないで、楽しければいいのではないか。音楽というのは音を楽しむと書くのです!みたいな人もいるわけだわね。 まあポピュラー音楽というい … 続きを読む ジャズ入門(14) ファンキージャズ

ジャズ入門(13) エヴァンス先生によるドラムとベースの解放

ビルエヴァンス先生はモードジャズとかってのの他にもう一つ大きな働きをしていて、ドラムとベースを同じこと繰り返すことから解放したんですわ。 いまままで聞いてきた曲はぜんぶドラムはチーキキチーチキ、ベースはぶんぶんウォークし … 続きを読む ジャズ入門(13) エヴァンス先生によるドラムとベースの解放

ジャズ入門(12) モードジャズ

皆が速くて激しい音楽やってるとき、そういう演奏できない人間はどうするか。ってのがまたしてもマイルスデイヴィス先生を襲った問題だった、って理解していいんちゃうかな。 んで、ギルエヴァンス先生とかインテリ白人に相談するのもい … 続きを読む ジャズ入門(12) モードジャズ