ラッセル先生のセックス哲学(4) ばんばん不倫しましょう

ラッセル先生にとって、家族は子供を作りそだてる、っていう目的のために重要なわけっすわ。そしてそれはお金もち以外は一夫一婦制になる。子供への投資と養育はびっちりやりたいからですわね。教育とか、とにかく他の子供との比較で有利な方がよいのでびっちりやりたくなるのだと思う。さらにコンパニオンシップっていうか、男女ともに信頼できる相手と結婚しているのには心理的な利点がある。ラッセル先生にとっても結婚は基本的にはよいものです。

しかしここで問題です。でも、あんまり長くいっしょにいると性的には飽きちゃうのです。どんなカップルも、結婚して数年するとセックスレスになってしまったりする。少なくとも回数減る。ラッセル先生にとって恋愛やセックスは非常に人間の健康と幸福にとって非常に重要なので、奥さんに性的な魅力を感じなくなってしまうと困ります。

だいたいそもそも禁欲は心身の健康に悪いんですわ。

完全に性を断つことは、特に結婚生活ですでに性になれている人にとっては、非常に苦しいことだ。その結果、男性であれ、女性であれ、早く年をとってしまうことが、ままある。神経障害を引き起こす恐れもないわけではない。ともかく、無理な努力をするために、えてして感じの悪い、ねたみ深い、怒りっぽいタイプの性格になりやすい。(p.218)

神経障害っていうのは、19世紀後半から人気だった神経症、ヒステリーやメランコリー(鬱)ね。セックスすれば直りますよ。ここらへんもフロイト先生を念頭に置いてるっぽい。性的欲求不満がいろんな問題をひきおこす、っていう推測はこのころ一般的になるんですね。ほんとかどうかわからないけど、現在の幸福研究でもセックスの頻度と幸福度のあいだには強い相関があると言われてます 1)もちろんセックスすりゃ幸福になる、っていう単純な因果関係ではないかもしれない。幸福な人がたくさんセックスするんでしょうな。

それに、不倫は絶対だめだ、っことにしておくと、いざ欲望に負けてしてしまうときに、過剰にやばい行動をとってしまう。

男性の中には、自制心が突然くずれて、残虐な行為に及ぶという、由々しい危険がつねにひそんでいる。というのも、もし婚外の性交はいっさい邪悪である、と心から信じているなら、実際にそういう性交を求めるとき、毒をくらわば皿までという気持ちになり、その結果、いっさいの道徳的な抑制をかなぐり捨ててしまう恐れがあるからだ。(p.218)

そうなんすか先生。やばいっす。ジキルハイドっすね。昼は温厚な大学教授、夜は性獣って人がけっこういるんすかね。

でも、コンパニオンシップは重要ですので結婚は大事です。ではどうしますか。

答:姦通しましょう。

ははは。

私の考えでは、姦通そのものは、離婚の根拠とするべきではない。人間、抑制や強い道徳的なためらいに抑えられないかぎり、おりふし姦通への強い衝動をおぼえることもなく一生を過すというのは、まずありそうもないことだ。……たとえば、ある男性が、ぶっ続けに数ヶ月も、所用で家をあけなければななくなったとしよう。もしも、彼が肉体的に精力旺盛であるなら、どんなに妻が好きでも、この期間中ずっと性欲を抑えていことはむずかしいだろう。彼の妻が因習的な道徳は正しい、と信じきっているのでないかぎり、このことは、彼の妻にもあてはまる。(p.221)

まあ男女とも、数ヶ月セックスできないと他の人とセックスしてもしょうがない、っことですね。こういうの、ラッセル先生が男女のセックスに対する心理にあんまり違いがないと想定しているのが読める気がする。

というわけで、とりあえず結婚して生殖をすませたら、お互い浮気とかしまくりましょう、ってのがラッセル先生の提案。

そういう事情のもとでの浮気は、その後の幸福にとって少しも障害にはならないはずだし、夫婦がメロドロマじみた嫉妬騒ぎを起こすには及ばないと考えている場合は、事実、障害にならないのである。(p.222)

姦通の心理は、因習的な道徳のために曲げて伝えられてきた。というのも、この道徳は、一夫一婦制の国では、ある人に惹かれる気持ちは、別な人への真剣な愛着と共存できない、と決めてかかっているからだ。これが誤っていることは、だれでも知っているが、嫉妬に駆られて、だれもがこの誤った理論をよりどころにして、針小棒大に言うのである。だから、姦通は、離婚の十分な根拠にならない。(p.222)

まじめな恋愛や愛情は排他的なはずだ、という考え方はまちがっているというわけです。

避妊法のおかげで性交そのものと、生殖のための協力としての結婚とを区別することが、以前よりもずっと楽にできるようになった。この理由で、いまや、姦通は、因習的な道徳律のもとで見たときよりも、はるかに重要視しなくて済むようになっている。(p.223)

というわけで、子供作る気がなかったりできなかったりしたら離婚したらしいし、飽きたたり物理的にしばらく離れてたり、他に魅力的な人がいたらばんばん浮気したり不倫したり姦通したりしましょう。

「根底にある愛情が無傷のままであるなら、つねに起こりがちな、こんな一時の浮気は、お互いに辛抱できるようでなければならない、と言ってもよい。」(p.222)

ここらへんまで説明すると、学生様は「うわぁ」とかって反応しますね。前にリチャード・テイラー先生のLove Affairって本を紹介したんですが、ラッセル先生の影響下でのものなんね。まあそうでないにしても偉い哲学者は同じようなことを考えるわけです。まあラッセル先生にしても、テイラー先生にしても「おたがいに嫉妬しなければ結婚生活は続けられるよ」みたいなことを言う。

というわけで「オープンマリッジ」とかそういうのの提唱のさきがけ。結婚はしてるけど、浮気はおたがいにOK。ただし浮気してないと嘘つくのはやめましょう、ぜんぶ正直に話せば大丈夫です、みたいな。サルトルとボーヴォワールのが有名だけど、おそらく元はラッセル先生のこういう提案なんすわね。ラッセル先生は隠しごとしないでおおっぴらに浮気して、奥さんに嫉妬しないことを求めたけど、当然トラブルになる。結局3回離婚して4回結婚してるけど、結婚してるあいだも、妻の目の前でガールフレンドと電話してたとかって話読んだ気がする。あと特にやばいのが息子の嫁に手を出したとか。これはいかんですね。

「「公然たる不倫」の生活をするのは、それが実行できる場合は、個人にとっても、社会にとっても最も害の少ないものであるが、たいていの場合、経済的な理由から不可能だ。公然たる不倫の生活をしようとする医者や弁護士は、患者や依頼人をそっくり失うだろう。どの分野でもいい、学問的職業にたずさわっている人は、即刻、地位を失うだろう。」(p.219)

そしてこれに注がつく。「ただし、たまたま古い大学の一つで教えており、近い親戚に閣僚経験のある貴族がいる場合は、話は別である。」はははは。憎い憎い。ラッセル先生の場合は「近い親戚」はおじいさんね。でも他にもいたかも。そらこんな人、性的にまじめなウィトゲンシュタイン先生は許せなかったっしょな。

しかしまあ、これが20世紀のノーベル賞級の名著の一つであって、20世紀後半のフェミニズムとかはこれとどう戦うか、ってのからはじまってる、と考えていいと思う。

References[ + ]

1. もちろんセックスすりゃ幸福になる、っていう単純な因果関係ではないかもしれない。幸福な人がたくさんセックスするんでしょうな。

不倫はなぜ不道徳か (2)

まあんじゃ、私が見ている英米系の応用哲学・倫理学での不倫とかの議論はどうなってんのか、とかって話もいきがかり上書かないとならんですね。

「不倫はなぜ不道徳か(1)」 でぼちぼち書いたぐらいでたいしたのはないんだけど、不倫賛成派を紹介するの忘れてたですね。あれ、書かなかったかな。

1982年にRichard Taylor先生がHaving Love Affairって本出してんですよね。この本はずいぶん売れたみたい。90年代になってもLove Affairっていうタイトルに直して版を改めてます。テイラー先生は形而上学とかですでに有名になってた哲学者だったからかもしれない。倫理学でいうと1970年のGood and Evilっていう本もけっこう有名で、そんなすごい本だとは思えないけどけっこう引用される。シジフォスの話とかが有名。なんていうか、セックス革命のあと、1970〜80年ごろのコロンビア大学、まだセクハラとかって言葉がない時代の有名大学教授、とかもう学生様とあれなんじゃないすかね。いかんです。

まあLove Affairの議論の基本的なラインは、愛は最高の善であり、愛に基づいた婚外セックスは内在的には善だ、みたいな。

非合法で情熱的な愛の喜びは、たんなるセックスの喜びを遥かに越えるものであって、比較不可能なほどよいものである。婚外情事を経験したことのない人、長年の傷ひとつないモノガミーを自慢する人は、実際にはなにかを見失っているのだ。

みたいなこと書いちゃう。すごいっすね。まあたしかに「私は結婚してこの方、まったく他に女性には目もくれませんでした」みたいな人にはなにか欠落しているかもしれない、という不安はありますねえ。

もちろん、結婚生活は安心や安定、協力、愛情、ケアその他さまざまな善を提供してくれるわけですが、不倫・情事は、刺激や興奮、愛情、承認、自己評価の向上などなどを与えてくれる、と。まあ「俺って/私ってまだイケてる!」とかそういう感じを与えてくれるわけですな。各種の社会的非難や制裁の危険を冒すことを覚悟した人から熱烈に愛されることは喜ばしいことであり、活気づけてくれるものだ、みたいな。これはかっこいいです。

まあおそらく中年とかになって「俺ってだめだよな」とかだめだめになってるときにそんでも「素敵よ」とか言ってもらえたらそりゃ自信もつくってもんだでしょうしねえ。仕事もうまくいくようになるかもしれない。女性もそうだと思いますね。人生には恋とスリルが必要なのだ、みたいな。

しかし当然結婚していながら恋愛するってのはやばいわけですが、それってけっきょくは嫉妬の問題だろう、というのがテイラー先生の見立てなわけです。嫉妬というのは非常に邪悪な感情で、それがどっから来るかっていうと結婚相手を自分の所有物、「自分のもの」だと思うとっからくる。「妻や夫を盗まれた」みたいな表現はまさにモノを盗まれた感覚を表現しているわけです。しかし「自分のもの」っていう表現に見られるように、なんかそれは人間をモノとしてみているわけです。人間は人間で自由なものなのに、なぜそれを所有することができるなんて思いこむことができるんだろう、と。

たしかに結婚生活では誠実さは大事だけど、それが性的に排他的であること、他の人とセックスや恋愛しないことは意味しない。また、他の人と恋愛やセックスしなくても不誠実になる方法はいくらでもある。たとえば自分の経済状態を妻に知らせないお金持ちの男性とか考えてみろ、と。けっきょく信頼を裏切ることはぜんぶ不誠実なのだ、と。

でもまあ婚外恋愛や婚外セックスしたって、お互いに信頼しあっているカップルの愛情ってのは恋愛における愛情より長生きsurviveする、と。だからお互いに嫉妬しないとか詮索しないとかっていうルールを守れば、不倫しても結婚生活は維持できます、ってわけです。

なんだかあれですなあ。でもまあいろいろ文学作品とか引用されていて、一読する価値はある本ですわ。

Love Affairs: Marriage & Infidelity
Richard Taylor
Prometheus Books (1997-03-01)
売り上げランキング: 848,673
Good and Evil

Good and Evil

posted with amazlet at 13.07.11
Richard Taylor
Prometheus Books

どうでもいいけど私がテイラー先生の名前を知ったのはピーター・シンガー先生の『私たちはどう生きるか』でシジフォスの話が出てきたところだったんですが、シンガー先生とか1950年ごろ生まれの人々が若いときに1970年のGood and Evilを読んでた、ってことなんでしょうね。

私たちはどう生きるべきか (ちくま学芸文庫)
ピーター シンガー
筑摩書房
売り上げランキング: 314,338

まあんでこういうテイラー先生の考え方について私自身はあんまりノレないっすね。私が思うに嫉妬とかって感情は理性によるコントロールとかできないもんちゃうかな、みたいな。「嫉妬はしてはいけません」「はーい」とか人間じゃない気がしますね。もしそういうことが可能なのであれば、まあその結婚関係は結婚というよりはJoint Ventureというかなんかそういう男女の起業家による共同プロジェクトみたいなになっていて、まあそれはそれでありなんかもしれないですが、どうなんすかね。いやまあそういうのでいいっていう人がけっこういるであろうことは想像できます。他にもっと気になる点もあるんだけど、これは秘密。

不倫・浮気・カジュアルセックスの学術論文ください

不倫(婚外セックス)とか浮気とかカジュアルセックス(いわゆる「ワンナイト」)とかについての哲学・倫理学の議論を紹介しようと思って、しばらく国内の文献をあさってたんですが、これって国内の学者さんによってはほとんど議論されてない問題なんすね。

たとえば岩波書店の『岩波応用倫理学講義5 性/愛』や『岩波講座哲学12 性/愛の哲学』の2冊を見ても、そもそも「不倫」も「浮気」も「カジュアルセックス」も出てこないみたい。これは正直驚きました。これおかしいんじゃないですか。不倫はもう普通のことで倫理学的になんの問題もないとか浮気はさっぱりかまわんしみんなしている、とかそういうことになってるんでしょうか。だめです楽しいセックスは全面禁止ですー。

まあつらつら考えてみると、私はわりと国内のフェミニズムやらジェンダーやらセクシャリティやらに関する本はけっこう読んでる方だと思ってるんですが、その手の議論はさっぱり見たことないです。「不倫はだめですか」「浮気は不道徳ですか」「その日に会ったばかりの人とセックスするのはだめですか」とか、まあけっこう多くの人が関心ある倫理学的/哲学的テーマな気がするんですがね。まあ私の生活には関係ないですけどね。ははは。他の哲学研究者の人々の生活にも関係ないんですかね。

まあ国内で「セクシャリティ」とかの倫理的問題としておもに議論されているのは、売買春、ポルノグラフィ、そして同性愛をはじめとしたセクシャルマイノリティに対する差別の三つで、ここらへんはけっこう蓄積があるんですが、不倫や浮気について真面目に議論したものがない、ってのはなんかおかしいような気がする。宮台真司先生あたりのリア充な感じの学者さんとか読まなきゃならないのだろうか。

まあここらへんにも日本のセクシャリティ論だのってての問題があるような気がしますね。5、6年前に生命倫理の文献をいろいろ見てたとき、脳死とか安楽死とかそういうのはたくさん文献あるのに妊娠中絶そのものを扱ったものはめったにない、みたいなのを発見したときと同じいやな感じがします。なんていうか、本当にみんなが気にしている問題、生活に直結する問題を学者さんたちは避けている、みたいなそういう感じ。正直なことを書けば、ある種の偽善みたいなものも感じたりしないでもないです。

いやまあ私が見てないだけなのかもしれんので、「これが定番論文だ」みたいなのがあれば教えてください。おながいしますおながいします。

岩波 応用倫理学講義〈5〉性/愛
岩波書店
売り上げランキング: 763,786

岩波講座 哲学〈12〉 性/愛の哲学
岩波書店
売り上げランキング: 632,294

加藤秀一先生の『性現象論』にも出てこないし。

性現象論―差異とセクシュアリティの社会学
加藤 秀一
勁草書房
売り上げランキング: 550,299

最近読んだのだと牟田和恵先生の『部長、その恋愛はセクハラです!』はおじさん向けの良書だったんですが、既婚者が「恋愛」(あるいはセックス)するということそのものの問題についてはなにも触れてなくて、ちょっと拍子抜けしました。でもまあこの本はみんな1回は読んでおきましょう。

部長、その恋愛はセクハラです! (集英社新書)
牟田 和恵 < br />集英社 (2013-06-14)
売り上げランキング: 4,525

この鼎談はけっこう興味深く読みました。西川先生は一夫一婦の結婚生活を維持されておられるらしい。結婚制度は当然フェミニズムの中心的議論対象の一つ。婚外セックスや「愛のないセックス」の話にはある程度関心を共有している印象があるけど、つっこんで議論はなかったような気がする。

フェミニズムの時代を生きて (岩波現代文庫)
西川 祐子 上野 千鶴子 荻野 美穂
岩波書店
売り上げランキング: 261,240

まあ、んで、なんで不倫や浮気やカジュアルセックスが日本の学者によってとりあげられないのか、ってのはどうしても考えてしまいます。仮説はないわけではないけど、どうかなあ。

私の仮説は、このタイプの問題は、非常に男性と女性(あるいはその他)それぞれの集団内部での利益の葛藤にかかわっているために議論しにくいのだ、ってものです。

まあ「不倫はOK、恋愛はすばらしい」って書いちゃえば「なんでうちの嫁を誘惑するのだ!」「うちの旦那を泥棒するつもりか!」って怒る人がいそうだし、かといって「不倫する奴は不道徳だ、人間の屑だ」みたいなこと書くと「おまえはパートナーがいるからそういうことを言うのだ」「お前はやりまくってるのか!」みたいなことを言われてしまいそうだし。これ難しいですよね。ははは。

まあ売買春とかポルノとかだったら、「買う男が悪い!」「そんなもの見て喜んでる奴らは変態だ」みたいなん言いやすいだろうし、セクシャルマイノリティへの差別や偏見が悪しきものなのは当然だから書きやすいのではないか。しかしまあ不倫とか浮気とかが人々の生活に及ぼす負の(そして正の)影響は売買春やポルノと同じくらいでかい気がしますけどね。嫉妬とかってのはDVとかともある程度関係しているんだろうし。

あとはまあ「不倫とか浮気とかみんなしてるのでそれが悪いとか書きにくい」とかか。「ぜんぜん悪いとは思ってない」とか「ふつうする」みたいなので問題を感じてないとか。そんな大きな問題じゃないだろう、とか。「そういう恋愛関係は個人的な理想にかかわることだから学者が関心をもつことではない」とか。最後のやつは興味ふかい論点ですが、それならそれで一本ぐらいそういう論文見つかりそうなものです。

まあここらへんわからんです。しばらく勉強しよう。

過去1年間、あなたは配偶者(夫・妻)恋人以外の人何人とセックスをしましたか

不倫っていうかカップル外セックスはどの程度の人がどれくらいやってるのか、ってことですが、あんまり信用できるデータがなくてねえ。

NHKの調査は信頼できるだろう、と思うわけですが、こんな感じですね。もっと新しいデータ欲しいっすね。

質問は「過去1年間、あなたは配偶者(夫・妻)や恋人以外の人何人とセックスをしましたか。ただし、お金を払ったりもらったりしてセックスをした相手はのぞきます。」です。

データブック NHK日本人の性行動・性意識
日本放送出版協会
売り上げランキング: 578,590

うまくtable書けません。ははは。

男子未成年で19〜99人のところに10人も性の巨人がいますね。女子でも15人未満ぐらいのところに7人いてけっこう巨人。中高年もけっこう盛んですなあ。これ10年以上前のデータなので、いまはさらにあれでしょうなあ。

男性 女性
年齢 全体 16-19 20代 30代 40代 50代 60代 16-19 20代 30代 40代 50代 60代
0 67 42 64 68 73 70 62 53 74 72 70 64 53
1 10 26 14 11 8 10 7 27 8 9 11 10 5
2 1 0 4 4 1 1 2 27 8 9 11 10 5
3 1 11 3 9 1 1 2 0 2 0 1 0 0
4 0 0 1 0 1 1 1 0 1 0 0 0 0
5-9 0 0 1 0 1 1 1 0 1 0 0 0 0
10-14 0 0 1 0 0 0 1 7 0 0 0 0 0
15-19 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
20-99 0 10 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
100人以上 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
無記入 20 11 13 17 16 18 24 13 14 18 19 26 43
あと「かぜまち結婚相談所」様がネットで調査をおこなっておられます。 https://www.facebook.com/kazemachimc

不倫はなぜ不道徳か (1)

なんか一日「不倫はなんで悪いか」みたいな論文読んで終ってしまいました。

これは「セックスの哲学」の流れのなかではけっこう議論の蓄積がある問題で、Richard Wasserstrom先生の”Is Adultery Immoral?” (1975)って論文が議論のはじまり。ワッサーストローム先生はセックス哲学以外にもいろんな応用倫理学的な問題で重要論文書いていて、この手の議論のパイオニアです。

W先生が言うには、不倫というか婚外セックスはいかんということになってるけど、「いかんからいかん」ではだめでちゃんとした理由を提出しなきゃならなん、なぜ婚外セックスが不道徳なのかを考えようぜ、ってな感じ。婚外セックスが不道徳なのはセックス自体が不道徳なんじゃなくて、裏切りや欺瞞や騙しがともなうからだめなんだろう、ってな感じ。だから婚外セックスするにしても、配偶者に対して嘘や騙しをしなきゃいいんじゃないか、みたいな議論をします。当時っていうかそのちょっと前から「オープンマリッジ」とかはやってたんですね。サルトルとボーヴォワールの関係が有名ですが、バートランド・ラッセル先生ぐらいから歴史がある。とにかく浮気とか隠さないで「今日は〜とやってきたよ」みたいなのをお互いに報告したりする結婚・カップル関係。それなら婚外セックスはぜんぜん悪くないんではないか、みたいな。時代を感じますね。まあここらへんから議論がはじまる。

これに噛み付いたのがMichael Wreen先生の”What’s Really Wrong with Adultery”って論文で、「結婚」という概念には性的に排他的であることが含まれておるのじゃ、みたいな。「結婚とは性的能力の排他的使用を認めあう契約である」みたいなカント先生が好きなんですね。婚外セックスしたらもう「結婚」の概念がなりたたたなくなるからだめです、みたいな。カント先生とかヒューム先生とか貞操についておもしろい話をしているのでそのうち紹介したいです。

んでまあ現代に戻ると、Mike Martin先生ってのはそこらへん見て、いやカント的な「嘘はいかん」とかだめだろう、と。

フェミニストっぽいBonnie Steinbock先生は”Adultery”で、結婚における貞操みたいなのは実際には人々はそんなに実現してないにしても理想として意味があるんだわ、みたいな。

Mike Martin先生の”Adultery and Fidelity”で、婚外セックスはやっぱり一応悪いことなんだけど、自尊心を高めるためだったら許される場合もあるんちゃうか、みたいなことを書いて顰蹙買ったりしてるみたい。

中絶反対論文で有名なDon Marquis先生も重要な貢献をしています。結婚は契約であって、たいていの結婚はそれぞれがより幸せになるためにおこなう結婚だ、と。結婚でもとめるものには愛情とか性的満足とかがはいってて、そういうのが充足されない結婚だったら婚外セックスとかも(いくつか条件あるけど)しょうがないんちゃうか、みたいな。

私が注目してるのはRaja Halwani先生の”Virtue Ethics and Adultery”で、この人はカントみたいな義務だの契約だのの話や、軽薄な効用計算する功利主義みたいなんじゃなくて、徳倫理学で不倫の問題を考えよう、みたいな話をする。やっぱりこういう問題を考えるときは契約や効用云々ではなく、人間の生活のなかで愛とか結婚とかがどういう意味をもってるか、とか、有徳な人はどう行動するかを考えるのがよいのだ、みたいな。

まあおもしろいかっていうと全体としてはそれほどおもしろくはないような気がします。なんかぜんたいに常識的なラインにおさまっちゃうことが多いみたいで。でもまあセックスの哲学というのはそういうのももちろんやっております。

国内でこういう問題についてどういう議論がおこなわれているか調査してるんですが、なんかおもわしいのがないですね。倫理学の人々が議論してないのはしょうがないのですが、フェミニストたちもほとんど議論してない感じ。これは「あんまりない、ほとんどない」ってことが考察するべき問題であるような気はしています。

まあここらへんも議論を紹介するとそれなりに有益なのかなあ、みたいな。でも正直なところ、婚外セックスについての(進化)心理学や社会学その他の実証的な研究入れないと今の私にはそんなおもしろくないなあ。「どうあるべきか」ってよりまずは「みんなどうしてるんだろう?」ってのが知りたいですよね。