カテゴリー別アーカイブ: ネットとPC

卒論生のための文献・情報関係ウェブサービス案内

 

卒論を書くためにはとにかく大量に本や文献を集めて読み整理しメモをとらねばなりません。(無料の)ウェブサービスを使って効率的にやりましょう。

具体的に私が書籍等あつめるときにどうしているのかというと、基本的に書籍の情報はMediaMarkerに集積してます。Amazonで「この本よまないとならんかな」と思ったら、すぐに登録して「ウィッシュ」もしておく。登録はブラウザからブックマークレットからバインダー登録一発。MediaMarkerの他に、ブクログ読書メーターといったサービスがあるので、自分の好みで。

本を買うとお金がかかってしまうので、なるべく図書館ですませたい。カーリルにアカウントをとって、自分の利用する図書館を登録しておくとよい。私は大学と市立図書館、府立図書館の3箇所を登録してる。さらに、ブラウザにChromeなどをつかっている場合は、Calilayという機能拡張を使うと、AmazonやMediaMarkerのページでその本が図書館にあるかどうかすぐわかる。FirefoxやSafari用の機能拡張もあるはず。

Webの情報は「クリップ」(保存)する。Evernoteというメモソフトの場合はEvernote Web Clipperを使うと一発でクリップできる。Google KeepOneNoteでもおなじことができるはず。これらのメモサービスは非常に便利なものなので、卒論生はどれか使いたい。とにかくWebの保存、メモ、思いつき、読書ノート、なんでもメモサービスにあずける。歩いてる時、電車のなかで思いついたこともスマホからとりあえずメモっておく。(もちろん紙でもいい)

私はPDFはMendeleyってので整理してますが、学部生でここまでやる必要あるかどうかは知りません。もっとよいサービスもありそう。Evernoteに突っ込んでおくだけでも十分かもしれない。

図書館で借りた本などは大事なところ、あとで使いそうなところはコピーするなり写メ取るなりしておく。まあ普通コピーだと思うけど。私は実際には論文などはコピーして、それをスキャナで読んでPDFにして保存することがおおいかな。


関係ありそうな古い記事。書き直さないとならんね。


添付ファイルの送りかた

 

文書をメールで送りたいときはあるものです。レポート課題等で「メールで提出」のような教科も増えてると思います。いくつか注意事項を。

WORDやEXCEL、PowerPointなどはそこそこ優秀なアプリケーションですが、売り物なので誰もが必ずもってる、ってものではない。また、こういうアプリケーションは起動にすごく時間がかかって(「重い」)、ファイルの中身をちょっと見たい、とかってときには面倒なものです。Google Mail (Gmail)だとプレビュー機能あって少しましですけどね。添削などのために編集可能なWord/Excelのファイルを受けとらねばならない場合は別ですが、そうでないのにWord立ちあげさせられるのはつらい。

受けとる相手の手間をなるべく省くようにしましょう。

(1) ファイルを添付してそのまま送らないで、必ずメール本文になんのファイルかを明記すること。

「鳥辺野女子大学現代遊興学部1500893の遊野好子です。遊興倫理学のレポートをPDFで添付します。よろしくおねがいします。」ぐらい書けばよい。メールの件名(Subject)も忘れずにね。大学教員へのメールの書き方も見てください。

 

(2) PDFにする

PDFは規格が公開されていて、Webブラウザでも読めるしAcrobat Readerなどの動作が軽快な(軽い)アプリで読めるので便利です。どうしてもWordやExcelのファイルを送らねばならないという場合を除いて、なるべくPDFで送りましょう。もちろんその他指示されてたらそれにしたがってください。

(3) 内容を本文にコピペしておく

簡単な文書だったら、内容をメール本文にコピペしておいて「内容を本文に転記しておきます。正式なものは添付ファイルをご覧ください」のようにしてもらうと受けとる方は楽ですわね。事務的な添付ファイルはそうしたい。大学事務の人なぜこれやってくれないのかな。

(4) ファイル名に気をつける

たとえば「遊興倫理学」という科目のレポートの場合、「遊興倫理学レポート.docx」みたいなファイル名はよくありません。みんな「遊興倫理学レポート」って名前使ってしまって、複数のファイルがごっちゃになります。ちゃんとした先生はファイル名のつけ方も指定もすると思いますが、「遊興倫理学15000001遊野好子.pdf」みたいな形にしておくと、重複がなくなるので受けとる方は楽です。(昔はファイル名に空白入れるな、日本語使うな、みたいなのがありましたが、最近は気にする必要ないでしょう。) レポートなどの場合は教員がはっきり指定するべきですわね。

大学教員へのメールの書き方も見てください。


WordPressの引用をイタリックにしない

 

引用がイタリックになるのがいやだ。style.css修正しなきゃならんのか。

 

ここは引用文。

ここは引用文。ここは引用文。ここは引用文。ここは引用文。

ここは本文。

ダッシュボード→外観→テーマの編集→style.cssを開いて、blockquoteという文字列を探して、そこのfont-styleをinheritにする。

ほかにも気になるところがあるな。font-sizeが19pxだったりcolorが見にくい灰色だったり。あとで考える。

とりあえず margin-left; 1em;を追加。font-size: normalseize;にスタイルシートはよく知らんのだよな。HTML 2.0な男だし。

これってテーマが更新されたらどうなんのよ。

 

 

 

 

 


パソコンを使いこなせない?

(2000年代はじめに書いた文章)

パソコンとかいうものに関してよく耳にするのが、「私はまだ今もっているWINDOWSパソコンを使いこなせないからMacなんて・・・」「ワープロさえ使いこなせないのに、パソコンなんて」「私は今のソフトも使いこなせないから・・・」「今ある機能も使いこなせないのに」といった一言です。

長い間こういう言葉を聞いて、違和感を感じていたのですが、最近やっとその意味がわかるようになってきました。

まず、「パソコンを使いこなす」という発想を捨てましょう。わたしたちが「使いこなす」ことができるものなんて、世の中に存在していません。あなたは車を使いこなしていますか?あなたが運転する車は、時速200kmで走り、数トンのものをひっぱることができます。あなたの電子レンジや、あなたの掃除機だって、あなたが知らない機能をたくさん持っていることしょう。あなたは自分の体の機能を知りつくしていますか?あなたの体だって、実は使う気になれば100kgのものを持ちあげ、100mを15秒で走ることができるでしょう。

私は、いまだに電卓に必ずついているルートを使ったことがあありません。ヴィデオデッキはどうでしょう?MDカセットはどうでしょう?なたが持っているもののなかで、一番パソコンに近いと思われる携帯電話はどうでしょう。「使いこなしてない~」という人は少なくないかもしれませんが、それでなにか気になりますか?十分納得して使っているのではないですか?

上のような一般的な車や家電と、パソコンとの違いは、車や家電は使い道や目的がはっきりしているけど、パソコンはそうではないというところだと思います。その通り。パソコンはなんでもできるからなにができるかわからないのです。

そこで、発想を切りかえましょう。パソコンは、何もできないのです。いや、ほんとです。とりあえずパソコンは、適当にメールが出せて、適当に文章が書けて、適当に計算ができる(らしい)ものにすぎません。

それでよいではないですか。もしそれがあなたの役に立っているなら、あなたはパソコンを使いこなしているのです。その他の機能を使う必要はまったくありません。知らない機能を探したり、分厚いマニュアルを読んだりする必要はいっさいありません。

しかし、ここで大事なことがあります。もしあなたが「これじゃ使いにくい」「こういうことはできないかな」と思ったら、それは必ずできるということを忘れないでください。

あなたがなにかをしたくなったとき、あるいは、なにかをするのが面倒になったとき、必ず解決法があります。やりたいことがはっきりしているときだけ、ソフトウェアの「ヘルプ」を見たり、誰かに質問してみたり、マニュアルや週刊誌を読んでみるのもいいでしょう。

実は、これがコンピュータとかいう怪物を手なずける最善の道なのです。Larry Wallというコンピュータの世界的達人は、達人へになるためには、「不精」が最も重要だと言っています。同じことを何回も繰りかえすのがイヤだから、面倒な手順を踏むのがいやだから、人はだんだん上達するのです。コンピュータが嫌いな人が知識が豊富なことが多いのは、そういう理由によるのです。

もちろん、学問や知識、技術一般についても同じようなことが言えるかもしれません。「なんで~~なんだ?」「どないなっとんねん」「もっとうまくできないか」という疑問から、学問も技術も進歩してきました。その際、「まず全体をよく知ってから」という方法は取る必要はないのですね。もっとも、学問などに関しては全体を知ることは非常に重要ですが、あなたはコンピュータの学問をするわけじゃないでしょう?だいたい、日常使うレベルで全体を知ろうとするのはばかげています。あなたのコンピュータは、たまたまそこにあるにすぎません。

そこで、江口からの提案です。全部知ろうとするのはやめましょう。コンピュータに不満を持ちましょう。なぜ使いにくいのか考えてみましょう。なにができれば素敵なのか想像してみましょう。たいていの人は、あなたと同じ不満と希望をもっています。そして、多くの人の努力によって、いろんなことができるようになっているのです。コンピュータはそれだけではダメな召使いなのです。なぜあなたが苦しまねばならないか。それはあなたがダメだからではなく、コンピュータがダメだからです。使いこなしたり、必要はありません。

 

 

 


MS WORDのキーバインドを変更する

ワードはショートカットキーも好きなように設定できるので、自分好みにしておきたいですね。

Mac OSはカーソルの移動とか、Emacsというテキストエディタの操作法に準じているのですが、Wordはその習慣を無視してるので腹がたちます。

ちなみに、Emacsのカーソル移動だけ書いておきます。

Ctl+f(controlキーとfを同時に押します)で前へ、Ctl+bで後へ、Ctl+pで上、Ctl+nで下にカーソルが動きます。これらはMac OSの標準の動きなので、ブラウザその他の書き込み欄などで使えます。他にもCtl+dで一文字削除とかいくつかあるんですが、まあカーソルの上下左右だけでも十分でしょう。

 

 

まあここらへん http://futurismo.biz/archives/731 見て設定します。Word for Macだとメニューの「ツール」から「ショートカットキーのユーザー設定」です。

私が設定しているのは

カーソルの前後上下の移動ぐらい。

あと脚注はけっこうよく使うので、

同様に「編集」のInsertFootnoteNowをCmd+Shift+Fに割り当ててます。

他にもよく使うのがあれば割り当てておくのがよい。でもそんなよく使う機能はあんまりないですよね。


WORDの「スタイル」を使う

MS WORDは機能が多くてわけわからんほどですが、おそらく一番大切な機能は「スタイル」です。これの考え方を身につけるかどうかで生産性がぜんぜん変ってくる。

詳しくはWORDのヘルプを見るか、「WORD スタイル」とかで検索してください、マイクロソフト社のウェブサイトのがいいでしょう。ていうか、WORDの操作に関する本は1冊読んだ方がいいです。必ず目次で、最初の方で「スタイル」について十分説明しているかどうかを確認してください。最初の方で説明してない本はだめな本です。あとはどうでもいい。んじゃがんばってください、ってそれではあんまりなので簡単に説明します。

 

文書ってのは統一がとれてないとおかしいですよね。本文のフォントが明朝体だったりゴチック体だったりばらばらだとおかしい。強調するときも傍点打ったり、下線引いたりまちまちだったらおかしい。見出しの大きさもそろってないとだめ。

とか考えると、いちいち「ここは見出しだから14ptにしてゴチックにして」とか設定していくより「ここは見出しだよ!」って指定してしまいたい。それが「スタイル」です。

スクリーンショット 2014-12-14 3.25.51

「標準」のツールバーを出してるときは、この一番左のところにあるやつっすね。ここを「見出し」にしたら見出しにふさわしいフォント・大きさその他の設定になる。

メニューバーの「表示」から「スタイル」ツールパレット出しておくといいです(右)。

「スタイルガイド」や「書式設定ガイド」をオンにしてみると、どんな書式になってるかわかりやすくなる。

 

 

 

んで、うまく使うにはいくつか下準備しといた方がいいです。

MacのWORDはWindowsにあわせるために、MS明朝やMSゴチックという非常にみっともないフォントを使う設定になっているので、それを変更してしまいます。

右のツールパレットの「標準」の右に出てくる▲から「スタイルの変更」を選んで、左下の「書式」からフォントを日本語はヒラギノ明朝、英語はTimes New Romanあたりに変更して、「テンプレートに追加する」でOK。

見出し1や見出し2も、そもままではみっともないので好みのスタイルに変更して「テンプレートに追加する」しておきます。テンプレートに追加しないと、その開いているファイルだけの設定になります。テンプレートへの実際の追加は、Wordを終了するときに行なわれるので注意してください。

さらに「本文」という新しいスタイルも作ります。「新しいスタイル」から名前を「本文」にして、種類を「段落」、基準にするスタイルは「標準」、次の段落のスタイルは「本文」にする。また左下の「書式」メニューからフォントをちゃんと設定して、「段落」の「最初の行」を「字下げ」1字分。

あとは「強調」ぐらいのスタイルをつくっておけばいいでしょう。これは「段落」スタイルじゃなくて「文字」スタイルにします。んで「書式」の「フォント」から「傍点」とか設定しておく。

 

ふつうにレポートとかで必要になるのは、

  • 本文(明朝体、12pt)
  • 見出し(ゴチック、2段階ぐらい必要か、WORDのデフォルトのは大きすぎる)
  • 強調(傍点使うか下線使うか)
  • 欧文の強調(イタリック)
  • 脚注文字列(これもMS明朝とかになってるからテンプレを変更する)

ぐらいですわね。あと「要検討」みたいな「文字スタイル」を設定して、色つけたりしておくこともできます。

あとはまあ使ってるうちだんだんんわかってくると思う。基本的に、いちいちフォントの大きさや装飾を触るのはやめて、スタイルを介して操作するのがおすすめです。テンプレートに反映させるのがミソね。


MS WORDのおすすめ設定

MicrosoftのワープロソフトWordは非常に高機能なソフトで、まあ誰でも使ってますわね。初期設定正しくしないといろいろイライラするので正しく設定しましょう。

でもなにが正しいかはよくわからない。参考までに私の設定を思いつくまま書いておきます。私はMac使いだからWord for Mac 2011の話になりますが、Windowsでも同じようなものでしょう。

Wordは超高機能なのはいいのですが、それを見せるためにゴテゴテとした外観になり、いろいろいらん気をきかせてやらんでもいいことやってしまうのがアレなところです。それを徹底的につぶす。

word-オートコレクト

一番大事なのは「オートコレクト」。これ「入力中にスペルと書式設定を自動的に修正する」をオフにしてもいいと思う。

 

私は引用記号だけ自動的に修正してほしいので、「入力オートフォーマット」をこうしてます。あとは「オートコレクト」の項目は全部オフ。これでだいたいWord様があなたの言うことを聞いてくれるようになります。おせっかいなんよね。

 

まあWordがなにをしているのかわかって、そうしてほしいなら一つづつオンにしていけばいいと思う。

Word-一般

 

 

 

 

 

一般」はこんな感じ。ふつう。

 

 

 

 

 

word-表示

 

「表示」は好み。編集記号はうるさいので消してます。

ステータスバーとか水平スクロールバーとか垂直ルーラーとかいらん。

とにかくシンプルにしたい。

 

 

 

 

 

word-編集

 

「編集と日本語」もふつう。「段落記号を含めて段落を選択する」の動作が微妙。

 

 

 

 

 

 

 

word-規定のフォルダ

 

「規定のフォルダ」をいじっておくと、ファイルをセーブするときにいちいちフォルダめくる必要がない。自動バックアップファイルもどっかふつう使わないフォルダを指定しておくとうざくない。

 

 

 

 

 

word-リボン

 

リボン(ウィンドウの上の方にあるやつ)はうるさいので消す。

 

 

 

 

 

 

 

メニューバーの「表示」から「ツールバー」を選んでうるさいやつはぜんぶ消す。

するとだいたいこんなシンプルなウィンドウになって、まあ落ちつく。

 

word-simple

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あと、キーバインド(ショートカットキー)と「スタイル」の設定があるんだけど、面倒になったからあとで付け足します。

 

 

 


最低限確認しておくべきWORDの操作方法

Microsoft WORDに限らず、学生やってる以上、ワープロで最低限次の操作ができるようになっていること。

  • ベージ番号の入れ方。「表示」→「ヘッダ・フッタの表示。」
  • 脚注の入れ方。「挿入」→「脚注」
  • アウトライン表示と編集。「表示」→「アウトラインモード」
  • 「スタイル」の利用。特に見出し、箇条書、インデント。
  • テンプレートの利用。
  • 目次の作成。
  • 文字数の計算。
  • 自動連番。「挿入」→「フィールド」
  • Microsoft Word でレポートを書く場合は、左右の余白を多めに取ること。1行が横に長すぎて読みにくい。だいたい1行35字ぐらいが適当。

「スタイル」を利用する

  • ツール→オプション→スタイルを表示
  • 30mmとかに設定
  • 「標準モード」で左がわに「標準」とか見出しとかが出てくる。
  • 見出しにしたい行を選択して「書式」→「スタイル」を選び、「見出し1」に設定。
  • あとは適当に研究すべし。

「アウトラインモード」

  • 「表示」→『アウトライン」
  • 見出しにしたい行を選択して上のツールバーの「←」をクリック
  • 小見出しは「→」で。
  • 本文は「⇒」
  • 自動的にスタイルが設定される。
  • 「+」をクリックすると、その見出し以下の部分が隠される。

インターネットはFAQ文化

インターネットに親しむと、FAQというものの存在に気がつくと思います。これは「Frequently Asked Questions」、つまりよく尋ねられる質問を意味します。いろいろな問題について、よくある質問事項それに対する答をリストにしたものです。

私がはじめてインターネットを利用したのは、京大のD1の時でした。興味のあるnews groupを読んでいると、時おりFAQと題して、非常に有益な情報が流れているのを知りました。ネットワークは非常に便利なコミュニケーションの道具なのですが、同じ質問が何度も寄せられることが非常に多いのです。そこで、あらかじめ皆から寄せられた回答をリストにしておけば、無駄なコミュニケーションをせずにすむわけです。他の人々とその問題について議論する上での必須情報、必読の資料等がコンパクトにまとめられています。

個人的なことを書くと、はずかしながら、はじめて面白いと思ったのは、alt.sex FAQと呼ばれるものでした。もちろん、セックスの手引書などというものは世の中にあふれているわけですが、それがネットワーク上で多数の人の手によって集団的に書かれ、編纂されていることを知って、ここにあたらしい可能性があると感じたものです。

その後、私は多くのFAQを読むことになります。たいていの有力ソフトウェアには、その開発を支援する人々がいます。彼らは必ずしもプログラミングに詳しいわけではないので、直接プログラムを改善したりすることはできません。しかし、あらかじめFAQを編集しておくことで、開発者が同じような質問に答える手間をはぶいてあげるという貢献のしかたもあるわけです。

我々はネットワークから多くの恩恵を受けています。メールのやりとりでさえ、ボランティアたちによって作られた基本ソフトウェアによって転送されているのです。あなたも、ぜひ、あなたなりに共同体に貢献したいと思いませんか?


「まとめサイト」文化

上の文章はずいぶん前(2000年ごろ)に書いたのですが、最近はFAQを含む
「まとめサイト」の時代ですね。