セックスの概念分析 (2)

まあそういうわけで「セックス」っていう概念を分析するというか、とりあえずはっきりさせたいわけだけど、「セックス」が基本的な概念なのかどうかについては諸説がある。ふつうに我々が「セックス(すること)」と呼んでいるものはおそらく「性的な活動」なわけです。(「セックス」にはもちろん「性別」って意味もあるけど、ここではとりあえず関係ないように思える。)

手塚治虫『アポロの歌』。
手塚先生は性器がないと愛せないと
考えたのかもしれません。

もうちょっと反省すると、「セックス」と呼ばれる活動(性的活動)に含まれる「性的部位」や「性的快楽」や「性的欲望」に注目するべきかもしれないという話になる。そしてある部位を性的にしているのはなにかとか、ある感覚や快楽を性的快楽にしているものは何かとか、ある欲望を性的欲望にしているものはなにかとか、それらに共通な「性的」という性質があるのかどうかとかって話になるわけです。

「性的活動」を「なんらかの意味で性的部位にかかわる活動」みたいに考えるのは、一見すると魅力がある。人間の身体のなかで特に性的な部位ってのはある気がしますよね。典型的には股間がそうだし、おっぱいとか尻とかも特に性的な感じがする。そこらへん触ったりしはじめるとそれは性的活動なのだ、すでに性的活動をしている、みたいな。うっかりそういう場所を触っちゃうと「痴漢!」「セクハラ」って呼ばれてもしょうがない。

一方、赤ちゃんの手のひらを「やわらかいねー」って触ってもあんまり痴漢な気はしない。私がおじいさんの踵とかを触ったらセクハラではない気がする。でも私が女子大生のどの部分を触ってもなんかセクハラな気がする。うーん。どうも身体のある部分が性的になったり性的でなくなったりすることがあるみたい。けっきょく、「性的な部位」を性的活動から独立に規定するのはけっこう難しそうだってことになる。性的な部位って何だろう?

そこで、「性的な部位」を「性的な快楽に関係する部位」みたいに考えることも可能かもしれない。唇とか股間とか性的な快楽を与えてくれる傾向があるかもしれないし、腕の内側とか背中とか足の裏だって方法によっては性的な快楽を与えてくれるかもしれない。つまり、「性的な活動」や「性的な部位」より、「性的な快楽」の方が基本的な概念なのではないか、みたいな。性的な快楽を与えてくれる場合にそこは性的になるのです、誰かが性的な快楽を味わっている場合にそれは性的な活動になります、そしてそれは文脈に依存します、みたいになる。これはかなり魅力的な解決法になる。

問題は当然「んじゃ性的快楽ってのはどんなものよ」って話になる。まあ快楽は感覚だから、「これが/それが性的快楽だよ」って教えてもらうしかないかもしれない。ちょっと不満な感じもするけど、これくらいで我慢しておくべきなのか。

もっと問題なのは、「んじゃ誰も性的な快楽を味わってない場合にはそれは性的活動ではないのか」みたいなことを言われてしまいそうな気がする。ぜんぜんうまくいかないセックスとか、誰もぜんぜん快楽を感じてなかったらそれはセックスではなくなってしまうのはなんかへんな感じがする。失敗したセックスはセックスではありません、みたいな。ははは。

「性的快楽」を基本にする考え方と同じくらい(かそれ以上)に魅力的なのは、性的欲望を基本概念にする見方。性的欲望の対象となるのが性的部位であり、性的活動とは誰かの性的欲望にもとづいた活動です。私にはこれが一番有望に思えるっすね。性的欲望をかかえた活動はセックスだり、セクハラをセクハラにしているのはそれが性的欲望にもとづいているからだ。挨拶のキスは欲望にもとづいてないので性的じゃないけど、恋人どうしが夜中にするキスはセックスの一部。

私がこの性的欲望中心説みたいなのを気にいっているのは、セクハラとかってのについて被害者が感じる不快の説明にもなっている気がするからです。女子の多くが感じる不快感のバックには、加害者とされる人の性的欲望(性欲)を感じる不快さがあるんじゃないかって勝手に思っている。同じ「肩にタッチする」って行為でも、相手の性欲を感じると「セクハラ」って言いたくなることがあるんじゃないか、とか妄想。ははは。

まあそういう妄想はさておいて、性的欲望中心説みたいなのもやっぱり「んじゃ性的欲望って何よ」っていう問いを提出されることになるわけで、こっちも性的快楽と同じように「これが/それが性的欲望だ」って形で教えてもらたり、「これが性欲か!」って(自然に?)自覚するのを待つしかないかもしれない。

性的快楽にせよ性的欲望にせよ、独特の色彩というか質があるですよね。子供のころはあんまり感じない感覚を、性的に成熟するにつれて思春期ぐらいから強く独特のものとして感じるようになる。もちろん「私は小学1年生のころから快楽を感じてました」「パンツ見たくてしょうがなかった」って人も多いだろうけど、それが次第になんかやばい特別な種類の感覚や欲望であることを自覚するようになっていくんではないかという気がする。性的快楽や性的欲望として分化していくっていうかなんというか。まあここらへんの分析は、概念分析というよりは現象学とかの研究対象かもしれないですね。

あとここらへんいろいろおもしろいネタが多くて、性的欲望という欲望の対象は何か、みたいな話も興味深い。性欲ってのは快楽を目標としていると考えられることが多いけど、これって本当だろうか? 私のカンなんだけど、たとえば性的快楽がまったくないことがわかっているのにセックスを求める人っているかもしれないし、もしかしたら苦痛があることがわかっていてさえ、セックスを求める人がいるんじゃないかという気がしてます。ぶちゃけた話、人は気持ちよくなりたくてセックスするのではないのではないか。快楽より欲求の方が基本的な概念なんちゃうか、とか。おもしろいですね。機会があればここらへんもっとちゃんと議論してみたい。

性的快楽か、性的欲望かのどちらかを中心に考えていく他にも
、性的覚醒や性的興奮みたいなのを中心に考えいくのもありかもしれません。まあここらへんあんまり考えないので難しい。この手の概念についての論文は日本では魚住陽一先生が「性的欲望とは何か」ってのを書いています。日本のセックス哲学のはじまりとして記憶されることになるかもしれないですね。前半は性的欲望についてのいくつかの立場のうまい紹介になっています。  http://openjournals.kulib.kyoto-u.ac.jp/ojs/index.php/cap/article/view/23/12 もっとも後半は私はあんまり理解してないです。

あとまあこういう言葉遊びみたいなのを椅子に座って延々やるよりは、人々が実際どうセックスという言葉を使っているかを調査してみるっていうのも興味深い研究方法ですわね。噂に聞くエスノメソドロジーとかって手法がすごい威力を発揮するかもしれない。たとえば人々がどこから「浮気」って考えているのかとかそういうこと調べてほしいものです。

セックスの哲学と私(2)

戻る。でまあ学部の同僚とかを中心にフェミニズムの研究会とかやってて、勉強させてもらうために顔出させてもらって、聞いてるだけだとあれだから、フェミニストによるポルノグラフィ批判みたいなのを紹介して検討したりしてた。

まあ80年代のフェミニスト内部でのポルノグラフィ論争というのは非常に重要だったんよね。ポルノグラフィを男性優位社会の象徴であり原因であると見て規制してしまえっていう派閥と、やっぱりフェミニムはリベラルじゃなきゃな、って派閥に分かれた。ポルノグラフィの問題によって、セックスそのものに対するフェミニストの態度も問われることになった。アンチ・セックスかプロ・セックスか、みたいな。国内でそこらへんをうまく紹介している本があるかどうか。ヴァレリー・ブライソン先生の『争点・フェミニズム』ぐらいか。これは良書。

その研究会でアンソロジーの翻訳を出そう、みたいな話になって、まあ一応フェミニズムの基本文献はラディカル、リベラル、レズビアン分離派、批判人種理論、ポストモダンまでいちおう主なものは目を通せた、と思う。テキストに使ってたのはBecker先生の『フェミニスト法学』。(この翻訳は結局出なかった。私も悪かったです。ごめんなさい。)

とにかくマッキノン先生とかには苦しめられた。とにかく読みにくいんよね。過去のマッキノン先生の翻訳に目を通すことで、この業界がぜんぜん翻訳だめだってことに気づいたのもこのころ。議論がぜんぜん読めてないんだもん。とはいえ、マッキノン先生たちの「セックスは男による女の支配」みたいな主張にはなにか重要なものが含まれていると思った。もう少し勉強してみよう、みたいな。まあマッキノン先生たちに敵対するナディン・ストロッセン先生のDefending Pornographyみたいな立場の方に共感はすれども、ラジカルな人々の言い分ももっと聞きたい。んでおそまきながら勉強。「ポルノグラフィとフェミニズム法学」  http://www.cs.kyoto-wu.ac.jp/bulletin/6/femi.pdf  とかくだらん文章書いてみたり。

そうこうしているうちにジュディス・バトラー様のExcitable Speechが出ていることに気づいた。まあ『ジェンダー・トラブル』は知ってたんだけど、私が関心あるようなポルノグラフィとかにはまったく関係がないだろうと無視してたんだけど、Excitable Speechはいちおうフェミニズムとかクィア理論とかからポルノグラフィの問題を扱っているそうだから目を通さないわけにはいかない。そしたらもうJ.L.オースティン先生とか滅茶苦茶な扱いされててねえ。言語行為論とか専門と違うけど、まあそれなりにはあれしているわけだし、でたらめ書かれたら困っちゃう。そんとき、「おそらくこれ翻訳されて、国内のアレな学者様たちが言語行為論とかについておかしげなことを言いはじめるだろう」って予言したのを覚えている。

その予想はExcitable Speechが『触発する言葉』って邦訳になって、そのすぐあとに斉藤純一先生たちの『表現の〈リミット〉』で実現するのであった。斉藤先生自身や北田暁大先生があれなこと書いててもうねえ。これはもうほうっておけないから論文書いておいた。http://www.cs.kyoto-wu.ac.jp/grad-bulletin/1/eguchi.pdf 。これが目にとまったのか北田先生に誘ってもらって、似た内容で文章書かせてもらったりもした。北田暁大(編)『自由への問い(4)コミュニケーション』(岩波書店)の「ポルノグラフィと憎悪表現」。北田先生ありがとうございます。

あとその研究会のメンバーがかかわってドゥルシラ・コーネル先生がドロドロのフェミニズムやっててね。カントとラカンとかあれすぎるだろう。そういうおかしげなものとは縁を切って、ちゃんとしたセックス哲学やりたい、と思うようになった。

セックスの概念分析(1)

「セックスの概念分析」とかっていうとなんかいろいろ難しいことを考えしまいそうになるわけですが、基本的には「セックス」という言葉で何を指しているか、とか、どういうものをセックスと呼んでいるのか、とか、「セックス」と他の言葉とはどういう関係にあるか、とかそういう話ですわね。でもこれはけっこうおもしろい。

まあたとえば、「浮気」ってのを考えみましょう。モテる人は「お前、浮気したな!」とか言われることがあるでしょうが、どういうのが浮気なんでしょうか。辞書をひくと、そういう意味での浮気ってのだいたい「他の異性に心を移すこと」みたいな説明がされてることがある。でもこの定義でいいのかどうか。「心を移さずにあれしたら浮気じゃないのかとか、異性じゃなくて同性とあれしたら浮気じゃないのかとかそういう話になる。あれ、「浮気」ってなんだろう?それって「あれ」をすることなんだろうけど、もしその「あれ」がなにかってのを考えたりするのが「浮気」という「概念」を分析するってことです。

おそらく広い意味では「浮気」は「他の人を性的な対象と思うこと」ぐらい。パートナーがいる人が、そのパートナー以外の「あの人とあれしたいな」、とかそういうこと考えただけで浮気になっちゃう。でもこれはおそらく広すぎるから、「特定のパートナー以外のとセックスしたら浮気」とかにしたい(と多くの人は思うはず)。

でもんじゃどっからセックスなのか。セックスってのはなにか。

「そりゃチンコとマンコをハメることだ」みたいな下品なことを言う人がいるかもしれませんが、それだったらオーラルセックスだけの場合は浮気じゃないのか(クリントン元米国大統領が部下にフェラチオしてもらったのに「セックスはしてません」と言いはったのは有名)、同性とのオーラルセックスは浮気じゃないのか、みたいな話になる。もちろんそういう「定義」を採用してもいいんだけど、まあ我々の多くはそういうふうには「セックス」を使ってないんじゃないかと思います。

んじゃ、セックスという行為はどっからはじまっているのか。チンコやマンコに直接に接触したときからなのか、それともキスとか乳もみとかそういうのからはじまっているのか。セックスはどこではじまって、どこで終るのか。

極端な場合には、「「姦淫してはならない」と言われたのを、あなたがたは聞いています。しかし、わたしはあなたがたに言います。だれでも情欲をいだいて女を見る者は、すでに心の中で姦淫を犯したのです」(マタイ 5:27)とかっていうイエス先生の教えを本気でとらなきゃならない。「もし右の目があなたをつまずかせるなら、えぐり出して捨ててしまいなさい」だそうですよ。たいへんです。性欲にもとづいて異性(なり同性)なりを見た人は、みんなセックスしてしまっているので。セクハラしたいと思っただけでセクハラしたのと同じです。目をえぐってしまいなさいす、手を切り落してしまいなさい、なんちゃって。

セクハラとかも同じ問題があるのがわかりますよね。セクシャルハラスメントってんだからセクシャルじゃないとならん。ただのハラスメントはセクハラではない。ではセクハラとはどういうものか。性的ないやがらせがセクハラなわけだけど、では卒論書けなかった罰に男子学生の尻を鞭打ちするのはセクハラなのかたんなる拷問や暴力なのか。尻だったらセクハラだけど肩を鞭打ちしたらセクハラではなくてただの暴行か。んじゃ暴行とセクハラを分ける意味とかあるんかいな、とか。ぜんぶ暴行や強要ではだめなのか。

セクシャルな部分に接触するのがセクハラなら、単なる言葉によるいやがらせはセクシャルじゃなくなっちゃうからセクシャルってのは接触に限る必要はない。さて、セクハラっていったいなんでしょう。これを考えるためにセクシャル/性的ってことばがなにを意味するのかわかってないとならん。

セックスの哲学と私(1)

んでいきなり自分語りをはじめるか。ははは。

セックスの哲学という分野に興味をもったのは10年ぐらい前かしら。

まず15年ぐらい前に、諸般の事情で「情報倫理」とかってのをケンキューしなきゃならない状況になって、なんかおもしろいネタはないかみたいなサーヴェーしてたわけだ。当時はネットのポルノとその規制(米国のCDA、Communication Decency Act, 通信品位法案)とか)が問題になってたので、そこらへん表現の自由とか言論の自由とかとからめて勉強しようかと思ったのだが、まああんまりうまくいかなかった。どの程度私がポルノ画像とか集めていたかは秘密。netnewsに流れているのをあれするスクリプト書いたりして。ははは。

そこから幸運にも今の勤め先に移らせてもらった。女子大だし、そういう学部なのでまあフェミニストの牙城みたいなところで、研究会とか出せてもらったりして。ジェンダー法とかそういう話だわね。やっぱりポルノに関心があるなあ、とか。でも性の商品化とか売買春とかそういうところに話は広がっていくわね。ポルノは性の商品化そのものだし、ポルノ撮影現場では売買春も行なわれていると考えることができるわけだし。性暴力とかそういうのとも関係がある。

私の世代(1965年生まれ、前後3年〜5年ぐらい)の本読む階層は、おそらく小倉千加子先生や上野千鶴子先生のフェミニズムの影響をもろにかぶった世代で、まあ一定の理解はしているつもりだし、問題意識はわりと共有しているつもり。なのでまあ性の商品化とかを中心とした倫理的・社会的な問題にはずっと関心をもっていたわけで。2000年からちょっと経ったころは、ジュディス・バトラー様とか紹介されたり、国内では杉田聡先生みたいな強硬なポルノ反対派みたいな人がいたり、APP研とかの団体が活動したりしていろいろ気になる。でもまあそれなり勉強していると、なんかそういうのはおかしいんじゃないか、みたいに思いはじめた。哲学っぽいんだけどなんかちゃんとした哲学や倫理学の議論じゃない気がしたんよね。