ノディングス先生

原書届いた。第2版。

Caring: A Feminine Approach to Ethics and Moral Education

Caring: A Feminine Approach to Ethics and Moral Education

  • やっぱり翻訳は問題が多い感じ。たとえば一番最初からまちがえてる。

    辞書によれば、「ケア」とは、心的な受動的作用(mental suffering)、ないしは専心没頭(engrossment)の一状態である。ケアするというのは、負荷された心的状態、つまり、なにやかや、だれかについての、心配や、恐れや、気づかいの状態の中にあることである。言いかえると、ひとが、なにかやだれかに関心や、好みがある場合に、そのなにかやだれかに対してケアすることである。もし、わたしが、数学に対して好みがあれば、喜んでそれに時間を割くだろうし、もし、あなたに関心があれば、あなたがなにを考え、感じ、望んでいるかは、わたしにとって、大きな関心事になろう。そしてまた、ケアすることは、なにかやだれかの保護や、福祉や、扶助を託されているという意味でもあろう。(邦訳p. 13-14、下線江口)

    Our dictionaries tell us that “care” is a state of mental suffering or of engrossment: to care is to be in a burdened mental state, one of anxiety, fear, or solicitude about sometning or someone. Alternatively, one cares for something or someone if one has a regard for or inclination toward that something or someone. If I have an inclination toward mathematics, I may willingly spend some time with it, and if I have a regard for you, what you think, feel, and desire will matter to me. And, again, to care may mean to be charged with the protection, welfare, or maintenance of something or someone. (強調江口)

  • ランダムハウス
    ■n.
    【1】心配,気苦労;不安,懸念;気がかり;_しばしば cares_心配ごと,苦労の種:
    worldly cares 俗世[浮世]の苦労
    borrow care 取り越し苦労をする
    drown (one's) care(s) in drink 心配を酒で紛らす
    Care aged him. 気苦労のため彼はふけ込んだ
    He was never free from care. 彼の心配が絶えたことはなかった
    Their son has always been a great care on their minds. 息子は彼らにとっていつも
    悩みの種であった.
    【2】注意,用心,留意;気配り,心遣い:
    meticulous [or the nicest] care 細心の注意
    exercise due [or proper] care しかるべく用心[注意]する
    With care. _荷物の張り紙_取扱い注意
    She devotes great care to her work. 彼女は仕事に大変な注意を払う.
    【3】世話,保護,看護;ケア,介護,介抱,介助,養護,監督,管理;_英_(公的機関による)保育
    (child care):
    skin care 肌の手入れ
    be taken into care by him 彼の世話になる
    be busy with the care of children 子供の世話で忙しい
    be under the care of a doctor 医者にかかっている
    I will leave this to [or in] your care. これは君に任せよう.
    
  • 第2版には新しい序文がついてる。

    おそらくこの本で展開されたケア理論の最大の貢献は、ケア関係を強調したことである。個人ではなく関係が存在論的な基礎であり、わたしは「ケアリング」という語をある種の関係や出会いを記述するために用いた。また一方、「ケアリング」は、道徳的行為者によって行使される特性あるいは性向としても解釈できる。私は『ケアリング』でこのことばを両方の意味で使っており、この区別を常に注意ぶかく行なっていたとはいえない。しかし、私の意図は第2章の終り付近で明らかだろう。「しかし、ケアリングは他者、ケアされる者を含む関係であり、またすでに指摘したようにケアする者とケアされる者は相互に依存している。」(p.58)。両者がケア関係で重要な役割を果たすのである。 (p. xiii)

他の文献も読んでみる

手に入りやすいものだけ適当に見てみましょう。

  • 斎藤真緒「「ケア」をめぐるアポリア」、『立命館人間科学研究』第5号、2003。国内の基本文献調査。見通しがよくて役に立つ。「感情労働」についても論じている。なにが「アポリア」かよくわからない。
    どうも中村直美先生が「アポリア」として指摘したってことらしい。

  • 中村先生調べないと。
  • 宮内寿子先生がけっこうよい。 「ケア倫理の可能性」『筑波学院大紀要』第3集、2008。ノディングスとクーゼの批判を紹介。他に「ケアリングと男女共同参画」とか「自由と幸福」とか、着実で好感。
  • 生命倫理学を学ぶ人のために』の竹山重光先生のやつ。メイヤロフは重要だよ。あとギリガンとノディングスの紹介。字数少ないからこんなものだろう。もっと分量増やした方がよかったんじゃないだろうか。そういやこの本はもう10年前だから、アップデートした方がよいのではないかという気もする。
  • 岡野八代先生はこの分野ではすでに大物だ。『シティズンシップの政治学―国民・国家主義批判 フェミニズム的転回叢書』とかこのひとのも脱構築しちゃって難しいから腰落ちつけて読まないとなあ。あ、『現代思想』2005年9月号の「繕いのフェミニズムへ」の方が重要だわ。でもどうもこの方も功利主義でいいんじゃないかという気がする。
    功利主義も「自他の区別」とか(それだけでは)あんまり気にしませんよ。っていうか
    まさにその点がロールズ先生あたりから攻撃されてたわけで。やっぱり
    藁人形攻撃しているっていうか、80年代の「正義論」がだめすぎたように見えるなあ。

  • 牟田和恵先生もなんか書いてそうな気がしたけど、見つからん。
  • 上野千鶴子先生とかも調べる必要あるんだろうか。あ、上の『現代思想』になんかインタビューが。
  • それにしてもクーゼはまともだ。
  • 図書館に『時代転換期の法と政策 (熊本大学法学会叢書)』があった。中村直美「正義の思考とケアの思考」。
    よい。「ケアの倫理」とかじゃなくて「ケアの思考」にしてるのがとてもよい。
    内容も正統派。クーゼ派。お、ストッカーの「分裂症」論文や、それに答えるヘアの二層理論にも
    触れてるぞ。よい。

    雑感

  • どうも地位や権力もってる主流派の方に説得力を感じるのはやっぱり
    すでに権力とかもっちゃってるからなのか、男性的思考に染まりきってるからなのか、
    ケア能力が足りないからか邪悪だからか。精神分析されたり脱構築されちゃうとやだな。

  • 自明な結論は、「ケアも正義も大事です、特に最近はケアとか忘れられてたかもしれないので注意しましょう」。品川先生もこの結論でいいんじゃないだろうか。
  • でもたしかにケアとか、仁愛とかに代表される人間的な徳とか、そういうのって
    ここ最近の「倫理学」の議論で無視されがちだったように見えるかもしれんよな(実はそうじゃないんだけど)。

  • 加藤尚武先生あたりが
    「倫理学ってのは対立を調停する手段を考える学問だ」とか「合意形成こそ重要」とか
    そういう主張してた(正確じゃないけど)のが裏目に出てるのかもしれないなあ。倫理学ってのは
    そんな貧弱なもんではないぞと言いたいひとがいるのはとてもよく理解できる。

  • 「愚行権」とかって言葉が流通しちゃって*1、リベラリズムってのが「とにかく他人をほうっておくことなのだ」とか理解されちゃってるのもなんだか有害だ。
  • ミルの『自由論』の立場は、「他人はほっとけ」なんてもんじゃないぞ!誰かが他人には危害加えないけど道徳的にやばいことしてたら
    世論の非難とかしてぜんぜんかまわん。全力で説得しようと試みてぜんぜんかまわん。

  • それに、誰かが困ってたら助け、破滅しそうだったら防げってのが
    ミルの意見だ。誰も壊れた橋を渡ろうとなんかしないのだから。特にミルの時代に比べて、
    われわれはミルが考えてたよりずっと弱いってことがわかってんだから。ギャンブルとかアル中とかドラッグとか。ミルは楽天的すぎたわね。でもミル先生がいま生きてたらそういう人類の経験からいろいろ考えて、立場をちょっと変更するだろう。
    まあミル先生は当時の悲惨な状況を主として教育の問題だと思ってたかもしれない。「このひとたちもちゃんと教育されればもっと
    うまく生きられるはずだ」とか思ってたんだろう。ミルが考えてたほど人間は可塑的ではないかもしれない。また合理的でも理性的でもない。

  • 国内ではどうも法と道徳の関係がよく理解されてない感じがする。
    あるいは社会制度と個人の徳との関係っていうか。これがやばい香りがする。

  • 特に国内の伝統としては各種の「徳」や「調和」「順応」「忍耐」「気配り」とかが重視される
    傾向があって、ケアとかの重要性をとなえるひとは各種の政治的含意にも
    気をつけてほしいような気はする。共同体主義についてもそう感じる。
    徳倫理学とかちゃんと紹介されたらとんでもなく
    流行するだろう。

  • 特に道徳教育の人たちはそういうのが好きだし、ケアとかばっかりに見える。ちょっと危険かもしれない。
  • だからまあケアを代表に、もっといろいろ人間生活で重要な価値について
    われわれは語りあうべきだわね。正義だけじゃだめ。美とかもあるし。

  • 哲学研究者はもっと “The importance of what we care about” を語りあうべきなんだよな。
    でもそれやるのに、脱構築やらなんやらのなんかヘンなものもってくる必要はない。古典の分厚い伝統をもってるってのが
    伝統的な哲学を専門とする研究者が関連諸分野の研究者に対してもってるアドバンテージなんじゃないかと思ってる。
    アリストテレスやヒュームやカントやミルやシジウィックからくみだせるものはまだまだたくさんありそうだ。哲学の伝統のうすっぺらい理解にまどわされる必要はないっしょ。

  • 米国の哲学教育がおかしくなってんじゃないかという印象はなんか強くなってる。
    アラン・ブルームやロバート・ベラーとかが危惧してた状況で育った学生たちがいま中核になってるんじゃないのかなあ。

  • だから品川先生の本はそこらへん考えさせてくれてとてもよいと思う。「善人の、善人による、善人のための倫理学」とか
    って言葉が最初読んだときから頭にあるんだけど、それだけじゃないはずだ。

*1:この言葉はミスリーディングで凶悪なほど有害だ。