シューモン先生の「水頭無能児」論文

アラン・シューモン先生の「水頭無能児」の論文はPDFで手に入るということを教えてもらった。

“Consciousness in congenitally decorticate children: developmental
vegetative state as self-fulfilling prophecy”. Dev Med Child Neurol.
1999 Jun;41(6):364-74.
http://journals.cambridge.org/article_S0012162299000821

インフォーマントによれば、水頭無脳症とは

水無脳症というようです(hydranencephaly)。原因・病態の点では医学的に水頭症とも無脳症とも 異なり、大脳の部分に穴があいていて水がつまっているようです。大脳の「ほとんど」がないようですが、薄い層やわずかな皮質組織ぐらいは残っていることも あるようです。

ということらしい。とりあえず脳死状態でも無脳症でもない。

If these children had been kept in institutions or treated at home as
‘vegetables’, there can be little doubt that they would have turned
out exactly as predicted. What surely made all the difference was that
their parents ignored the prognoses and advice, and instead followed
their instinct to shower the children with loving stimulation and
affection. Such children and their families have much to teach about
not only the neurophysiology of consciousness.

心温まる。

シューモンの原論文l(“Chronic Brain Death”)も高く評価されているとのこと。
ちなみにNeurology誌のインパクトファクターは4.947、超一流の6には届か
ないがかなり信頼のおける雑誌ということだ。インパクトファクター3以下は
信頼できないとか言われてしまうらしい。へえ、理系の雑誌ってたいへんだ。
まあ日本の哲学の雑誌や出版社の信頼性とか考えはじめるとよくわからんようになってしまうから
考えないようにしよう。

いろいろ感謝感謝。

インパクトファクターって本当はなんだろう、とか。
http://en.wikipedia.org/wiki/Impact_factor

http://scientific.thomson.com/free/essays/journalcitationreports/impactfactor/
へえ、なるほど。勉強になりました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。