平川和子先生のページが見つからん

DV関係。うーん、今回かわいそうで心配な人々からいじめられている
平川和子先生て、ほとんどウェブ上で活動してなくてあれだ。
ニュースで報道されたり、へんな人々から名指しで批判されているのにそっち側の人が
情報出してないとアレに見えちゃうんだよな。困り。
やっぱりgoogleやyahooで一発で一番上に自分の組織ページや個人ページが出て、立場とか
主張とか業績とかを正確に理解できるようにしとかないと不利になる場合があるかもしれんのだな。

草の根からなんとかして上の方にかかわれるようになったら
叩きに来る人々がいるので、そういうのに対抗する情報を出しとかなきゃなら
んということだな。過去の講演原稿とか資料とか一部載せておくだけでずいぶ
ん違うんだけどなあ。自分に都合のよいものだけで十分やんね。評価は勝手に他の人がしてくれる。

今回に関しては、とにかく「この人まともじゃないの?」「まともでしょ」
「まとも」「ここはあれだけどここはまとも」「叩いてる方がおかしい」とか
言ってもらえないのが痛い。叩いている人々はともかく、「どっちの主張が正
しいかわからんのでメディアリテラシーは大切だ」とかわけわからん論評のペー
ジが上の方にあったりしてなんかあれだ。

本人がどういう人か
わかんないのに、あんまり信用していない人々のウェブで(だけ)「反対に反
対しましょう」とかって主張が飛びまわっているだけではなんともかんとも。
そういう主張している人々の多くが、敵対組織がなんかしてたら会場のまわりで 反対運動とかしそうな人々のように見えるから(実際にはしてないと思うけど*1)、
「逆の立場だとあれだろう」「ああ、またその手の人ね」とかってことになっちゃいそうなのがアレだし。

このタイプの人々は本とかもあん
まり大きなところから出せないから、ウェブに乗っけとくだけでずいぶん違う
んだけどね。興味をもってもらえたら本も売れるようになるだろうし。がんば
れ。

あ、ここか。http://homepage2.nifty.com/TFtherapy/ 。がんばれ、と
言いたいところだが歴史長そうなのにどういう考えでなにやってるとこかわからん。怪しすぎ。

久しぶりに見たらAPP研 http://www.app-jp.org/ はずいぶんよくなってる。

追記

しかしgoogleでいろいろ見てみると、この平川先生叩きはかなり組織的だ
ねえ。googleで8ページ目までほとんど叩きページで、かつ、内容がほとんど同
じ、なんてのはなんかすごすぎ。バックラッシュな人たちはうまいこと叩けば
弱く見えるところを狙っているような気がする。企画局の調査そのものを叩い
たりはしないわけだ。この手の実践的な活動していればどうしても深刻なトラ
ブルが何件か起こることは避けられないだろうし。そこらへんも理屈だけ言っ
ている人々より攻撃しやすくなる。Every chain has got a weak link、ってわ
けではないと思うけど、なんか巧妙で、そういうことをおそらくかなり優秀な
1)その人はどこをどう叩けばいいかわかるほどよく知っている。強いところ
も弱いところも。ほとんど価値中立な立場から戦略練ってる人がいるんじゃな
いだろうか。
が考えているのだと思うとうんざりする。ジェンダーフリーと
かは応援する気ないけど、DV防止(ってよりDV脱出)は少しぐらいアレでも応
援したい。

*1:そういやあんまり関係ないけど、フェミ系の施設で反フェミが(いやがらせで?)会合しようとしたけど会場貸さなかった、とかって出来事があったような気がするけど、それはちょっと違うか。


References   [ + ]

1. その人はどこをどう叩けばいいかわかるほどよく知っている。強いところ
も弱いところも。ほとんど価値中立な立場から戦略練ってる人がいるんじゃな
いだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。