「練習のために面接に」はアリか?

「とりあえずエントリーシート出してみる」「とりあえず練習のために面接に」とかってフレーズを時々耳にすることがあって、どうもこれは前から気になっていました。自分でもなんで気になるのかよくわからなかったのですが、学生さんと話をしているうちにだんだんはっきりしてきました。

まあなにごとも練習したいと思うのは当然なのでしょうが、そんときに実物を使って「練習」するってのはありなのかどうか。なにごとも本気でやらないと練習にならんのではないかという気がします。特に入る気もない会社を受けるのはどうか。会社の人から見れば、その面接に来た受験者が本当に自分の会社で働く気があるのかどうかってのは重要だと思うんですよね。大学入試じゃないんだから、入る気のない奴にかける手間はとても惜しくてもったいない。そんな時間と労力があるなら、他の本当に入って働いてくれそうな人に力を裂きたい思うもんなんじゃないかな。自分たちが単なる「練習に」使われていると感じることなんかがあったら、おもいっきり不快を感じることさえあるんじゃないかと思う。それはたとえばその会社のことをよく調べずに適当に面接行ったりしたらすぐにわかっちゃうでしょう。

そんな人と真面目に面接する気になれるかな?なれないと思う。誰だって自分が働いている会社にはそれなりの愛着をもっているものなので、そういう態度で面接に向かう人間に対しては厳しくなっちゃう。私だったら1分でも時間も頭も使いたくない。へんな話だけど、男の子から、「君ととにかく練習につきあいたい、まだもっと本命の子とつきあう自信がないから、その練習に」とか言われたら腹たつっしょ?*1その結果、そういう人はほぼ門前払いすることになると思われ。

受験者本人も「ああ、(この程度の)会社にも落とされるなんて私はダメな人間なのだわ」ってなことを思って自信をなくしちゃうかもしれない。向こうも真面目に面接してくれないわけだから、実は練習にさえならない。

とか考えると、やっぱり自分が納得行く会社をよく調べた上で行くのが正しいんじゃないかと思う。逆に、そういう本気さってのは相手にもわかってもらえるものだ。もちろん落とされ続ければ目標を下方修正しなきゃならんこともあるんだろうけど、たいしてウリもない女子大生が「練習に」なんて傲慢な考え方で仕事に忙しい方々の邪魔しちゃだめよ*2。就職活動は常に本気でやるべし。「練習」なんてのはない。

「そんなものは大学とかヌルいとこでやってこい」ってのが会社の人が本当に言いたいことだろうと思います。まあとにかく「練習」なんて考えてられる時点でもう必死さが足らんね。ピンチ。

*1:だれがお前なんかにやらせるかボケぇ

*2:まあウリがたくさんある人はこの限りではないかもね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。