2017年度江口ゼミNewsLetter

江口ゼミ卒業生の皆様、お久しぶりです。京都女子大学現代社会学部の江口です。(昨年3月は入院してしまっていたので、ニュュースレターは2年ぶりになります。)

全員そろったのなくてごめんなさい

今年も卒業式が終り、4回生14人、事情で休学していた6回生1人が3月15日に無事卒業しました。また先だって9月にも、卒論だけで卒業を延期してた1人が無事とてもできのよい論文を提出、卒業しています。

錦華殿でやるので実は特別な価値がある9月の卒業式。ぜんぶ学長手渡し。

今年の卒論はタイトルは例年通りバラエティー豊富でしたが、それぞれおもしろいものを書いてくれました。あちこちインタビューなどしてみる形のものが増えてきているのが特徴でしょうか(昨年までのは 江口ゼミの卒論タイトルにあります)。

  • 消費者が大嫌いな遺伝子組み換え食品:どうすれば遺伝子組み換え食品は受け入れられるのか
  • ストーリー漫画におけるストーリーの作り方:手塚治虫から現代まで
  • 動物介在教育の場としての動物園:かわいい動物をかわいそうな動物にしないために
  • 最善のいい男をゲットするために:婚活の現状から最善の方法を考える
  • 大人のダンスの楽しみ方とは:クラブダンスから習い事まで
  • おもてなし3万フィート:航空業界でフルサービスキャリアが生き残るには
  • ホテルで贅沢を:口コミを参考にホテル朝食を食べに行こう
  • なぜ人々は酒場に足をはこぶのか:家呑みでは満足できないわけ
  • 良いドラマーになるには?:これからドラムを始めるあなたへ
  • これだけは押さえておきたい:メモ術・ノート術・アイデアの出し方の基本中の基本とは
  • 習慣は変えられる:意志力と行動分析学からみる習慣の変え方
  • なぜ夜の女性の飲み屋は流行るのか:お客の心とお金を動かす仕組み
  • 美を追い求める人は幸せか
  • 女と化粧:フェミニズム運動は何をもたらしたのか

例年の夏の合宿は、これまでも何度かおとずれた鳥取砂丘経由で湯村温泉湯快リゾートでした。

 

個人的な話ですが、実は私は昨年2月に大腸癌などというものを発見されてしまい、2月か3月にかけて入院・手術ということでえらいめにあいました 1)医者や看護師さんから学んだことは多かったです。。5年生存率7割とかでおどかされていたのですが、最近1年健診でとりあえずすぐに御陀仏ということもさけられそうで一安心といったところです。しかし春から夏にかけては、傷その他いろいろと七転八倒苦しみました。まあ暴飲暴食不健康な生活していたので仏罰が当ってる感じでしょうか。みなさまも御健康にはご注意ください。健康診断でチェックされたときに無視していてはいけませんね。

卒業パーティーも例年のホテルオークラでした。昨年出られなかったのは残念です。

例年の卒業パーティーのジャイアンコンサートですが、昨年は卒業パーティーも出ることができなかったため、今年は少しパワーアップしてやってみました。途中からですが笑ってやってください。

相方は学部に去年赴任された仏教学の藤井道隆先生。これからしばらく遊んでもらえそうです。

もう1曲、社会学の奥井先生と会計学の掛谷先生に歌ってもらいました。椎名林檎の「人生は夢だらけ」(かんぽ生命のCMで使われてるやつ)

ゼミ回はよいものなので、適当に集って呼んでください

やっと全員卒業した学年もこじんまりおめでとう会を。

まあ皆様元気で卒業して、楽しく仕事したり生活したりしてもらうのが教員冥利というものです。

 

現代社会学部ができて20年になりました。学部は学部創設時のメンバーの多くが退職され、スタッフもずいぶん若返りまして、江口もなにやら古株になっております。

2019年度から2020年度にかけて、学部創設20周年記念の講演会や卒業生をお呼びしたパーティーなどを開催しようかという話も出ております。退職された先生方もお呼びして顔を合わせるというのはぜひ実現したいと思っております。まだアイディアの段階で、計画はこれからですが、実現のさいはみなさまご協力ご出席おねがいします。他のゼミの友達にも、そういう計画があるようだぐらいのことはおつたえしていただければさいわいです。

あ、あとものすごい立派な図書館ができたんですわ。図書館は隣なので研究室の中が向こうから丸見えで、着替えたりの恥ずかしいことはできません。一回見学にどうぞ。

私はまだまだ京女に残っていますので、なにかあったらお立ちよりください。(ついでに受験期のご親戚がいらっしゃいましたら京女受験をすすめてくさい)

 

References   [ + ]

1. 医者や看護師さんから学んだことは多かったです。

レポートのホチキス問題その後

大学教員なら、レポートホチキス問題、というのに悩まされているはずです。複数枚のレポートをホチキス(ステープラー)で留めないで、端っこを折って提出してくるとか、変なクリップでとめてくるとか、紙に穴を開けるタイプの針なしステープラーで留めたつもりになってるとか(あれはものすごい弱い)。

この問題については、私はもう学生様と戦うのは諦めてます。研究室前の廊下にこんなふうにしてホチキス置きっぱなし、針も用意してあります、レポートの表紙もネットにもありますが、私も用意しておきました、どうぞご自由にお使いください、赤鬼より、みたいな感じ。

ホチキスの位置に関しては、「指定の表紙」の左上に「ホチキスはここらへんを留めるのだ」って指示してもいいんですが、さすがにそこまで女子学生様のオムツの面倒みるようなことはできないので右を留めてきたらゴルァってアカいれたり。

まあしょうがないです。私は無力です。まあ本筋でないところでお説教したり強制したりしてもしょうがないというか、精神論お説教はやめて工夫やシステムで解決するのを目指しているわけです。

最近活躍している谷田川知恵先生の強姦被害者16万という数字は雑すぎる

下のを書いたあとに、問題はもっと複雑だし、たしかに性暴力被害の問題は深刻だよなと思って消してたんですが、まあ一回公開したものだし置いときます。また考えなおします。


谷田川知恵先生という方は実は前から注目していて、どういうかたかわからないのですが、いろいろ雑な印象があります。ジェンダー法学会が出してる「講座 ジェンダーと法」シリーズの『暴力からの解放』(2012)での谷田川先生の「性暴力と刑法」から。

年間16万人の女性が強姦されているが、警察に届けられるのは数%にすぎず、検挙、起訴されて有罪が言い渡される加害者は500人にすぎない—-暗数が有罪人員の300倍にもなるのは女性差別の強い異国の話ではない。日本である。

16万人というのはすごい数で、これはほんとうに早急に対策打たないとならないと思います。私はとりあえずセックス禁止、セックス免許制がいいと思いますね。レイプしない講習を受けて、ペーパーテストと実技験受けて、合格者だけがセックス可能にして、違反があったらすぐに免許取り上げ。

しかし谷田川先生はどっからこの数字をもってきたのでしょうか。暗数が300倍というのは異常すぎます。
性犯罪の暗数はみんな興味があるのでいろんな数字が出されていますが、300倍というのはさすがに見たことがない。

谷田川先生のこの解釈はずいぶんオリジナルなもので、例の内閣府の調査から自分で解釈しています。

内閣府男女共同三角局「男女間における暴力における調査報告書」(2012)では、全国20歳異常から無作為抽出された女性の1.25%が過去5年かんに「異性から無理やりに性交された」と回答しており、5年以上前であった者を含めて3.7%しか警察に連絡・相談していない。日本人女性人口が6,500万人として年間0.25%の16万人が「無理矢理に性交」され、警察へは6000人ほどしか連絡・相談していないと推計できる。この調査は2005年から3年ごとに行なわれているが、この傾向に大きな変化はない。警察では相談のみで告訴のない強姦事件の立件は稀であるから、2010年犯罪統計における強姦認知件数が1,289件、検挙件数が995件であることは推計と矛盾しない。同年検察統計における強姦起訴率は45.2%、検挙件数は568件。同年司法統計では、強姦単独の統計はなく、「わいせつ、姦淫、重根の罪」の総計で地裁における通常第1審の無罪判決は5件。(p.197)

ということです。あれ、なんかへんだな思って平成23年の調査みたのですが、これですよね。
http://www.gender.go.jp/policy/no_violence/e-vaw/chousa/pdf/h23danjokan-8.pdf

これは「異性から無理矢理に性交された経験の有無」を聞いて(7.6%)、さらに「あり」の人のなかから5年以内に被害を受けた人を特定している(16.4%)。0.076 * 0.164%ってんで0.0125ぐらい、ってんで女性の1.2%が5年以内に被害を受けてます。たしかにこれは少ないように見えてたいへんですよね。でこれを5年間でわって1年あたり0.24、まるめて0.25%ですか。ここまでは(こういう紹介の仕方がフェアなのかどうかはわからないけど)よい。

でも、これって、被害をうける女性の年齢を考えてないっしょ。
http://hakusyo1.moj.go.jp/jp/62/nfm/n62_2_6_2_1_6.htmlにあるとおり、20代と30代がほとんどなんよね。だから女性全体の6500万人に(簡単に)拡大してはいけない。まあ「あらゆる年代・特徴の女性が強姦の被害者になる」っていう例の反レイプ神話的フェミニスト立場の反映でしょうが、なんの根拠もなくそういうことしていいんですか。

年間500件の強姦有罪件数を16万件に引き上げることを目指すなら、男性による女性の同意の主張をいっさい認めないことが有用であろう。……要するに、男性が女性の同意を主張するには客観的証拠を必要とするのである。 (p.193)

 

なんですかこれは。

フェミニストとか性暴力とか、本気でこの問題考えたいひとはちゃんとやってくださいよ。谷田川先生は最近話題になったニューヨークタイムズの記事のインフォマントみたいだし、立憲民主党だかの政策にもかかあわりつつあるみたいだし、ちょっと心配しています。

講座 ジェンダーと法〈第3巻〉暴力からの解放
日本加除出版
売り上げランキング: 1,323,883

2017年に読んだ本ベスト10

遅くなりましたが、2017年に読んだ本から10冊。

これ、中高生向けかもしれんけどよかったですね。読書会をうまく運営するためのノウハウ。特に「キークエスチョン」のようなものを示して文章をちゃんと読むっていうのをおしえてくれているのがよい。
クリシンよりまず読むのやった方がいいよな、っていうに気付かされました。『クリティカル・リーディング入門:人文系のための読書レッスン (アカデミック・スキルズ)』はものすごくレベルが高くて、大学生および教員は一読の価値がある。


メタ倫理学入門: 道徳のそもそもを考える
佐藤 岳詩
勁草書房
売り上げランキング: 20,194

これはとても偉い。今回は絶賛。内容もえらいんだけど、なにより、書き方が偉い。国内はじめての英語圏っぽい形のメタ倫理学入門書だと思う。時代は変わる。


丸屋九兵衛が愛してやまない、プリンスの決めゼリフは4EVER(永遠に) (SPACE SHOWER BOOKs)
丸屋 九兵衛
スペースシャワーネットワーク (2017-03-24)
売り上げランキング: 219,648

この先生去年まで知らなかったのですが、とてもプリンス愛にあふれていてよい。ジョージグリントん先生のやつの方も笑える。日本で一番ファンクな男。丸屋九兵衛が選ぶ、ジョージ・クリントンとPファンク軍団の決めゼリフ (SPACE SHOWER BOOKs)


1979年の歌謡曲 (フィギュール彩)
スージー鈴木
彩流社
売り上げランキング: 110,171

音楽関係ではスージー鈴木先生のもよかったです。こっちは歌謡曲愛。『1984年の歌謡曲 (イースト新書)』『サザンオールスターズ 1978-1985 (新潮新書)』もどうぞ。


終の器選び (光文社新書)

終の器選び (光文社新書)

posted with amazlet at 18.01.02
黒田 草臣
光文社
売り上げランキング: 646,730

五十代は美術もわかるようになりたいと思って、意識的に美術館や博物館行ってみたいのですが、絵画とかより工芸が好きになりそうです。実用的なのはいいですよね。器・焼物関係のムックとかけっこう読んだのですが、一番よかったのはこの先生のでした。魯山人の弟子とか。魯山人っていうと海原雄山でコマーシャルな悪人という印象ですが、そうじゃないということに気づいたり。


さよなら、カルト村。 思春期から村を出るまで
高田 かや
文藝春秋
売り上げランキング: 13,866

これは体験がめずらしいんだけど、まあ作品としても奇妙な味があっておもしろかったです。虐待サバイバーみたいな話なわけだけど、それをそう主張しないところとかもなんかむず痒くていろいろ考えさせられる。


図説 中世ヨーロッパの暮らし (ふくろうの本)
河原 温 堀越 宏一
河出書房新社
売り上げランキング: 31,131

この本にかぎらず、「ふくろうの本」シリーズはずいぶん見ました。やはり画像情報があるといろいろおもしろいねえ。美術わかるようになりたいっていうのはこういうの読んだから。「ふくろうの本」はどれも読む価値があると判断して、図書館にぜんぶ入れてって注文しました。あと>「地図で読む世界の歴史」シリーズとかもよい。


一汁一菜でよいという提案
土井 善晴
グラフィック社
売り上げランキング: 535

食生活どうにかするために料理本もめくりましたが、一番影響があったのはこれかな。なんでもいいから健康的な食生活を送りましょう。


ADHDタイプの大人のための時間管理ワークブック
中島 美鈴 稲田 尚子
星和書店 (2017-03-09)
売り上げランキング: 124,889

時間管理、タスク管理はあいかわらず困ってます。こういう本いくら読んでもおなじようなものだけど、助けられるところもある。人生は時間との闘いだ。すくなくとも、同じことで困っている人はたくさんいて、支援してくれる人々もいる。我々は一人ではない。


レズと七人の彼女たち(1)
締切出版 (2016-06-01)

まあ中村先生、ものすごいものです。なんかつまみぐいをくりかえす男性ドンファン的なのとはぜんぜん違う。人間全体を喰らい尽くすっていうかねえ。天才っていうのは性欲みたいなエネルギーからしてちがいます。


福岡で浮気・不倫(の哲学)してきました

と、そういやおかげさまで修羅の国福岡から帰ってきております。

例の「不倫を哲学する」の某大学合同ゼミ、勝手なことをしゃべらせてもらってたいへん感謝感謝。まあ聴衆からすると不倫ってよりは浮気だろう、クリスマスだし、ってんで「不倫を哲学するまえにまずデータ見た方がいいっしょ」ってな感じでなんかフィッシャー先生その他の実証データ出しておわり、みたいな感じになってしまいました。もうしわけない。

私の考えでは、そのデータを見て満足いかなかったときに心理学や社会学が必要になり、そんでも満足できない場合は哲学する、みたいな感じかなあ。私の考えでは、なんか哲学って「考えることを考える」ってことで、それはもとになるなんらかのデータなり文献なりが必要なんすよね。なにもないところからは考えられないし、データみないと自分が見たもの経験したものだけで勝手なことを考えてしまってよくないと思う。我々の多く(6〜7割?)は不倫も浮気も実際にはしないので、勝手に考えてはいかん、みたいな。

まあちょっとだけ哲学者の見解を紹介しましたが、学生様たちはあんまり納得いかなかったかもしれないです。それでも学生様たちはものすごく元気で、あれは学生様たちも偉いし指導している先生たちの力量もすばらしいですね。私そういうのまだまだよねえ、などと考えておりました。ツイッタでおなじみの人々数人とも会えてとてもよかった。感謝感謝。

そのあと4日間、某「空にボーイングが飛び近所にバイパスがある大学」で集中講義。これもセックスセックス。前日のあれがあったので、恋愛やら不倫やらで2日使ってしまって予定がくるってしまったんですが、残りは性暴力、ポルノ、売買春ってあたりを学生様たちとたっぷり時間とって議論できてこれもたいへん勉強になりました。感謝感謝。先生たちも聴講してくれて、特にずっと聴講してコメントしてくれた某先生にはものすごく感謝しています。

時間けっこうあるので音楽とか聞きながら色々やれて楽しかった。最終日には学生様たちの飲み会に誘ってもらったのですが、これもみんな元気で仲が良くて、国立大学の小講座制ってこういうよさがあるよな、みたいなの確認しますた。

まあ喋らせてもらった成果はぼちぼち紹介したいと思います。まあたびに出るのも大事ねえ、みたいな年末でした。

 

 

 

サーバー移転しました

ほとんどなにも変わりないけど、(仮想)サーバーマシンを移動しました。実際にはwordpressをエクスポート→インポートして、アドレスを振り替えたぐらい。

実は、現在使っているwordpressを動かすためのサーバーの他に、昔のyonosuke.netの不如意掲示板のリンクをリダイレクトするために、ディスク容量大きめのサーバーもう1台借りてたんだけど、そっちに全部移した、ぐらい。これで年間6000円ぐらいの節約になる。

まあ昔の掲示板の音源なんていらないだろうけど、15年も昔のリンクがまだ辿れる、みたいなのはかっこいいかと思って。ははは。

これでもうサーバーを直接いじらなきゃならんのはまた5年ぐらいなくなるのではないか。っていうかもうあぼーんしてるかもしれんしね。懐かしの2ちゃんねるもあぼーんしたみたいだし。

実はこのサーバーでは某学術協会のサイトも動いていて、それ切り離す必要もあるんよね。私とともにあぼーんしちゃったらしょうがないし。まあそういう片づけの時期。

 

12月22日に不倫(を哲学)しに福岡に行きます

12月22日に修羅の国福岡の福岡大学の宮野先生と九州産業大の藤田先生の合同ゼミに呼んでもらってますので、江口が袋叩きにあうのを見たい方はどうぞ。22日18時から、福岡大学A棟A803だそうです。なんか適当に話をしてということだと理解したので、時節柄「不倫を哲学する」にしてみました。時期的・客層的には「浮気の哲学」にするべきでしたね。ははは。よかったらどうぞ。自分のところの授業でいつもしゃべっているようなことをしゃべるつもりです。資料とかつくる暇があるかどうか。

んでそのあと某大学で集中講義やらせてもらうんですよね。生きて帰ってこれるかどうかもわかりません。しゅらしゅら。

Careless Whisperでも貼っときますか。

欅坂の『真っ白なものは汚したくなる』収録曲にコメント

欅坂のアルバム『真っ白なものは汚したくなる』は秋元節というか中二病全開で訴えかけるところがありますねえ。楽曲のクォリティものすごく高くて、いろいろ語りたくなるので、前に言及した「スカートを切られた」「高く跳べ!」以外の気になる曲に簡単にコメント。

サイレントマジョリティー。

これは売れたみたいだけど、私あんまりぴんとこないです。Aメロの3-3-2のリズムが、現代ラテン(スペイン系)音楽の影響受けてる感じで印象的ですね。でもサビが結局4つだし。でもそこでも手拍子がラテンを主張している。アメリカではすでにラテン系がマジョリティーだ、みたいな含みはさすがにないと思う。でもLatin Hitsとか聞いてるとこういう感じの音良く使ってます。打ち込みスネアがダッダッダッダダダダダダダデレレレレレとかなるやつとか。大森靖子先生のカバーがもうドブ川アイドルでいいですね。これは男子じゃなくて女子をドブ川に引きずり込んでエサにする本物のサイレーン 1)もっとも、女子の方ももとの語りの中二病少年よりちょっと上で、すでに性的に目覚めている感じになってしまう。女子はそうなってしまうのよねえ。

「世界には愛しかない」

このアルバム、この澄んだピアノの音が印象的で、まあ汚れなき中2男子。ははは。オナニーとかしません! こういうの聞くと、校内暴力みたいなのが選択肢に入ってないってのがあれよねえ。

「二人セゾン」

 

これはよくできてますね。前に「二人セゾンの詩学」って評論読んで歌詞その他ちょっと見てみました。音楽的にはいわゆるSus4コードがとても効果的に使われていていわゆる「浮遊感」がある。そういうのついてはもう少し語りたいことがあるけど、もっと音楽に詳しい人がいると思う。ニコ生で配信したときにいろいろ語ったんだけど、最後の方ギターが裏でギュンギュンいってるのとかもいいですね。すごく作り込まれてる。

「不協和音」

 

これは政治がらみでいろいろ話題になった曲なんかな。こういうシンセ鳴りまくりの4つ打ちユーロみたいなのはあんまり好きじゃないのでパス。それより、同じ作りの次の曲がいい。

「エクセントリック」

これは「高く跳べ!」に続く大名曲です。この曲、語り手は実は女子かもしれないっすよね。いちおう「ぼく」なんだけど、そんな少年をみんなで噂するなんてないじゃないですか。むしろ女子の「僕っ子」の方がイメージとしてはあってる気がする。この曲でも澄んだピアノが大暴れでいいです。

しかしこうして並べてみると、この中二病ぼっち反抗ポップ、っていうのは実はこれまで存在してなかったジャンルかもしれないっていう気がしてきました。反抗するんだって、なんか『ホットロード』『爆音列島』的な暴走族的なのしかなかったじゃないですか。そういう世界っていうのは、反抗しながらなんか仲間や絆みたいなのがあるんだけど、秋元先生の歌の主人公はなにも持ってない。そういう年頃の少年が主人公/語り手の歌っていうのは、そもそも存在しなかったんですわ。(女子ならいろいろありそう)

アニメやマンガならエヴァンゲリオンとかそういう代表作があるけど、音楽ではそういうのあんまり聞いたことない。それは男子向けにも女子向けにも、音楽にはならんのです。声変わり前の男子が歌ったら、黒猫のタンゴとか、ウィーン少年合唱団的な僕は清く正しくて満足してます、神様ありがとうございます、になるし、声変わり後とかだとセックスセックスー、になちゃう。男子はそれを歌うことができないのです。

もうすこし年齢があがって、女子にどうやって一発やらせてもらうかとか、ガラス割って歩いたりするのはあっても、こうやって鬱屈しているだけで自分の清さを守ろう、っていうのはめったに聞かない。っていうか思いつかない。

語りや叫びは全部内向して、誰にも届かない。多くの曲で少年は「君」って呼びかけてるけど、それは実際の君には届いてない。ぜんぶ内心の声。

これほど弱い存在が語り手のアルバムっていうのは他におもいつかない。こういう曲を実際に男性ボーカルが歌うのは無理で、若い女子に歌ってもらうしかない。(あるいは矢野あっこちゃんに)。

こういう世界に住み、世間にそまらず自分の清さを維持しようとする人々を、我々は童貞様と呼んで守るべきではないか。男性学とかやってる先生たちは、この新しい世界をじっくり見つめる必要があるかもしれない。

まあこのアルバムは残りの曲もそれぞれものすごくクォリティ高くて、日本のポップ史上に輝く名盤ですね。作曲や編曲・演奏の先生たちもすごいし、秋元先生の作詞アーティストとしても頂点を極めた1枚だと思う。2010年台のポップ音楽はものすごく高い水準に達した。「真っ白なものは汚したくなる」は語り手ではなく、作家の先生たちの意見なんすかね。欅坂メンバーの語りだってことになればもっとおもしろいですね。

 

 

真っ白なものは汚したくなる(通常盤)
欅坂46
SMR (2017-07-19)
売り上げランキング: 668

References   [ + ]

1. もっとも、女子の方ももとの語りの中二病少年よりちょっと上で、すでに性的に目覚めている感じになってしまう。女子はそうなってしまうのよねえ。

モテる男とモテない男の違いをオフコースとジンバルドー先生から学ぼう

「Yes-No」「いくつもの星の下で」の比較なんですが、まあYes-Noの圧勝ですよね。「星の」の主人公に性的な魅力を感じる女子はそんないないと思う。実は学生様に2曲聞いてもらったんですが、

「最後の2曲の比較について、断然、いっしょにいて楽しそうなのは Yes-Noのほうだと思いました。鈴木さんの歌詞はなんか女々しくてドキドキしません。メロディーラインも、小田さんの方が引かれるものがありますね。年下の超イケメン君が鈴木さんの方だったらまもってあげたくもなりますが……」

みたいなことをコメント書いてくれた学生様がいました。まあ二十代前半だとそういう感じちゃいますかね。真面目なひとはモテないです。これがまさに、現代の男子の問題なんですよね。

真面目で良い人(Good Guy)はもてない、むしろ、ろくでなし(ジャーク)だけどなんか取り柄のあるように見えるやつがモテし、セックスできる。この問題は前にも何回か紹介しました。

最近読んだ、ジンバルドー先生(心理学の世界ではものすごく有名)の『男子劣化社会』でもそういう問題を扱ってます。

男子劣化社会

男子劣化社会

posted with amazlet at 17.12.07
フィリップ・ジンバルドー ニキータ・クーロン
晶文社
売り上げランキング: 130,798

 

ジンバルドー先生は基本的にリベラルで、女性の権利とかに非常に肯定的なんだけど、一方で男子の方がケアされず教育されないままにネットに翻弄されていることを嘆いている。

いまでは女性が「ノー」と言うと男性は真に受け、その先のアプローチをどうしたらいいかわからず、撤退する。結果、男女どちらにとってもデートのチャンスは減る。または、男性は説明もなしに拒絶されたので相手女性に感じの悪い態度を取るか、ナンパの達人からテクニックを学ぼうとする。とりわけ男性の頭が混乱するのは、女性たちが大事にしてくれるやさしい男性といっしょになりたいと言いながらも、実際には押しの強い、女性の気持ちなど無視する男性により惹かれているのを目撃したときだ。 (p.213)

実際、女性の大半が恋愛の対象となる人からは、冷静に考えた末ではなく、ただ激しく欲情されていると感じたがっているが、これが次の手を打つ男性には判断にこまる局面を作り出す。 (p. 213)

これはまさに、鈴木先生はもてずに小田先生やドン・ジョヴァンニがモテる理由なのです。

ジンバルドー先生は、マークホワイト先生っていう方のブログ記事も紹介している。(こういうのはモテない系哲学者の独擅場よね。どうですか、このブログ記事の写真のよい人ぐあいは!)

もしわたしがデート中におもいやりある心遣いと自然発生的な欲情のちょうどいいバランスを取ろうとすれば、相手女性に十分な尊敬の気持ちを見せないことで起きる損失—具体的には、女性の心を傷つけたり怒らせたりするリスク—は、情熱や欲情ぶりを十分に見せないことで生じる損失—女性をがっかりさせ、恋愛関係の成立を危うくするリスク—よりはるかに大きいと考えます。私の性格からすれば、前者のリスクは後者のそれより問題にならないほど深刻なので、私の態度はつい尊敬と心遣いの方に傾きます。……彼らは「これをしても大丈夫?」「あれをしても大丈夫?」と訪ねた結果、あなたを性的昏睡状態に陥らせる可能性があります (p. 214)

「性的昏睡状態」ってのは、まあ興奮してない状態、性的にまったく興味のない状態ね。まあこの先生は意識明晰でも性的昏睡状態の人をかなり作り出したんですかね。つらい。多くのナンパの達人みたいなひとは意識を低下させろって言ってますからねえ。宮台先生とか。

まあそういうのってなかなか難しいところですなあ。

この問題に興味あるひとは、下読むといいです。

 

ザ・ゲーム フェニックスシリーズ
パンローリング株式会社 (2012-12-01)
売り上げランキング: 3,301
男の不可解 女の不機嫌―男心の裏読み・速読み・斜め読み
ワレン ファレル
主婦の友社
売り上げランキング: 1,317,545

ファレル先生はメンズリブ運動の旗手で、チアリーダーみたいな女子に相当あれされたみたいです。

「Yes-No」のあとは必ず「いくつもの星の下で」を

オフコースの「Yes-No」は超名曲で、歌詞や理念が嫌いなのに一回聞いてしまうと2回も3回もリピートしてしまうのですが、そのあとで必ず同じアルバム(We Are)に入ってる「いつくもの星の下で」を聞くようにしています。

オフコースといえば小田和正先生ですが、中心人物はもうひとり鈴木康博先生がいるわけです。オフコースは最初はフォークデュオだったのがメンバー増やしてバンドになった。その鈴木先生が書いて歌ってる曲。

実はこの曲知らなくて、10年以上前に、京都の小さなライブハウスで聞いたんですわ。鈴木先生のギター一本で。ギター一本には思えないすばらしい腕でしたね。「ほんとはバンドで来たいんですけどね、お金なくてね」みたいなこと言ってた。つらい。

んでぜひ聞いてくださいよ。これほんとに歌詞が素晴らしい曲なのよ。そして「Yes-No」と理念の違いをあじわってください。

今夜はありがとう

イエス・ノーでも「今日はありがとう」っていってましたね。あれがどのタイミングかはむずかしいけど、まあ一番ゲスな解釈ではホテルでさっさとことをすませて、もうさっさと別れようとしているときですね。でも鈴木先生はちがうよ。

ここまでついてきてくれて

いつものように人物や状況を考えましょう。鈴木先生は1948年うまれだけど、2月なので小田先生と同学年ね。だから1980年ごろはやっぱり32、3才。「ここ」がどこかわからんけど、なんかお店のなかじゃない気がする。タイトルも「星の下」だし、星空が見えるんす。外ですね。どっかの路上でしょう。

どれくらいの時間帯かが問題ですねえ。まあ今夜はありがとう、だから飯食って酒のんで、10時は軽くすぎてますね。わざわざありがとうってくらいだから11時か12時ぐらいまで?相手の女性は何歳ぐらいでしょうか。

話したいことがあるから

え、まだあるんすか。いままで延々なにしゃべってたんすか。

もう少しいてよ

どこ行くんすか。いま道端だとすると、道端にいるって意味じゃなくてどっか「静かな」とこに行こうとかそういうことっすか。そっちの方になんかネオンが光ってるからそこに行こうってわけですね。ほんとにお話するんですか?

あなたの前だけは僕は素直でいたい

32才の男が「あなた」と呼んでるので、まあ20代後半かなあ。でも鈴木先生まじめだから20代なかばぐらいもあるか。大の男が女子の前で素直になれるってんだから、まああるていどのもののわかった年代の女性ですわね。Yes-Noの語り手カズマサオダ(仮名)が相手にしていたより上の年代だと思う。

信じてほしいからせつない思いうちあける

いきなり重いです。重いです先生。それはちょっとどうですか。

いつもひとりくやし涙
ながしてきた男のことを
あなたに聞かせたい
ぼくのすべて教えたい

ぎゃー。

そばにいてーー

ちょっと明日朝から用事あるし、猫のエサやらなきゃならなし、そういえばガスの元栓も気になるから帰ります。残りの歌詞も急いでるからちょっと聞けないんですけどー、みんなに聞いてもらってくださーい

松本零士先生の『男おいどん』。

オフコース解散間際のスタジオ風景ビデオとか見たことあるんですが、小田先生が仲間と「野球すっぞー」とか遊んでるときに鈴木先生は「おれはいい」とかってんでギターの練習してたりするんですよね。シングルだしてもいつも小田先生がA面で鈴木先生はB面。顔もやっぱりまあ小田先生と比べるとちょっとあれだし、くやしいくやしい。

真面目で真剣であることを示すために、自分のすべてを打ち明けたい。自分が毎日悔し涙に濡れていることを!しかしそんなん女子には通じないのです。あまりにも残酷。鈴木先生が話しかけている相手が、カズマサオダ(仮名)が「Yes-No」で相手にしていた人と同じ相手だと楽しいですね。

いやほんとに、これもまたリアルな男ゴコロを歌った一つの名曲なんすよ。でもわっかるかなー、わっかんねーだろうなー。

 

 

We are(紙ジャケット仕様)

We are(紙ジャケット仕様)

posted with amazlet at 17.12.02
オフコース
EMIミュージック・ジャパン (2005-03-24)
売り上げランキング: 15,452