ビバップの和声的側面(2) 勝手にいじる

まあ今日はお休みにしたので、1日かけてやってみましょう。

まず重要なことは、ビバップ以降のジャズというのは多層的な音楽だということです。

先に書いたエントリで「ビバップはポリリズムだ」って書いたんですが、これは複数のリズムが重なりあってるって意味で多層的なんですね。しかし実はリズムだけでなく、和声も多層的になっているのです。たとえばサックスとピアノとベースの3人がいる場合、この3人が同じコードを演奏しているとは限らないんですわ。

まあもちろん楽譜というかリードシート(メロディーとコード進行だけ書いてるのを使う)には「この部分は | C | Dm7 G7 | 」とか書いてあるわけですが、これをピアノの人は | C A7 | Dm7 Ebm7 Dm7 G7 G7(b13)|と考え、ベースの人は | C A7 | Dm7 Db7 |と考え、サックスの人は同じ場所を1回目 は| C | G7 | と考え、2回目は| G7| Db7|と叶えている、ということがありえるということです。当然音がぶつかって不協和な響きがしますが、それがジャズの響きなんす。

それにそもそも | C | Dm7 G7 | というのが原曲だとしても、「これは | C | Dm7 Db7|」とすることにしよう、みたいに相談して、かつ、上のような事態になる場合もあるし、
事前に相談するんじゃなく、その場でおこなわれる場合もある。非常にいいかげんな音楽でもあるわけです。

私自身本を読んでもこういうことの意味がわからなかったのです。ジャズ教則本には「コード進行の修飾の仕方」みたいな項目があるのですが、「なんでコード進行をいじる必要があるの?」とか。なぜそういう項目があるかというと、ミュージシャンはその場でコード進行をいじって(というか頭のなかで置き換えて考えて)弾くんですね。

前のエントリでConfirmationを聞いたときに、ピアノが「パッパー、パ」とか間の手を入れてるのはあれは頭のなかでコード進行を適当にいじって、それを弾いているのです。驚きましたか。私は驚きました。

おそらくこういうことを書いている本はそれほどないのではないか。

ビバップの和声的側面(1) 前置き

ビバップはリズムも非常に特徴があるのですが、和声的にもいろいろなことをしていて、これ解説するのは猛烈にたいへん。うまく解説するとお金が発生するくらいたいへんなのではないかと思うです。でもネットでうまい解説を見たことないので、ちと書いてみたい気はある。

でも実際には私は弾けないので頭でっかちな話になってしまう。音楽を鑑賞する上でもしあれば豊かになるような解説が書けるかどうか。

ミュージシャンは知ってるけどミュージシャンしか知らないこと、ってのが世の中にはあるんですよね。ジャズ批評家たちはなにもわからずに勝手に印象を書いているだけなわけで。菊地成孔先生はさすがにミュージシャンなだけあってすばらしい解説をしてくれているです。でもまあ素人向けにしたもんだわね。もうちょっとつっこめないか、という話。

(ビバップ)ジャズの和声理論はその後のポピュラー音楽の理論でもあって、それを開発したのが40年代のジャズミュージシャンたちってことになるんだと思います。偉大すぎる。彼らはたんに「思うように吹いてる」わけじゃなくて、いろいろ楽譜書いたり実際に演奏してみたりして理論を作りだしていった。それが60年代ぐらいにバークリーとかの教育メソッドになってミュージシャンの間で広まっていって、いまのポップ音楽があるわけです。そういうので非常に重要。

たとえば40年代後半〜50年代には日本のジャズミュージシャンたちはアメリカで何がおこなわれているかわからなくて、日本に来た米兵ミュージシャン(ハンプトン・ホーズとか)に教えてもらったり、レコードいっしょうけんめいコピーして「こう考えてるんちゃうか」ってやったり、それでもわかんなくてなんとかして海外留学したり(穐吉敏子先生は偉大だ)。渡辺貞夫先生がメソッドもちかえって帰国してからやっとわかった、みたいな感じなんちゃうかね。

まあとにかく複雑精緻。逆に、ビバップの和声の理論を理解すると、たいていのポップ音楽の作りを理解することになる。そういうポップ音楽の核の部分。私のような素人が書いてもあんまり意味ないんちゃうか、と思うんだけど、素人しか書けないこともあるんではないか、とも思ったりして。そういやこれはポピュラー音楽学会に入会するための業績づくりの一環なのです。あるていど「音楽知ってますよ」ってアピールしておかないと入りづらいじゃん。ははは。

ジャズ入門(4) ビバップのリズム的側面について語るよ

んで、40年代前半〜なかばは戦争もあったし、ミュージシャン組合とレコード会社がなんかあったとかであんまり録音が残されてないんですが、このころにジャズに革命が起こるわけです。

チャーリー・パーカーとかディジー・ガレスピーとかケニー・クラークとかセロニアス・モンクとかって天才たちが夜中にジャムセッションとかして腕比べしているうちに、スイングよりもっと自由で過激な芸術様式が生まれた。もう踊るための音楽ではなく、ミュージシャンがその場で適当な素材で腕競べし、客はそれを聞くというアートです。ビバップ。

50年代の演奏ですが、まあとりあえずパーカーのConfirmation。この曲好きでねえ。(ちなみにこの画像は左右逆だよね。おかしすぎる)

もうスイングとはぜんぜん違う音楽で、どこがどう違うかリストアップしていくだけでたいへんなんですが、まずはやはりリズム的側面からいきますか。

スイングはドラムがバスドラをドンドンドンドン4つ踏んでたんですが、それだと重くてダサいのでかわりにシンバルで4つ叩きます。チーチキチーチキ。バスドラはときどき裏でドンとアクセントに使われる。左手のスネアも右手でチーチキやりながらタタスタ、タ、タタッとか適当にあいの手やってる。これはとても難しいです。左足は2拍4拍でハイハット踏んでるし、両手両足バラバラに動かせないとできない。

ベースはスイングのときは同じ音を4つブンブンやることが多かったのですが、どんどん動く。音階を上下動いていくのでウォーキングベース。もちろん決まったことをやってるんじゃなくてその場でコード進行とスケール考えて、うまく合うようにそれを弾いてる。

ピアノは拍の頭で弾くことがなくなって、拍子のちょっと前で弾く。これもまあその場で適当にやってる。イントロとかピアノで出してますが、ああいうのもその場で考えられないとかっこ悪い。同じことを2回目やるときは1回目と違うことやらないとバカにされてしまう。これから何度も言うことになると思いますが、ジャズというのは競争的な音楽で、自分が優れていることを他の奴にアピールするのが主な目的です。自分が弾く部分を楽譜とか書いていくとバカにされてしまう。

それから、上の楽器(パーカーのアルトサックス)はあんまりハネない。スイングのを聞きなおしてもらうとわかるのですが、スイング時代にはドンドンドンドンチッチチッチチッチチッチと4拍子が8分三連でハネてる感じなんです。一応ジャズはこういうハネた3連符の感じ基本で、まあこの時期もいちおうベースとかはちょっとハネた感じに弾いてる。

ところがこの演奏のアルトはそのベースやドラムのリズムのハネに気をつかわず、平たく8分音符中心で演奏してます。だから演奏は12/8と8/8が重なってるポリリズムになっている。これがスイングとの決定的な差です。

どの程度ハネて演奏するかはそのプレイヤーの自由ですし、ハネたりハネなかったりしてもいいが、とりあえずドラムやベースと同じビートになることはあえて避ける!

実はこれがロックミュージシャンとかがジャズのまねとかしてもジャズにならない理由なんですわ。どうしても「バックに合わせる」ていう意識があるからドラムがハネてたらそれに合わせてハネちゃうんだけど、合わせないのがジャズだ、みたいな。これはすごい発想ですよ。

自分のソロのなかでも同じことが続くのを嫌って、8分音符と3連音符を交互につかったりしているのがわかると思います。そうすることでイーブン(8分)とハネ(3連)のポリリズムを強調するのです。

あとフレーズが小節の頭からはじまらなかったり、へんなところにアクセントがあったり、メロディックだなと思うといきなりピロピロはじめたり。こういう意外性を追求しまくったのがビバップです。

ちなみにパーカーのこのピロピロ速いよねえ。現代のギタリストもこんな速く弾けるひとはめったにいない。サックスの方がキーとか可動部分あって物理的に難しいと思うんですけどね。音もすごいでかかったらしく、この録音ではそういうもわかりますね。ピロピロもまあまえもって練習はしてるんだけど、いつそれを使うかってのは完全にその場のアドリブだし。天才。

Now's the Time
Now’s the Time

posted with amazlet at 12.12.28
Charlie Parker
Savoy Jazz (2006-02-14)
売り上げランキング: 469,744

上のが本物だけど、こっちの方が安くて10枚ぐみ。

Now's The Time
Now’s The Time

posted with amazlet at 12.12.28
Charlie Parker
Membran (2006-09-15)
売り上げランキング: 31,282

ジャズ入門(2) ジャズがジャズらしいのは1955〜1965の10年間

まあ前エントリのマイルスみたいなスタイルってのはマイルスが作ったわけですが、そのちょっと前の時期のアートブレイキーバンドのチュニジアの夜という有名曲。マイルスバンドにくらべると勢いがあって荒っぽいけどこういうのも人気ありますね。いわゆる「ハードバップ」です。ビバップがハードになったもの。ビバップがなんであるか、ハードバップがどう違うかはあとで。

ま、これも当然テーマの進行の上でどんな新しいメロディーを作れるかを競っているわけです。ジャズの本質には即興があります。即興演奏しないのはジャズじゃない、と言ってもまあOK。黒人音楽をルーツにした即興演奏する器楽中心の音楽がジャズだ、ぐらいの定義だとだいたいみんな納得するんちゃいますかね。

いま「競っている」と書きましたが、ジャズというのは本質的に競争的な音楽なんすよね。この演奏はアルトサックスとトランペットの二人がソロイストだけど、どっちが速くて印象的な演奏をするかを本気で競ってます。同じ楽器が二人いたりするともう本気のやっつけあいになります。「カッティング」っていうんですけどね。お互いの喉を切りあう感じ。

マイルスバンドは対照的になるように考えていて、ああいうのはマイルスのスタイルであって一般的ではなかった。アルトはルードナルドソン、トランペットはクリフォードブラウンで、ブラウンの勝ちに聞こえますね。ハイトーンばしばし決めてかっこいい。まあブラウン先生は最強のトランペッターなので、しょうがないです。ピアノのホレスシルヴァーは個性的で、二人の喧嘩からちょっと距離をとってる感じですな。

ジャズのおもしろいところは、あとバックの3人(ドラム、ベース、ピアノ)、または2人(ベースとドラム)が適当な茶々みたいなのを入れるわけですね。反応のいいバンドはそれが連鎖する。このバンドはブレイキーのドラムがいろいろバチバチあおってますが、マイルスバンドの3人の連携とかすごいもんです。これもあとでもっと詳しく分析してみましょう。

これが1954年の演奏で、これから10年ぐらいがモダンジャズの黄金時代という感じですね。いわゆる名盤のほとんどはこの時期に生産されている。

(ちなみに、まあ正直この盤は世間的には名盤ってことになってるけど、それほど音楽的な価値があるかってのは私はあんまり自信がないです。歴史的にジャズ黄金時代のはじまりをつげる作品ではあるわけですが。)

ジャズ入門(1) ジャズとはマイルスデイヴィスの音楽である

ジャズっていうのはなんであるのか、というのはまあ難しいというか無意味な問題かもしれんですね。こういうのはジャンルの哲学とか分類の哲学とかそいう問題になっちゃう。

私はジャズってのはマイルスデイヴィスの音楽を中心に、彼に強い影響を与えた人々と彼から強い影響を受けた人々の音楽である、ぐらいでいいのではないか、なんておもってたりして。まあマイルス本人は自分の音楽を「ジャズ」って呼ばれるのいやがってたみたいですから、まあこの定義はだめです。

でも「ルイ・アームストロング、デューク・エリントン、カウント・ベイシー、レスター・ヤング、チャーリー・パーカー、ディジー・ガレスピー、マイルス、コルトレーンらがやった音楽とその影響下にある音楽」みたいなのは魅力があるなあ。やっぱりマイルスはいろんな意味で中心だと思います。パーカーの音楽だってマイルスがいなかったらああはならなかったはずだし。

まあそういうのはどうでもいいけど、とりあえずジャズを1曲って言われたらやっぱりマイルスのなにかを聞かせるでしょうね。とりあえずRound Midnightでいいのではないか。

聞きどころは最初のマイルス先生のトランペットが、途中のバンプ(キメ、パッパッパー、パッパ!)のところであばれるところ、そのあとのコルトレーンの大暴れとかですか。曲はセロニアス・モンクの有名曲だけど、マイルスがコード進行とか単純化して彼の美学にあうようにしています。アレンジとかはクレジットないけどギル・エヴァンス先生がやっという話。

イントロのあとに、マイルス先生がまずテーマのメロディーを提示するわけですが、モンクが作曲したそのまんまじゃなくて最初からある程度くずしてます。こういうのはフランク・シナトラ先生とかが得意で、当時シナトラが好きだったマイルスが真似したとか。これ以降、皆有名バラード曲の場合にはどっかメロディーをくずして演奏するのが定番になります。だからちょっとわかりにくいよね。基本的にこの時代からはボーカリストもメロディーくずしちゃう。最初わたしはそういうのとまどってました。まあツウというかある程度聞いてる人は何十回も何百回も聞いてるのでおぼえちゃってるわけです。そこらへんジャズがわかりにくい理由の一つでもあります。まあ歌舞伎みたいなもんで、みんな筋とか知ってるから一部だけ見ても大丈夫、みたいなのが期待されてる。実際、(この曲はジャズオリジナルだけど)ジャズでやられるバラードはたいていミュージカルの流行歌だったりするのでみんな知ってるわけです。それをどう料理するかってのを見せるのがジャズ。白人に対して黒人たちが自分たちの音楽的技術と才能を見せつけるためにわざと(白人)ミュージカルの音楽を素材にしたんだ、みたいな話もあります。半分本当みたい。

印象的なバンプのあとはコルトレーン先生。マイルスのクールな演奏と対照的に音数多くして上から下まであばれまわります。今聞いてみたら、そのアドリブのなかに、マイルスのくずしかたが反映されているところがあるように思いました。ジャズはコミュニケーションでもあって、前に演奏した人のフレーズとかを瞬間的におぼえて演奏したりもするんですね。あとバックのピアノとかのフレーズをまねしたり、逆にピアノがソロをまねしたり。そういうコミュニケーションがおこなわれます。

んでマイルスがもう1回テーマのメロディー吹いておしまい。文句なしの名演です。これがまあジャズですわ。

Round About Midnight

Round About Midnight

posted with amazlet at 12.12.28
Miles Davis
Sony (2001-04-18)
売り上げランキング: 5,233

もっと安いのもあるんだけどね。